こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年金免除について

年金免除について
こんにちは。
私は10年以上、フリーの在宅仕事で収入を得ています。
2年前に結婚しましたが、主人の扶養家族に入らず毎年確定申告をし
財布も別々で生活費は折半でやってきました。
去年度は仕事が中々入らず収入も減り、そろそろ掛け持ちの仕事か何かを探さないとなあ
と思っていた矢先に妊娠が発覚。
その後、ますます仕事は減り二ヶ月前から無収入の状態です。
(ちなみに去年度の年収は150万くらいでした)
私の収入に見込みが無くなってからは主人の稼ぎでやりくりしていますが
家計は厳しく出産も控えている現在、なるべく出費を控えたいと思っています。

そこで質問ですが
  1.私の国民年金の免除を申請したいのですが私は対象外ですか?
  2.対象内で受理されたとして、将来受け取る年金額は免除された分、減るのでしょうか?

免除の事は聞きかじりなので質問内容も分かりづらく的を得ていないかもですが
なんとなく分かっていただける方、お答えいただければ助かります。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-04-19 15:35:39

QNo.5836932

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

A1
夫が厚生年金又は(公務員等の)共済年金に加入しているのであれば、免除申請ではなく、『今年の年収は130万円未満であろう』と言う推測から、国民年金第3号の手続きをした方がよいです。
夫も国民年金であるとか、夫を通して第3号の手続きをしたが拒否されたと言うのであれば免除申請ですが、夫及び貴女の前年(6月までの申請であれば前前年)の合計所得の関係で、難しいでしょう。
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kokumin/04.html

A2
・仮に免除が通った場合
老齢基礎年金の計算式は↓の通りです。
『792,100円×〔保険料納付月数+(保険料全額免除月数×8分の4)+(保険料4分の1納付月数×8分の5)+(保険料半額納付月数×8分の6)+(保険料4分の3納付月数×8分の7)〕/加入可能年数×12』
つまり、免除された内容に応じて、減額されます。
 ・全額免除⇒減額される金額=満額×免除月数×8分の4
 ・半額免除⇒減額される金額=満額×免除月数×8分の2
しかし、イザと言う場合の年金(障害基礎年金または遺族基礎年金)の金額は減額されません。
・3号被保険者となった場合
 貴女は保険料を納めることは無い上に、夫も特に保険料を多く納める事も無いのに、保険料は納めた事になりますので、年金額は減額されません。

投稿日時 - 2010-04-19 16:17:18

お礼

3号被保険者(扶養に入るって事ですよね?)に申請する事にします。
年金免除が通っても受給額が減額されるのですね。
意味ないなあ。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-19 17:23:53

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

免除は 全額免除 一部の納付(4/1 半額 4/3)とあります。
2年前に結婚しているならば、世帯主の前年度の所得が言って額以下の場合、
申請手続きすることにより保険料の納付の免除か、半額納付などの一部納付になる。
1月から6月までに申請される場合は、前々年所得をみるそうです。

妊娠中だとしても前の年のことなので、夫婦二人世帯の年収でどうなるかわかりません。

将来もらえる額についてはわかりません。
窓口で直接聞いたほうが確実だと思います。

投稿日時 - 2010-04-19 16:12:21

お礼

窓口で聞く前にコチラで質問内容を多少整理してからにしようと思っていました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-19 17:21:42

ANo.1

>ちなみに去年度の年収は150万くらいでした…

国民年金が免除されるのは、前年の「所得」(収入ではない) が一定限以下の場合です。
しかも、夫の所得も考慮されます。
http://www.sia.go.jp/seido/gozonji/gozonji02.htm

>その後、ますます仕事は減り二ヶ月前から無収入の状態です…

自営業は波があるもの。
少々不景気になったところで、
「はい明日から年金は納めないでいいですよ」
なんてことはありえません。

>1.私の国民年金の免除を申請したいのですが私は対象外…

です。

>2.対象内で受理されたとして、将来受け取る年金額は免除された分…

百歩譲って受理されたとしたら、減ります。

>2年前に結婚しましたが、主人の扶養家族に入らず…

夫がサラリーマン等だとして、当分の間収入増の見込みがなくなったのなら、夫の社保における扶養家族に認定してもらうことです。
夫も自営業等なら、この件は関係ありません。

>毎年確定申告をし…

税と社保は別物。
とりあえず現時点では社保の扶養のみを申請します。

税金に関しては、今年 1年が終わった (終わりそうになった) とき、今年の「所得」(収入ではない) が 38万以下あるいは 76万以下であったら、夫は「年末調整」または「確定申告」で配偶者控除等の申告をします。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2010-04-19 16:00:33

お礼

詳しく回答いただき、ありがとうございます。
扶養家族に入る事も検討していたので、そちらに申請する事にします。
勉強になりました。

投稿日時 - 2010-04-19 17:20:28

あなたにオススメの質問