こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今後日本の政治はどうなるんでしょうか。後藤田が自民党の総裁になって、民

今後日本の政治はどうなるんでしょうか。後藤田が自民党の総裁になって、民主党と連立を組む、なんてこともあり得るのでしょうか。

あらゆる可能性をオープンにして教えてください。

投稿日時 - 2010-04-29 00:46:41

QNo.5858561

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

民主党政権の支持率低迷と、反小沢・反鳩山の潮流に乗って、反民主の意志統一が出来上がっていますから、とりあえずは民主党政権打倒の「方向」で日本政治は推移していくのでしょう。
民主党政権を完全打倒するまでは(次の衆議院選挙までは)、民主党を愚弄しながら活用していくという政治手法が当分は流行るのかもしれません。

次の選挙は参議院選挙なので、ここで民主党が大敗しても民主党の政権維持にはさほど影響ないが、参院選挙で過半数を民主党単独で取って社民党・国民新党を切り捨てるという裏の計画は実現不能になりましたね。
そもそも反民主党勢力による新党乱立も、民主党の参議院単独過半数阻止が主目的なので、参院選ソノモノによって政権転覆にはなりにくいところが惜しいところ。

今の政治状況を最も活用できる方法が、「民主党の良い部分だけを取り入れ、自民党の悪い部分を切り捨てた」やり方。
これを意図してか意図せずしてか忠実に実行しているのが、みんなの党。
かくなる理由でみんなの党の支持率は異様に高進した。

たちあがれ日本は、民主党の凶暴な部分を排除・妨害し、自民党の良い部分を延ばそうとした政党。
新党改革は、民主党の妄想左翼部分と金権を排除し、自民党の悪い部分を若干取り入れた政党。
日本創新党はよく分かりませんが、民主党の非現実的性向を嫌悪し、政策に現実性をもたらす政党。

ま、言ってる本人も良く分かってないのですが。

いずれの新党も日本創新党も含めて「反民主」の点では一致し、ここに社民党の反民主も加わり、そして国民新党の反民主性向も加われば、民主党は四面楚歌ですわね。
正に反民主一色じゃぁありませんか。

個々の政策では自民・公明含めて民主党と一致するところはあるにしても、いまや政界は、「民主党の存在ソノモノが悪い」とでも言うべき雰囲気で、順当に推移しますと▼民主党撲滅▼が完了します。

民主党は事業仕分けで官僚改革・無駄の削減をやろうとしておりますが、これは民主党でなくとも誰もがやらなければならない作業ですから、民主党は政治の義務としてそれをやっているに過ぎない。
これをも怠れば民主党の支持率低迷は歯止めが利かなくなります。

現状のように、あからさまに悪いと見れる民主党への攻撃は簡単でして、それにもかかわらず踏ん張っている民主党を見て、何かがおかしい… と感ずるのが国民。
何がおかしさをかもし出しているのか?と国民が考えれば、そこに目に付くのが小沢と鳩山。かくしてこの二人への攻撃が増大する。
ま、この二人は民主党という絶対悪の象徴みたいなもんで、この二人だけが悪いのではない。
民主党ソノモノが悪になった。この国民の価値感覚はそう易々とは変わりません。
民主党から離脱者が多発するかもしれませんね。受け皿がしっかりしていれば。

とりあえずは民主党を政治の中心部として残し、それを補完する勢力は反民主を掲げながら政権内に入って政権協力するか、閣外にいて政策協力するか。
そういう民主党を愚弄しながら活用していくという政治手法が当分は流行るのかもしれません。
つまり、民主党の良い部分だけを政策反映させ、民主党の危険な部分や悪い部分は政権内外問わずみんなで邪魔をしていくという…

投稿日時 - 2010-04-29 01:41:02

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問