こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「30年で人間の一生」の意味

「30年で人間の一生」の意味
別の質問のサイトで、下記のような
質問をしました。
「1年は365日ですが、
約十年で、3650日ぐらいになりますが、
もし、仮に成功する確率が一万分の一ならば、
約30年ぐらい要ります。このレベルの問題
になれば、人間の一生でできることが
限られています。このレベルの問題処理を
どのように工夫して解決する手立てはありますか?」
すると、回答に下記のような返事が来ました。
「「30年を人間の一生」だという考え方を
変えて生きれば成功すると思います。
50歳でも60歳でも成功する人がいますから。」
この「30年を人間の一生」という意味が
分かりません。50歳、60歳で成功して死ぬ
ということですか?意味がさっぱり分かりません。
レベルの低い生徒だと思って教えて頂けますか?

投稿日時 - 2010-04-30 10:12:42

QNo.5861399

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

30年で一生の礎を作る。
と考えたらよろしいのではないでしょうか。
成功、失敗は、人それぞれですし、実際、30歳までで人生の全てを経験できる人も少ないでしょう。
研究をされている方など、それこそ70過ぎてもされてますし。
私の趣味の自転車でも、60過ぎの方が20代以上の走りをされています。

投稿日時 - 2010-04-30 12:02:36

お礼

「30年で一生の礎を作る。」
いい言葉ですね。
ご回答有難う。

投稿日時 - 2010-04-30 12:20:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

質問で言っている事は、30年というスパンでの活動は人間の一生(70年前後)で1-2回くらいしかできない、ということですよね。
"30年を人間の一生"というのは、言葉通りに捉らえるとおかしな表現ですが、質問の内容と照らし合わせて見ると、1回だけじゃなく、2回目も、ひょっとすると3回目もある、ということだと思います。

成人してから30年って言われると、俺の人生既に終わってる…
"50歳でも"なんて言うなよ…

投稿日時 - 2010-04-30 11:25:00

お礼

大変、参考になりました。どうも、有難う。

投稿日時 - 2010-04-30 12:19:20

あなたにオススメの質問