こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

敷金返還訴訟の場合、少額訴訟を勧める人が多いのはなぜなの?

敷金返還訴訟の場合、少額訴訟を勧める人が多いのはなぜなの?

大まかに言って、
支払い督促、
少額訴訟、
調停

、、、と、3つの選択肢があるはずなのですが、
どの本を読んでも、サイトを見て回っても、
敷金返還訴訟の場合は、少額訴訟を勧めるものが
大半です。

これって、何か理由はあるの?

投稿日時 - 2010-05-03 23:35:24

QNo.5869539

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

督促は、他の方もおっしゃるように、債権金額がはっきりしていないとダメ。
調停は、相手が応じて出席してこなければ、時間と費用の無駄になる。
初めから、出頭義務を発することができる少額訴訟が適しているといえる。1日で終わるし。

投稿日時 - 2010-05-04 02:36:00

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

事実関係は両者の認識が整っている様なものであり、支払金額を確定する作業から始まるからです。
支払督促は明らかに金額が決まっている案件の時のみ。
調停は事実関係の客観的整理から始めるいわば調整作業でもあり事実上裁判に近い。

投稿日時 - 2010-05-04 00:05:55

 相手を訴えるのに、時間もお金も小さくてすむからだとおもいますが..

投稿日時 - 2010-05-03 23:51:23

あなたにオススメの質問