こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

宮崎県で口蹄疫が流行していると聞いたのですが、大丈夫でしょうか?

宮崎県で口蹄疫が流行していると聞いたのですが、大丈夫でしょうか?
ネットや新聞では記事があるのですが、テレビでは報道されていないため、周知されているか心配です。
口蹄疫は感染力が強く、牛や豚に感染が見つかれば、その農場のすべての牛や豚が殺処分されてしまうと聞きました。
その感染を防ぐためには超法規的に行政が力を注ぐ必要があると思うのですが、
きちんとした対策がとられているのでしょうか?
悪くすればこの後、国産肉が食べられず、牛乳が飲めなくなってしまうのではないか、
流通含めて日本中の地場産業に悪影響を及ぼすのではないか、と心配です。

投稿日時 - 2010-05-05 13:57:07

QNo.5873124

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

50人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

他の同様の質問にも回答させていただいたのですが、現在正確な情報は「ニコニコ動画」から入手するのが
一番的確だと思います。

現在政府は何の対応も取っていません。肝心の農水大臣は何の対策も取らず、未だ外遊中ですし、首相は未
だに現地へ足を踏み入れてすらいません。

対策は自民党が取っていますが、具体的に政府を動かすことができるのは民主党を始めとする政権与党の
みです。

事体は収束を見せる様相はなく、ますます深刻な拡大を続けていることが確実視されているようです。

ニコ動は直接はれませんから、私のブログにUPしていますので、そちらから入ってみてください。
(ニコ動の登録は無料です)

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/nonkinonki_001/e/9cff79ce120a323cc70cbf27d770603f

投稿日時 - 2010-05-09 22:29:53

ANo.5

No.4です。

http://okwave.jp/qa/q5881585.html
上記URLによると、政府の初動対応の遅れで報道規制の疑い。
政府は地元の初期対応の遅れを指摘していますが、
国は消毒薬を宮崎に1袋も送っていない(対策費を仕分け?)、
民主党の韓国からの非加熱豚肉の輸入解禁が原因?

1日に東国原知事が自衛隊の災害派遣要請したのに対し、
自衛隊が派遣されたのは6日。
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/05/06c.html
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100508/lcl1005080050000-n1.htm

消毒薬が不足で輸入待ち、原因は韓国の買占め。
http://www.asahi.com/national/update/0501/SEB201005010002.html?ref=goo
http://blogs.yahoo.co.jp/quevotigets/32502493.html

山岡国対委員長は「普天間っていうのは何か、雲の上のお話
のような話で、子ども手当は自分たちの生活の話」と言ったが、
民主党政権にとっては宮崎の口蹄疫も「自分たちの生活の話」
ではなく、「雲の上のお話のような話」なのだと思います。
だから、赤松農水大臣が、口蹄疫拡大の最中、宮崎を視察もせず、
4/30~5/8に外遊に行ったのだと思います。

投稿日時 - 2010-05-09 17:03:47

ANo.4

>きちんとした対策がとられているのでしょうか?

韓国・香港で今年発生したウイルスと宮崎のウィルスは
酷似しているそうです。
フランスの口蹄疫ウイルスが200Km離れた英国の一帯
まで風に乗って感染したという報告書があります。
鳥インフルエンザは鶏舎をネットで囲んで野鳥の侵入を
防御しましたが、風に乗ったウィルスの防御は不可能です。
ウイルスの付着した飼料、器具、衣服、車両等を消毒して
接触感染は防げても、空気感染は神に祈るのみです。

投稿日時 - 2010-05-07 22:20:08

ANo.3

今晩は。

私、九州にて畜産業を営む者です。
質問者様が懸念されますように、100年に一度の日本の畜産危機に遭遇しております。
私の知人も今回の口蹄疫発生により家畜伝染病予防法に基づかれ財産、生き甲斐、叉昨日までは家族同様に愛情を注ぎ込んできた家畜達の処分を余儀無くされました。

私達同業者は大袈裟な表現ではなく、(明日はウチかもしれない)と恐怖心でいっぱいになっております。発生以来普段に増して連休中も一日中畜舎、飼料運搬車等の抗口蹄疫ウイルス用消毒液を用い消毒作業に明け暮れてます。
宮崎県、その下の鹿児島県は日本の牛豚の大半近くいる地域といっても過言ではありません。

お隣の国の韓国や台湾は壊滅的被害を受けており、我々同業者間では、このまま(地方自治主体のウイルス撲滅作業や防疫)では少なくとも九州の畜産業は撲滅するとの懸念的意見もでて参りましたね。いち早く国主導の撲滅作戦が必要です。
全国の黒毛和牛の多数有名ブランド牛もこの地域の仔牛を競り落として育てて造り上げてます。ですので本州へのウイルス伝播阻止が第一ですが、長い目でみましたときに日本全国への影響は計り知れない事になると思います。

唯一現段階で安堵しておりますのは、人体への影響は全く無しという事だけが生産者一同の救いです。

投稿日時 - 2010-05-05 22:51:05

ANo.2

それなりの対策は取られています。
せりの中止、牛・豚の移動禁止、牛舎・豚舎への一般車立ち入り禁止
(輪止めされてます)、関係車両の道路での消毒作業、
イベントの自粛(かなりのイベントが中止されました)などです。

過去には感染経路として風にのって遠距離への空気感染があったようなので
万全とはいえませんが、今出来る限りの対策は取られていると感じます。

ただ、ゴールデンウィーク中に一般車両の消毒は無かったです。
人にはうつらない病気ですが、人媒介を疑う場合は続報に注意する
必要があると思います。

輸出もできなくなるし、畜産関係には大打撃ですので、
行政も動いています。
ゴールデンウィーク後、広がりを見せるようであれば、
後手になりますが、より厳しい対策が取られると思います。

投稿日時 - 2010-05-05 15:06:18

ANo.1

勘違いをしています
口蹄疫は牛や豚に感染して症状が出ますが、人間には現在感染しません
つまり口蹄疫に感染した牛や豚の肉を食べても何の問題も、体の異常も出ません
ただ家畜法≪ちょっと正式な名前は忘れました≫、で伝染病に指定されていて、感染が確認されたら、その近くの牛や豚が処分されるだけです、ただ今回は不思議なのですが、幹線系とがハッキリしないですね、その為に殺処分されます≪可哀そうです≫

投稿日時 - 2010-05-05 14:12:42

あなたにオススメの質問