こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

初めての投資信託

初めての投資信託

 このコーナーは初めての質問になります。
 「住宅ローン」の返済を最優先でやっておりましたので、「財テク」は初挑戦になります
 2週間前に初めて、「株」を約100万円購入しました。ギリシャショックで下がったでしょうね・・。

 で、今日、初めて、「投資信託」を買いに行きました。
 「株」はある程度のリスクは覚悟のうえでの購入。しかし、投資信託は、「銀行の定期預金」みたいな感じで捉えたいので、ローリスク・ミドルリターンの商品を勧めて下さい!と店頭で担当者に意向を伝え、相談の結果、「ブラジル・ボンド・オープン」の「年2回決算型」を30万口(約50万円弱)購入しました。
 店頭に行って、たかだか1時間程度話を聞いて即決した状況です。

 証券会社の担当者からは、「ブラジル・ボンド・オープン」の「毎月決算型」を勧められましたが、「じっくり値上がりを待ちたいので、毎月の決算は不要です」と話して、「年2回決算型」としました。

 この判断は正しかったのでしょうか?

 全くの「ど素人」で、専門用語は全く分かりませんが、何かアドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-05-06 18:25:27

QNo.5875970

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

基本的なことですが、投資信託の値上がりを期待するのであれば、毎月決算型より年二回決算型の方が有効だということは他の方が指摘された通りです。

が、世の中には年一回決算型という投資信託もいっぱいありますし、決算したからといって分配しない投資信託もあります。

分配する→分配益には税金がかかる+基準価格も下がる(払った分配金の分だけ)

投資信託の値上がりを期待するのであれば、決算の回数は少ない方が良いですし、分配しない投資信託の方がもっと良いです。

また投資信託のコスト→販売手数料+信託報酬

販売手数料で3%払ったのでしたら、50万円の質問者のお金はなにもせずとも1.5万円証券会社に持って行かれてしまったわけですし、信託報酬は1.407%、利益があってもなくても毎年黙って引かれてしまうお金です。
この投資信託は年20円位分配しているみたいなので、毎年3.4%以上の利益が出ていないと基準価格は毎年どんどん下がって行く訳です。

また、販売手数料は証券会社により設定が異なるので例えばSBIなら同じ投資信託を2.1%の販売手数料で買えたわけです。

投資信託のコストからみると、ずいぶん高コストの投資信託を買われたな、という印象ですが、質問者の方の判断が正しかったかどうかは、この投資信託が最終的に値上がりしていれば質問者の判断は正しかったということになります。今はわかりません。

ちなみに、ブラジルなど新興国の投資信託は株だろうと債券だろうと基本的には「ハイリスク」です。全然ローリスクではありません。
他の方が指摘されていましたが、リスクメジャー4はハイリスク分類です。
なんでハイリスクかというと、世界的に流通量の少ない通貨は、少量の取引で簡単に値段が動いてしまうからです。暴騰、暴落の可能性が比較的高い通貨と言える、ということですね。

投稿日時 - 2010-05-08 00:03:16

お礼

 素人には、ものすごく分かりやすい回答です!
 多くの疑問が一気に解消しました。
 ありがとうございます。

> 信託報酬は1.407%、利益があってもなくても毎年黙って引かれてしまうお金
 
 そうですか! 結構な%ですね。

 それでも、投資信託に人気があるのは、それなりのメリットがあるからなんでしょうね。

 もちろん、お店でも、一番ローリスクは「国内債券です」という説明は受けました。
 ただ、借金漬け日本の債権を購入する気になれず・・。いつギリシャと同じ境遇になるかも知れないと考えると・・。

> なんでハイリスクかというと、世界的に流通量の少ない通貨は、少量の取引で簡単に値段が動いてしまうからです。暴騰、暴落の可能性が比較的高い通貨と言える

 この説明も、非常に分かりやすいですね。

P.S:
 ANo.3の方の「為替ヘッジなし」の意味がよく理解できておりませんので、もし差し支えなければ、解説して頂けますと有り難いです。

投稿日時 - 2010-05-08 16:53:51

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

 こんにちは。分かり易い回答がついていますので、補足として。
 その担当はよくないですね。投資が初心者と仰るあなたにいきなりブラジル債券の為替ヘッジなしを勧めるなんて、ロクなものではありません。販売手数料も高そうですし、それ目当てでしょう。前の回答者の方も仰ってますが、新興国はブレが大きくなります。上がるときも速いですが、下がるときは驚くべき早さで下がります。
 債券なので、債券自体の値動きより為替動向に左右されるかもしれません。

 あと、次回からは即決することは避けて、少なくても家に帰ってネットで調べた方がいいでしょう。

 最後に、この投資信託は銀行の定期などとは全く遠い存在です。分配金に誤魔化されてはいけません。ご注意の上、お取り扱いをして下さい。

投稿日時 - 2010-05-07 11:06:38

お礼

> ブラジル債券の為替ヘッジなしを勧めるなんて、ロクなものではありません。販売手数料も高そうですし、それ目当てでしょう。前の回答者の方も仰ってますが、新興国はブレが大きくなります。上がるときも速いですが、下がるときは驚くべき早さで下がります。債券なので、債券自体の値動きより為替動向に左右されるかもしれません。
> 最後に、この投資信託は銀行の定期などとは全く遠い存在です。分配金に誤魔化されてはいけません。

 素人ですので、「為替ヘッジなし」の意味がよく理解できませんが、リスクの大きい商品なんですね。
 販売手数料は、購入時が3%、売却時が10%の税金がかかると聞いていますが、それ以外に、「販売手数料」なるものもあるわけですか?
 そうすると、損益分岐点はいくらになるのかな・・。担当者に聞いてみます。

 担当者の話では、今の資金では30万口しか買えなかったのに、NY大暴落で、40万口位買えそうですが、どうしますか?と連絡がありましたが、リスクメジャー4が脳裏に焼き付いていたので「当初の予定通り30万口で」と話しておきました。

 なお、「分配金」に関しては、「半期で10円」=年20円と聞いておりますので、分配金を期待して購入したわけではありません。
 2016年のリオジャネイロオリンピックに向けて、手堅く徐々に上がってくれるだろうと・・という期待感で購入しました。

 「リオの五輪に期待!」は、読みが甘いですか?

 また、いろいろアドバイスお願いいたします。

投稿日時 - 2010-05-07 15:16:20

ANo.2

NO1です、補足します。
>担当者の説明では、レアルが円に対して相対的に高くなれば、
>ブラジルの債券は値上がりする(=基準価額があがる)という説明でした。その理解で良いですか?
確かにその通りですが、私の言っている為替変動はレアルが円に対して上昇と下落の両方を含みますし、先進国通貨に比べてその上昇や下落幅は大きくなる傾向に有ります。

>それで、ブラジル・ボンド・オープン(年2回決算型)のリスクが高いと言うことは、
>要するに、今後、ブラジルの経済成長は期待しがたいという判断になるわけですよね。
違います、リスクメジャーの解説は参考URLに入れておきました。

>もしかして、市場では、「ブラジル・ボンド・オープン(年2回決算型)の基準価額(=14.887円 2010.4.30現在)は、
>もう上がりきっており、今後の上昇はあまり期待できない」と判断しているのでしょうか?
これも違います、リスクが大きいって事は収益のブレが大きくなると言う意味ですから、収益が大きくなる事も有れば逆に大きく損失が出る事も有ります。
ですから、収益が期待できないと言う意味では有りません。
金利の決まり方としては経済成長率も上乗せされるとされていますが、その一方で今回の金融危機では新興国通貨が大暴落しました。
ですから、「リスクが大きい=収益が出ない」では有りません。

参考URL:http://www.morningstar.co.jp/fund/help/r_m.htm

投稿日時 - 2010-05-07 09:10:03

お礼

> 私の言っている為替変動はレアルが円に対して上昇と下落の両方を含みますし、先進国通貨に比べてその上昇や下落幅は大きくなる傾向に有ります。
> リスクが大きいって事は収益のブレが大きくなると言う意味ですから、収益が大きくなる事も有れば逆に大きく損失が出る事も有ります。ですから、収益が期待できないと言う意味では有りません。
金利の決まり方としては経済成長率も上乗せされるとされていますが、その一方で今回の金融危機では新興国通貨が大暴落しました。

 なるほど。国債の信頼性とか、経済成長率とか、いろんな要素が絡んでくるわけですね。
 相当、いろいろ勉強しないと理解が深まらないようですね。

 ありがとうございました。
 もう少し締め切らずに、コメントをみたいと思います。

投稿日時 - 2010-05-07 15:06:32

ANo.1

まずは、資産を増やすのならば分配が無いほど税金のロスが無くなりますので「年2回決算型」で正解ですね。
それから、1つ問題が有るのはブラジルの債券ですが、これは通貨建てがブラジルレアル建てになりますので、為替変動によって元本割れが出る可能性が有ります。
ブラジルレアルのような新興国通貨の為替変動は先進国通貨よりも大きくなる傾向に有ります。
リスクが小さい投資対象ではないと言えます。

参考URLにはモーニングスターの情報でブラジル・ボンド・オープン(年2回決算型)を検索しました。
リスクメジャーが4(平均以上)と出ています。
つまり、リスクは平均以上と考えられます。

参考URL:http://www.morningstar.co.jp/screening/SearchResult.do?keyword=&type=1&searchFundName=0431608B

投稿日時 - 2010-05-06 22:53:41

お礼

> 資産を増やすのならば分配が無いほど税金のロスが無くなりますので「年2回決算型」で正解ですね。

 やはりその考え方で良かったのですね。
 確認できて良かったです。

> 通貨建てがブラジルレアル建てになりますので、為替変動によって元本割れが出る可能性が有ります。
ブラジルレアルのような新興国通貨の為替変動は先進国通貨よりも大きくなる傾向に有ります。
リスクが小さい投資対象ではないと言えます。

 「ローリスク・ミドルリターン」を勧めてもらったつもりで居ましたが・・。
 担当者の説明では、レアルが円に対して相対的に高くなれば、ブラジルの債券は値上がりする(=基準価額があがる)という説明でした。その理解で良いですか?

> 参考URLにはモーニングスターの情報でブラジル・ボンド・オープン(年2回決算型)を検索しました。リスクメジャーが4(平均以上)と出ています。つまり、リスクは平均以上と考えられます。

 「リスクメジャー」という指標が参考になるわけですね。
 良い勉強になります。
 それで、ブラジル・ボンド・オープン(年2回決算型)のリスクが高いと言うことは、要するに、今後、ブラジルの経済成長は期待しがたいという判断になるわけですよね。
 2016年に夏季オリンピックの開催が決まっており、経済成長は期待できると思うのですが、そんな単純な判断ではダメということなんですね。

 もしかして、市場では、「ブラジル・ボンド・オープン(年2回決算型)の基準価額(=14.887円 2010.4.30現在)は、もう上がりきっており、今後の上昇はあまり期待できない」と判断しているのでしょうか?

 分からないことばかりですので、またいろいろご教授頂ければ幸いです。

 コメント有り難うございました。
 少しずつ勉強していきます。

投稿日時 - 2010-05-07 06:24:09

あなたにオススメの質問