こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ちゃんこ若の倒産(自己破産)で・・・

ちゃんこ若の倒産(自己破産)で・・・

(1)元若乃花の今後はタレント活動他の収入は負債の返還に、それとも免除ですか?

(2)ハワイに居る元妻や子供への養育費等はどうなるのですか?

(3)母親・弟の支援はないのだろうか。現役時代のようなタニマチの応援はビジネスの世界では無しなのですか?

投稿日時 - 2010-05-06 23:31:49

QNo.5876781

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

花田勝さんは、すでに2年前に株式を売却しており、経営の一線からも退いているため、今回の倒産とは直接関係ないようです。

参考URL:http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100506/biz1005061854027-n1.htm

投稿日時 - 2010-05-06 23:44:43

お礼

早速のご回答ありがとうございました。

余計な詮索、好奇心かもしれませんが・・・
最後の日本人横綱(当分、期待薄)として、どの世界でも活躍を祈念しておりましただけに、今回のニュースには心配しました。
経営者としての責任・債務は無いとすれば一安心ですが、勿論、所有株式やコンサルタント料とか肖像権&命名権とかの権利や収入の逸失は、今後明らかになるとは思いますが、創業者として看板(広告塔)としての影響はあるのかもしれませんね・・・。
何よりも、あの明るいキャラで、被害や困難にも、相撲と同様に難敵にぶつかり、へこたれず、勝利を掴むように切り開いていって欲しいものです。

誠に、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-06 23:59:37

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

質問者さんの質問を見て初めて破産したことを知りました。へー。

ま、店舗展開が見るからに無理ありましたからね。相撲部屋のちゃんこ屋ってのは、「ひょっとしたら関係者に会えるかもしれない」ってのがないといけませんからね。以前、ある相撲部屋関係のちゃんこ屋さんに行ったら、お行儀よくしていたらちゃんと親方を連れてきてくれましたよ。
あんなにあっちこっちにあっちゃあ「行ったところで本人がいるはずがない」と思いますからね。ま、本人も素人なので断れないところから頼まれて名前を貸しただけなんでしょう。

家族の支援はないでしょうねえ。弟さんが波風立ててまで理事に立候補したのは、理事としてもらえるギャラが理由だったとか。弟さんところはかなり資金繰りが大変なんだそうです。なんでも、しばらく前にタニマチを切ってサッカーを真似てサポーター制度を導入したせいで有力なタニマチがみんな離れてしまったんですって。タニマチってのはお金だけじゃなくて情報のネットワークもあるそうで、「どこどこに強い坊やがいる」なんて情報はタニマチ筋から入るそうです。だから、あそこの部屋はロクな弟子がいないしょ。まあ、親としてもあんな家族戦争をしているところに子供を預けるのは不安ですよね。
お母さんは、何年か前の週刊誌でお兄ちゃんにお金をたかったとかってネタにされてましたね。本人は花田家ネタの仕事は嫌いらしいんですが、そのネタの仕事しか来ないそうでして。
若・貴時代の力士は波乱の人が多いですね。兄弟しかり、曙さんはあんなだし、貴闘力は親方になって弟子が露鵬兄弟だし。

投稿日時 - 2010-05-07 00:55:32

お礼

花田家の状況について詳しく教えて頂きましてありがとうございます。

残念ですが、前親方の晩年以降「離婚問題・兄弟確執・浮気不倫・遺骨や喪主を巡るバトルetc」と、質的には違いますが、亀田一家とトラブルメーカー・週刊誌のネタ提供では双璧ですね。

余計なお世話だとは思いますが、相撲界で錚々たる横綱・大関を張って来た名門一族(叔父・親・兄弟)であり、ガチンコ相撲&猛烈稽古で個性的な力士を輩出していたのに・・・
それにしても、土俵外でも活躍が、不名誉な事ばかりが目立っていたのが、<チャンコ若>の成功と理事に就任の貴乃花親方の今後の相撲界改革での活躍は,ご夫婦のユーモアなCMと合わせ、久し振りに気持ちを明るくしてくれる話題であり、期待を持って活躍の行方を見ていたのに、重ねて残念であります。

時津風部屋のリンチ殺人・大麻汚染・八百長疑惑・九州場所での不入り・日本人力士の慢性的不振で悩ましい問題続出。
それが3月場所の相撲では(朝青龍問題の後遺症)心配されていた割りに→把瑠都の大活躍もあり土俵上の熱戦・白熱の優勝争いにより満員御礼も目立つ入りで、ホッとしていたので・・・
今後の展開にて、元横綱や相撲力士のゴタゴタが相撲界にとって弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、とならぬ様に、ドロドロとした問題・イメージダウン材料が出て来ない事を祈る気持ちで見守っております。

分かり易く、初耳の元藤島部屋関連のエピソードの紹介も頂きまして、誠にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-07 08:11:43

あなたにオススメの質問