こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Googleの翻訳で「竜の咆吼」をフランス語に翻訳したら「Demonb

Googleの翻訳で「竜の咆吼」をフランス語に翻訳したら「Demonbane Dragon」になりました。これ、本当にあってるんでしょうか。
フランス語に堪能な方、お手数かと思いますが、お知恵を拝借させてください。

投稿日時 - 2010-05-07 19:41:43

QNo.5878529

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「咆吼」つまり「吼えること、吼える声」は

le aboiement (犬の)
le aboi (同上。古語)
le hurlement (狼などの遠吠え)
le rugissement (猛獣の)

などがありますが、竜だったら le rugissement du dragon が近いかなともいます。竜は実在しない生き物であり東洋と西洋で竜の姿も違うからです(du = de le。de は「~の」という意味。*dragon rugissement のような英語式の名詞の並列は通常フランス語ではできません)。

ところで demonbane は英語で「竜の破滅・竜の毒」というような意味でですが、竜が滅ぼすのか竜を滅ぼすのか分かりません(第一、辞書に載っていません。ratsbane と言えば「猫いらず、殺鼠剤」という意味です)。

「咆吼」と入れると Demonbane と出てきますがこれはどうやら「機神咆吼デモンベイン」というアニメのせいで、Google 翻訳に影響が出たものと思われます。言語をフランス語にして demonbane で検索するとこれに関するベージがいくつも出ます。
http://www.google.co.jp/search?as_q=Demonbane&hl=ja&client=firefox-a&hs=Xka&rls=org.mozilla%3Aja-JP-mac%3Aofficial&num=10&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&as_epq=&as_oq=&as_eq=&lr=lang_fr&cr=&as_ft=i&as_filetype=&as_qdr=all&as_occt=any&as_dt=i&as_sitesearch=&as_rights=&safe=off

ちなみに「吼える・ほえる」を翻訳すると ecorce(樹皮とか地殻という意味)が出てきて、信頼性を疑います。

投稿日時 - 2010-05-08 12:20:48

お礼

もう一つの方も含め、大体理解できました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-22 11:10:38

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

28人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

訂正

demonbane は「悪魔の破滅・悪魔の毒」でした。基本的な間違いをしてしまい申し訳ありません。

それにしても「Google日本語入力」で変換候補にやたらアニメ用語が出てきたりと、その手の情報が漢字変換や翻訳に影響を出すほどいかに多いか、ということですね。

投稿日時 - 2010-05-08 12:27:49

ANo.1

「ドラゴンの咆哮」と言う表現の直接的なフランス語訳はないと思います。
ただし、「咆哮」に近い言葉としてはfeulment(虎など)grondement(動物 または雷)があります。
どちらも「唸り声とか叫び」ですが、適しているのはどちらかは前後のコンテキストによると思います。

投稿日時 - 2010-05-08 09:45:34

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-22 11:11:09

あなたにオススメの質問