こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

殺人と傷害致死の線引き…

殺人と傷害致死の線引き…

2つのケースの事件が最近ありました。
(1)アパートに侵入した男2人組が、逃走を阻止しようとした男性を車のボンネットに乗せたまま150m走り、振り落として結果男性が亡くなった事件

(2)21歳の母親が、1歳5カ月の自分の子供を床に叩きつけて死亡させてしまった事件


(1)は殺人として扱われ、(2)は傷害致死として扱われているようです。
事件の詳細は別として、過去の事例を見ても、こういう傾向にあるように感じます。
個人的にはちょっと腑に落ちません。
もちろん、どちらの事件も程度があるでしょう。

(1)なら、どの程度のスピードで振り落としたのか?どういう道路状況で振り落としたのか?
(極端な話、10~20kmのスピードで土の上や縁石なども車の通りもほとんど無い片側2車線道路を蛇行した場合と、50km以上のスピードで交通量の多いバイパスを蛇行するケースがあります)

(2)なら、どの場所からどの程度の勢いで叩きつけたのか?子供の月齢はいくつか?
(極端な話、自分の身長の高さから1歳児を畳(もしくはフローリング)に勢いをつけず落としたのか、階段などで高さのあるところから生後2か月児を勢いをつけて落としたケース)

もちろん、上記の例でも司法解剖によって明らかになってくることも多々あろうかと思います。
でも、事件当初の取り扱いが明確に線引きがなされているように感じてしまいます。
車を使えば殺人(未遂)。子供を虐待すれば傷害(致死)…。

別にどちらの事件も加害者を擁護しようとはこれっぽっちも思いませんが、車から振り落とした事件については、彼らの供述が本当だとしたら、ちょっと殺人として扱うにはどうなのかな?って。
ふざけ半分でしてしまった事を大ごとにされて(部屋を間違えて強盗扱い)、止めに入った男性をボンネットに乗せて落とした…。
たしかに起こした結果は重大です。
知人女性宅に忍び込もうという目的が定かではないにしろ、知人女性も以前からそういう遊び(ふざけ)をしていた可能性も否定できないわけで…。
まぁ「だったら部屋を間違えるな!」ってとこですが、その辺のことは裁判を通じてでしか明らかにはなってこないとは思います。。。




長くなりましたが、
どうしてこういう線引きが当初からなされるのか?
当初の容疑(罪名)が変わる場合はあるのでしょうか?
例:殺人→傷害致死など
また、実際に過去に似たケースの事件で変わったことはあったのでしょうか?


個人的には、大阪で起きた監禁致死・死体遺棄事件が挙げられます。
(これは監禁致死ですし、あくまで極端な例ではありますが…)
両親がパチンコをするために男児を大型スクーターの中に監禁して死亡させ、山中に遺棄した事件です。
父親は日ごろから暴行を加えていて、未必の殺意があったとして殺人が適用されましたが…。
虐待事件に関しては、この未必の殺意がもっと幅広く適用されても不思議ではないんですけどね。。。

子供を持つ親としては胸が張り裂けそうな事件が毎日続きます…



よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-05-17 11:19:25

QNo.5901012

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 (2)は静岡の事件を仰っているのなら、13日に叩きつけて16日に死んでいますから、傷害致死としたものと考えられます。また、自分から119番通報していますから、殺意は認められません。殺意があって叩きつけたというのなら、3日も生存するようなことはないでしょうし、どちらにしろ傷害致死容疑で警察が逮捕したと言うだけですから、今後検察が殺人で起訴する可能性が残っています。
 
 (1)も同じで殺人で初動捜査を開始していますから、警察は殺人で出頭してきた若者二人を逮捕したまでの話しで検察がそのまま殺人で起訴するか、危険運転致死罪で起訴するかはまだ決まっていないと思われます。(その後の報道がありませんのでわかりませんが)しかし、犯人の一人が「振り落としたら死ぬかもしれないと思った」と供述していますから、まず殺人で起訴されるでしょう。
 

投稿日時 - 2010-05-26 14:55:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

>結果としてはそうだと思うんですが、じゃぁその差が何なのかが私にはわかりません。
1が、「それほどのスピード」で振り落としたのであれば仕方がありません。一部の情報では「急発進させた」という記述もあったし。
ただ、2も、ある程度の予見(死んでしまうかもしれないという)ができると思うんですが…。
それは未必の故意には当たらないんですかね?



私、その事件記事を読んでないので何ともお答えのしようがありません。

殺人罪と傷害致死の一般論について回答したまでです

記事を紹介して下さればありがたいです

投稿日時 - 2010-05-19 10:46:21

ANo.4

車は刃物などと同じく凶器してみなししているのでは?
凶器を行使した時点で意図的に怪我をさせようと狙うのでもない限り殺意を否定するのは難しいのかと。
また、過去の経緯から日本は尊属への犯罪に厳しく、卑属への犯罪に寛容な傾向があります。この辺が今も続いているの「かも」しれません。

投稿日時 - 2010-05-18 08:37:06

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-05-19 09:23:03

ANo.3

>でも、事件当初の取り扱いが明確に線引きがなされているように感じてしまいます。
>車を使えば殺人(未遂)。子供を虐待すれば傷害(致死)…。

なんら問題はない。
第一に大事なのは犯人の確保。逮捕するには容疑が必要。詳しい話は逮捕後の取調べや調査で明らかにすればよい。最初に何容疑にするかの判断となるのは、類似ケースでの一般的な確率。
車を使って振り落として逃走したなら、死んでも構わないと考えている場合が多いので殺人容疑。
高層ビルの屋上から突き落としたなら、殺してもいいと考えている場合が多いので殺人容疑。(でも、実は相手を振り払おうとしただけで、相手が躓いて落ちたのかもしれない。)


>当初の容疑(罪名)が変わる場合はあるのでしょうか?

当然。取調べの結果をもって検察はどのように罪状で起訴するかを検討する。容疑が変わるどころか釈放されることもある。

投稿日時 - 2010-05-17 21:26:55

お礼

回答ありがとうございます。

>第一に大事なのは犯人の確保。逮捕するには容疑が必要。詳しい話は逮捕後の取調べや調査で明らかにすればよい

すみませんが、ちょっと質に対する回答の方向性が若干違います。
でも、おっしゃることはまさにその通りですよね。
ただ、取り調べの段階で傷害致死から殺人罪に切り替わる可能性はありそうですね。
そこは検察の判断ですね。

投稿日時 - 2010-05-19 09:22:23

ANo.2

一応、法律上は「殺意があったかどうか」ですが、
実際の線引きとしては「高確率で死亡することを予見できたかどうか」です。

極端な話、殺意だけが基準だとナイフで千回ほど刺して殺しても「死ぬとは思わなかった」という言い訳も出来てしまいますよね。
しかしナイフで千回刺すという行為は誰が見ても死ぬだろうと予想できることなのでその言い訳は認められません。



で、明確な線引きは無いですが、この2つの事件についてはハッキリと違いがあります。

(2)は本当に殺そうと思ったのなら叩きつけるなどという中途半端な行為ではなく、首を絞めたり浴槽に沈めるなど確実な方法をいつでもとれたはずですよね。
それをせず、しかも救急車を呼んで病院に入院させてその後死亡したんですから、どう考えても殺意があったとは認められません。
殺すつもりなら治療などするわけがありませんから。


で、(1)に関しては前述の通り確実に殺人罪になるわけではないですが、
走行中の車から振り落とせば死亡または大怪我をする可能性が極めて高いことは予見出来たはずですよね。
さらに、それを人気の少ない場所に放置すれば死亡することは当然予見出来たはずです。

もし犯人が振り落とした後に救急車を呼んでおけば殺人罪は適用出来なかったでしょう。

投稿日時 - 2010-05-17 14:16:05

お礼

回答ありがとうございます。

>それをせず、しかも救急車を呼んで病院に入院させてその後死亡したんですから、どう考えても殺意があったとは認められません。
>殺すつもりなら治療などするわけがありませんから。

>もし犯人が振り落とした後に救急車を呼んでおけば殺人罪は適用出来なかったでしょう。

マジッすか??
でも、その理論では心臓を1回だけ刺した(具体的には『深い』と判断されないほど)後に救急車を呼んだら殺人罪は適応されないということになってしまいますが…。
これって加害者の逃げ得になりませんか?

投稿日時 - 2010-05-19 09:19:15

1 未必の故意が認定されて199条が適用になったのでしょう。

2犯行当時、殺意がなかったから傷害致死になったのでしょう

殺意がある、或いは死ぬだろうことが予見される(未必の故意)、これが199条が適用されるか否かの基準となります

傷害致死罪で起訴したら、その罪名によって審理が進みます

傷害致死で起訴して、裁判官が殺人罪の罪名を適用することはありません

>また、実際に過去に似たケースの事件で変わったことはあったのでしょうか?

過去のケースは知りませんが、公判を進行していくにつれ、被告人が「実は殺意があって殺しました」と素直に自白すれば、検察側は傷害致死から殺人罪に罪状の変更をするかも知れません

投稿日時 - 2010-05-17 12:01:26

お礼

回答ありがとうございます。

>1 未必の故意が認定されて199条が適用になったのでしょう。
>2犯行当時、殺意がなかったから傷害致死になったのでしょう

結果としてはそうだと思うんですが、じゃぁその差が何なのかが私にはわかりません。
1が、「それほどのスピード」で振り落としたのであれば仕方がありません。一部の情報では「急発進させた」という記述もあったし。
ただ、2も、ある程度の予見(死んでしまうかもしれないという)ができると思うんですが…。
それは未必の故意には当たらないんですかね?

投稿日時 - 2010-05-19 09:12:09

あなたにオススメの質問