こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

投資信託の投資配分(アロケーション)についてのご相談です。

投資信託の投資配分(アロケーション)についてのご相談です。

現在41歳で妻は36歳です。
老後資金用の投資について相談させて下さい。

今から投資期間20年で、下記のように投資信託を、毎月の定額積み立てにて購入開始を検討しています。



投資信託 購入額6万円/月
・インデックス型投資信託(海外株式 先進国)40% 24000円
・インデックス型投資信託(海外株式 新興国)10% 6000円
・インデックス型投資信託(海外債権)30% 18000円
・インデックス型投資信託(国内株式)20% 12000円

(海外と国内比率 8:2)
(株式と債券比率 7:3)



<質問内容>

Q1)上記のアロケーションについての感想をご教示下さい。

Q2)総払込金額が20年で1,440万円ですが、20年でうまくいけば2,400万円と予想しました。
このへんのシュミレーションができるツールやサイトなどをご存じなら教えてください。
また、2400万円という数字はだいたいあっていそうかもご意見お願いします。

Q3)個人的には20年後に日本株が大きく上昇しているイメージがありません。
本当は、日本株は15%程度にして、その分を新興国か先進国の株に割り当てても良いかとも考えましたが、ご意見お願いします。



<投資の前提>

・毎月6万円の定期積立購入
・途中分配せずに複利で運用
・運用期間は20年(2030年まで)
・目的は老後資金



<国内債券を購入しない理由>

・国民年金で相当数の国内債券(おもに国債)を既に自動的に買わされているため、
これ以上の国内債券は不要と考えました。



アロケーションにめちゃくちゃ悩みます。

どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2010-05-22 00:05:19

QNo.5912158

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

新興国株式のデータが無いので、先進国株式、国内株、外国債券の期待リターンについてで有れば個人ブログである「ファンドの海」にアセットアロケーション分析ツールが有るので、これを使ってみましょう(参考URL)。
ただし、新興国株式のデータが無いのでこれをどうするかも考えてみましょう。
なお、これはGPIFのデータを使用しています。

Q1:これについては万人に共通する正解は有りません。
これは自分のリスク許容度、運用年数などを自分で考えてポートフォリオを組みます。
ですから、私が「これで正解です」「これではダメです」とは言えません。
この答えは質問者様だけが知っている正解だとお考えください。

Q2:ここでは参考URLの分析ツールを使いますが、新興国株式の期待リターンが分からないので、新興国を外して計算します。
そうすると期待リターンは年4.46%、リスクは13.22%と計算されました。
20年後は約2295万円なので新興国株式の期待リターンがもう少し高めになる事を考えれば2400万円でもほぼ正解のようです。

Q3:当然ながら、より高いリターンが欲しければ新興国を増やすのは有りです。
現在の日本株は長期下落トレンドを脱していないようです。
ですから、この先の日本株の上昇が見込めないと判断するのならば、日本株の比率を下げて新興国株式を増やしてもよいでしょう。
ただし、これは将来の事なので正確な予想はできません。

国民年金(厚生年金)の運用実態を見ると相当高い比率で国内債券に投資されています(詳しくはGPIFのHPで)。
ですから、「国内債券不要」の選択は当然有りです。

勿論、ここに書かれている回答及び期待リターンは100%とは言えませんので(間違えを含んでいる可能性が有る)、最終的な判断は自己責任でお願いします。

参考URL:http://guide.fund-no-umi.com/tools/aa.html

投稿日時 - 2010-05-23 14:24:06

お礼

ご回答ありがとうございました!

たいへん分かり易かったです。

参考URL:http://guide.fund-no-umi.com/tools/aa.html

上記は、ちょうど欲しかった資料だったので助かりました。


ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-05-23 20:18:40

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

28人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

すぐに回答ほしいというのに誰も回答しないので、書いてみます。
感想で良いならということで、「リスクとりすぎ」かも?20歳台の方なら、やり直しができるので、このようなアロケーションでも良いかもしれません。

以下はあくまで、個人の考えです。
リーマンショック後は従来の国際分散投資が通用しなくなっています。ギリシャの財政危機で世界中の株が下落して、何とかNYが反発するような有様です。つまり、上がるときはみんな上がるけど、下がり始めたら一気に下がってしまう。それも、株・債券同時です。日本株は上がらないというけれど、昨年の上昇36%で立派なものです。
質問のような分散しても、安定的な収益を得ることはたぶん難しいと思います。初心者が積み立て購入して儲かるような投資環境は、もはや期待できないでしょう。
債券は国がリスクを取って、それがそのままになってしまう可能性(財政破綻で債務不履行)すらあります。日本の国債を買わないのは賢明だと思います。もはや株がリスク資産で債券が安全資産ではないだろうと思います。

提案としては、月額を減らして規模を縮小し、つまらなくても銀行預金かタンス預金、たまに金(ゴールド)でも買っておくことでしょう。投資信託というものは、歌い文句ほど儲かるものではありません。儲かったらラッキーくらいに考えると良いでしょう。

老後を心配しすぎではないでしょうか?
1440万円持っていたら、それはそれで大したものだと思います。

投稿日時 - 2010-05-22 20:10:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
リスク、とりすぎですかねー。

現在が銀行預金が多いので、もう少しまともな利率がとれる投資にシフトしたいのですが、
なかなか最終的に決めづらいですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-05-23 00:02:07

あなたにオススメの質問