こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

国家公務員I種と学部について

国家公務員I種と学部について

私の友人は
現在東京大学経済学部4年なのですが
国家公務員採用I種試験を受験し
キャリアになりたいそうです。

そこでいくつか心配事があるそうなので
この場をお借りしていくつか質問させていただきます。


1)
仮に国家公務員試験に合格しても
その後入庁できる官庁は経済に縁のある
財務省などに限定されてしまうのでしょうか?

2)
また経済学部出身が入庁しやすい官庁は
財務省以外にはどこがあるのでしょうか?

3)
東大生であれば経済学部出身でも
努力次第で事務次官などの官職に
就くことは可能なのでしょうか?

4)
またそのような前例はあるのでしょうか?

5)
仮に天下りする場合
どのようなところに天下りする可能性が高いのでしょうか?
職種や業種で教えていただけると幸いです。


質問が多くてすみません。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-05-23 22:31:33

QNo.5916906

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

答えることのできることを回答します。
まず、(1)ですが、それは違うと思います。あと、財務省は基本的に国家予算を作成する省です(まぁ、主計局ってとこですが)。つまり、税金に関する省です。(だから財務省で1種採用されるのはエリート中のエリートです。)
なので、財務省は経済に縁のあると言われても、経済に縁はないわけはないですがピンとこないです。
むしろ、”経済産業省”とかいわれればなんとなく・・・とは思うのですが(経産省についてはよく知らないんで・・・)。
(3)は、いわゆる”官僚”になれるかってことですよね。採用になれば、官僚になることはできると思いますが、次官のような高級官僚になるのは、努力や運次第だと思います。
(5)ですが、天下りは、それまで仕事をしてきた知識や経験を使うことのできる業種に再就職することが多いです。たぶん、ほとんどそうだと思いますが。ですので、就職もしていないうちから気にする必要のないことだとは思います。どうしても知りたいのであれば、雑誌の”天下り法人リスト!!”とか見出しのついたところを探せばよいと思います。いつだったか覚えていませんが、文芸春秋に載ってました。

投稿日時 - 2010-05-23 23:11:06

あなたにオススメの質問