こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

試用期間中に適応障害。今後の事について・・・

試用期間中に適応障害。今後の事について・・・


前職を会社都合で退職し、今月から新しい職場に入りましたが
パワハラがきつく、心療内科に行ったところ
情けないことに適応障害と診断されてしまいました。

現在26才、新卒で入った前職を会社都合で退職しているため現在2社目になります。
ここで辞めると後がなくなりますし、今のところ死ぬほど辛いというわけでもないので
薬を飲みながら仕事を続けていくつもりですが、内定をいただいた時と話しが違い
仕事もなく遵法精神にかけるのでいずれ転職しようかと考えています。

しかし、以前お世話になった某転職エージェントに相談してみると
「自分が人事なら入って一月で会社辞めたいって人を雇いますか?」
と、門前払いされてしまいました。確かにそのとおりだとは思います。

とりあえず比較的敷居が低いと聞いたハロワ辺りを中心に転職活動する予定ですが
それまで自分が持ちこたえられるかも不安です。


転職するにあたって今回のケースでオススメのサイトや施設
適応障害についてやなんでも構いません。

今後の事についてアドバイスを下さい、お願いします。



会社はワンマン社長が取り仕切っており、相談相手もおらず
友人達には適応障害のことを打ち明けるのに抵抗があり
こちらにも相談できずにいて苦しいです。

投稿日時 - 2010-05-26 07:46:21

QNo.5922463

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

回答番号:No.2さんに納得です。

さて、自分自身どのようにして、その商業ベースの価値意識を消化するか。
誰もがK間K世さんみたいにならないことは、わかっているけど・・・・
でもなれたら幸せかもというのはとても危険な気がします。
K山R香さんのように理解したほうが、心安らかになる気がします。
扇動したことをできないからといってますます落ち込み自分を卑下しても何の解決にもならないのです。
自分のポジションの分析に対して体力を使うことは大変疲れますね。高度文明社会を築いた日本にすむことの困難さを思うと大変な世の中になってしまいました。
発展途上国や昭和の懐かしみが話題となる所以ではないかと思っております。

投稿日時 - 2010-05-27 14:19:34

ANo.4

まだ1カ月でパワハラがきつく・・・・
普通だったらしっかりやれよといいたいところですが
ただ心療内科で病名までついていればそうもいえず。

今、めざしている業界があっていないんじゃないでしょうか。
他にもしはいったとしてもストレスに極端に弱い方なのかもしれません。
ゆるいところからはじめられるといいですね。

投稿日時 - 2010-05-26 22:53:55

ANo.3

合わない人は合わないですよね。

だけれども人間関係というより精神世界心理の矛盾は
心の置き所をなくしてしまいますよね。
コメントの方も指摘したとおり、従業員はやはり
水槽でえさを入れてもらっている感はありますが
従業員はそれで言いといえばそれでいいと思うのです。
えさの種類を水の質を文句言わないのであれば
そして共食いしないのであれば。
美しい水槽の中で生きればいいのですよ。
ただし自分ににごった水だと感じるとき
成長できそうもないえさをもらえないなど
本人が実感してしまったら…やはり自分で
場所を探すのが言いかと思います。
共食いをするような場所は自分を殺す場所だと
思ってきちんと決着をつけましょう。

そして独立を考えているのであれば
独立心は企業で世話になっているときに
十分身につけられます。何がどう矛盾なのか?
それを自分の中の起業心理として
人生を歩むのがいいと思います。

またもう一つ。
企業を起こした方であれば
軽い精神病等やショック状態は必ず通り抜けて
おられます。
生きるということはそういうことですし
それを非難する側が従業員
どう扱うのかを考えるのが企業家だと
心得ておくとよいと思います。
非難は企業を守ることでもありますが
成長を破壊する獅子身中の虫でもあります。
そんなことに怖がってはいけませんよ。

投稿日時 - 2010-05-26 15:20:16

こんにちは。 私も会社の倒産を機に独立して人を雇用したことがあります。
結果的には惨憺たるものだった、としか言えませんが、サラリーマン時代は自分でも頭でっかちでした。

上司は馬鹿だとか会社なんてああだのこうだのと批判的な目でしか見ることがなかった。
自分ならこう考える、自分ならこうするのに、と恥ずかしい限りですが自画自賛の日々。
裏づけの無い薄っぺらな理想論で頭が一杯でした。

信じれば必ず出来る、そんなコトバを単純に真に受けて、おバカだったなあとようやく
苦笑できるようになりました。

結局、どんなに頭でわかっている気になっても50才60才になろうとも会社組織という
「安定保障」の中にいる限りは決して判らないことがありました。 極めて本質的なことです。

もらう給料には少ないと文句を言う。仕事に対してはこんな仕事させやがってと不満を漏らす。
自分を正しく評価していないとか、理不尽だとか、どうしてもそう考えてしまうのが人間ですが、
自分が社長として雇用し仕事を与え、給料を支払う立場になると全くものの見え方が変わります。

それはどんなに言葉で話しても自分で経験してみなければ中々理解できないシビアなものです。
様々な自己否定感、無力感、自分の愚かさなどを嫌というほど思い知らされました。

他人が冷たく悪い奴らに思える時、自分を酷い目に合わせるブラック会社だと思い込む時。
ほぼ間違いなく自分を省みたり足りなかった部分を正視して補おうと考えたりはせず、
被害者意識の虜になり、その反動でヒロイズムや社会の悪口を言い合う仲間を探したり
しがちですが、殆どの場合誰をも幸せにしません。

自縄自縛になると麻薬の禁断症状と同じで回りは全て敵に見えますし、楽しそうに笑い合って
いる人々も腹が立つし、笑いながら自分と目が合っただけでも自分を馬鹿にしていると
感じるようになってしまう。 勿論、相手から見たら視界に入ったというだけで無関心なのにね。

こうして、どんどん中毒症状が進む、つまり自分を見失っていく、正常な論理的思考が出来なくなる。
それが自覚できたら、感情的な「気持ち」ではなく、屁理屈でもかまわないので「どうも自分は
客観的な思考が出来ない状態になっているらしい」と分析することも大切です。
自分を卑下したり、鼓舞したりするのではなくて、見知らぬ第三者が聞いても正しいと思う
客観的な事実だけを積み上げていって今の自分と置かれた状態を考える。

客観的な事実を集めるのには、必須のポイントがあります。

自分についての考察をする場合、必ず同様の他人の事例や正反対の人物についての考察と
セットで考えていく、と言う点です。 自分の思い込みや考えがそれらの他人の情報を
照らし合わせたときにしばしば矛盾していることに気が付くことが客観的な思考として
大切なことだからです。

例えば、無能呼ばわりされているどこかの社員。 冷たいと思っている人間の生い立ちや
考え方。 ある事件に対しての他の同僚の意見。 様々な角度で他人の見方や考え方、
それらの理由や裏づけとなっていることを蒐集していくと、あるときにおぼろげながら
判ってくることがあります。

どうやら、自分が信じている大半の考え方や見方、感じ方は確固としたものではないらしい、
ということです。自分の人格を構成している大半の要素は、かなり、あやふやだ・・・

言ってみると思考の幽体離脱のようなものですが、自分という入れ物の中にあやふやなものを
ぼんやりと詰め込んで生きてきて、それが根本的な矛盾を孕んでいるから自分を追い詰め
苦しめる。 その矛盾とは自分が正しいと思うこと、理想と思うことのいずれにも、実は
そうありたいと願うだけで、そうあらんと自分を律して生きてはこなかった、という事実です。

楽をしたい、僥倖に浴したい、ぼたもちを拾いたい。 誰かに見出されてスペシャルな人間という
ラベルを貼ってもらいたい・・・いずれもタダの夢想であり妄念でしかありませんが、
これらの大半はテレビや雑誌の扇動で植え込まれたもっともらしい耳障りのよい言葉ばかり。

でも、それは沢山の人間を煽って購買行動を操作したいという他人の思惑が形を変えたものに
過ぎません。 つまり、我々自身の考え方でも見方でもないのです。 その考えにのっとられると
単純な話、購買行動から脱落した人間、というレッテルを自分で自分に貼ることになってしまう。
それがコマーシャリゼーション、商業主義というものですから。

自分という入れ物から、まず埋め込まれた商業主義の思考を出し切ることが必要です。
心の中から力が湧き出してくる生き方をするために必要なのは、自分の見方、考え、宇宙観なのですから。

それを造るために偽物の思考を捨てることが最優先事項なのです。

投稿日時 - 2010-05-26 10:54:18

ANo.1

47歳既婚男性、管理職です。
重度の鬱病で休職経験があり、現在も治療中です。

新たな就職先、試用期間中での、適応障害…相当なショックだと思います。
適応障害も初めての経験でしょうから、なおさらですよね。

>情けないことに適応障害と診断されてしまいました

情けなくないですよ。

原因は、質問者様自身にあるのではなく、職場環境の劣悪さにあるのです。

流行の表現でいうなら、質問者様の会社は「ブラック会社」です。

このままでは、質問者様自身、心身共に、疲弊し、やがて、重度の鬱病に陥る可能性が非常に高いです。

そのようになる前に、今の会社に見切りをつけるのがベストだと思います。

適応障害を治すには、

(1)その原因となっている環境から、離れること
(2)専門医による投薬、カウンセリング
(3)心身の十分な静養

の3点です。

今の会社を辞めることは、(1)に相当します。(1)がなければ、(2)、(3)も効果がありません。
治療は特に施設に入院するとか、は必要なく、ご自宅、一人暮らしならご実家で、静養しつつ、通院すれば十分と思います(これは、専門医の指示に従ってください)

適応障害という病が原因で、会社を辞するのですから、某転職エージェントさんのアドバイスは、的を得たものとは思えません。

ここは、すっぱりと今の会社を辞め、専門医の治療を受けながら、可能なら半年ぐらいは静養し、心身共に元気なってから、新たな職探しをするのが良策かと思います。

心に病を抱えたまま、就職活動をしても、良い結果は得られません。

まだ、26歳。人生は長い。半年や1年ぐらい、いくらでも取り返しがききますよ。

投稿日時 - 2010-05-26 09:49:18

あなたにオススメの質問