こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

未払い賃金を必ず支払うという約束の書面について。

未払い賃金を必ず支払うという約束の書面について。
お聞きしたいのは、法的に効力のある書類の書き方です。
今月で今勤めているエステサロンが閉店になります。
来月から営業譲渡に成功した他の店舗での勤務が約束されていたのですが、
今週に入ってからその店舗の営業譲渡も難しくなってきたのか
その店舗への出勤が可能かどうか社長からの返答待ちになっています。
所属している会社として、来月いっぱいで今勤めている会社がなくなるらしく
この間社長から店舗へ電話が入り、「会社がなくなるから、解雇予告をださないといけないから
そういう書類が届くからね」と言われました。
私達の店舗のスタッフは、来月からどこへ出勤していいやら・・・
25日に支払われるはずだった4月分の給与も未払いのままです。
31日には確認できるように必ず振り込むからと社長は言っていましたが。
来月の給与も支払われるか不安です。
ちなみに、1月以降辞めていった社員の給与も未だ未払いのままのようです。
訴訟などもおこしているようですが・・・どうなることやら。

明日か明後日に、社長がサロンへきて話し合いをしてくれるようですが
その際に「未払い給与を必ず支払うという事」
「会社を辞めた後も、未払い賃金があった場合必ず支払うという事」を
書面にしてサインをしてもらいたいと思っています。
この場合、法的に効力のある書き方としてどういう書き方をしたらいいのか、また
内容をこちらで作成し社長にサイン・拇印を押してもらうほうがいいのか、
内容見本を用意しておいて、社長に直筆で内容から書いてもらったほうがいいのか
詳しい方にお答え頂きたく質問させて頂きました。

ちなみにスタッフは全部で4人になります。

また、これから先辞めた後も必要になるであろう書類やデータなど
(在籍中に調べておくべきもの(勤怠状況のデータ等))はございますでしょうか?

もし他にこういう内容も書面に追加したほうがいいよ、書面とかっていうよりこうしたほうがいいよ、
という意見がありましたらお聞かせ下さい。

長々と分かりづらい質問をしてしまって申し訳ございませんが、どなたかご助力をお願い致します。

投稿日時 - 2010-05-27 12:35:14

QNo.5925409

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

社長が支払いを確約してくれるのであって、社長の資産があるのなら、会社の未払い賃金を払ってもらいそれを社長に個人で貸した形はどうなのでしょうか?
市町村区などで無料法律相談があるのでは、この場合相談後に引き受ける直受けを禁止しているところがあるとのこと、弁護士会の相談は1時間1万500円のようです。
社長の住所がわかる、住民票か印鑑証明をもらっておいた方が、動く場合に相手の住所がはっきりするのでよいのでは。
一度無料相談されては、

投稿日時 - 2010-05-28 11:16:14

お礼

回答ありがとうございます。

そうですね、一度無料相談で行ってみようとは思っています。
ただ明日も仕事で、動けるのが日曜のみになってしまいますので
市区町村などの無料相談は土日休みなので、先に動けることがあればと
思って質問させていただきました。

もし他にもなにかご意見があった場合、回答お待ちしております。

投稿日時 - 2010-05-28 13:58:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

会社が倒産したら、どんな書面を作成していてもムダ。社長個人は給料未払の保証をする必要はないので責任を問えない。
しかし、会社倒産なら未払給料の80%を「国の未払賃金立替制度」を利用すれば、支払われる。この場合、店舗閉鎖ではなく会社倒産が前提条件なので....。会社は滅多なことでは倒産しない。

投稿日時 - 2010-05-28 10:02:16

補足

回答ありがとうございます。
社長たちは「倒産ではない」と散々言っているのですが、
じゃあいったいなんなんだ、という感じです。
明日の話し合いでそこもしっかり聞こうと思っています。

倒産すれば未払い賃金立替を利用できますよね。
倒産じゃないとすれば、有効な手段はないものでしょうか・・

投稿日時 - 2010-05-28 10:39:27

ANo.2

会社が倒産したら払いようがない。
また会社で給与を支払っているので、
会社が倒産したら、会社に資産がない限りは、給与は払えない。
ただ、倒産したら、従業員の給与は、一番最初に確保されるので、
会社の口座等にお金が残っていたりすれば、払える可能性はある。
でも、会社がエステだと、売掛もないので、期待はできないですね。

投稿日時 - 2010-05-27 13:28:17

補足

早速の回答をありがとうございます。

それが怖いので、後々社長個人にでも請求できるのかなとか色々考えて
効力を発揮できるように書面を作成したいと考えたのですが・・・

やはり株式会社相手だと、社長個人に未払い賃金を請求することはできないのでしょうか?

投稿日時 - 2010-05-27 14:06:43

ANo.1

よくわかりませんがエステの倒産ですよね?
個人経営では個人が破産するまで請求できますよね
株式などで資産など全部整理されて無くなってしまうと請求しても取れないのでは
社長に未払い賃金を貸した形で書類を作成か未払い会社で請求が良いのか不明です
未払い賃金の資料になる労働時間などの会社の資料と自分がつけている出勤や労働時間
地区により最低賃金が決まっていますから、未払いの数分の1になった場合に主張できるのでは?

倒産理由によるのでは、営業外の負債なら再建のみこみあるでしょうが
経営自体が悪ければ無理なのでは、
別会社になれば、すべて変わるので新しい会社は新しいかいしゃのことだけでしょうね。

未払い覚悟で、施術の技術職であれば新規に職を探した方がよいかもしれませんね。

投稿日時 - 2010-05-27 13:24:09

補足

早速の回答ありがとうございます。

株式会社なので、会社がなくなってしまってからの請求は難しいのでしょうか?
だから書面として形にしておきたいな、と思ったのですが…

ちなみに本体としての会社は残り、美容業務を担当していた会社がなくなるみたいです。
社長はどちらの会社の社長でもあります。
それでも書面を作成するのは無意味なんでしょうか・・

投稿日時 - 2010-05-27 14:03:38

あなたにオススメの質問