こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自転車と車の交通事故について質問です。

自転車と車の交通事故について質問です。
2008-11に走行中の自転車と事故にあいました。
状況は、私(車)が右折(右斜め進入)して店舗に入ろうとしたところ歩道を走っていた自転車と接触しました。
私は、斜め侵入していたので、自転車は右後ろのタイヤ上あたりに接触して転倒されました。
その後、私の車で病院に連れて行きレントゲンとか検査してもらい「特に骨には異常ありません」の診断でした。自転車の方も高齢(70歳?)でしたので、ご自宅まで送りました。その後家族の方から連絡があり、警察へ届け事故の現場検証も済ませました。しかし、翌日になり、別の病院でレントゲンを撮ったら「骨にひびがあり、入院します」と言われました。何度かお見舞いに行き、退院ごご自宅を訪ね謝罪し終わりました。保険については、私が仕事中(会社の車)任意保険に加入していませんでした。自賠責で処理しようとしたら家族の方から「うちの車の保険で処理可能だからそちらを使います」と言われました。
入院は4ヶ月程だったと思います。その後2010-6に任意保険会社から私の携帯に電話があり「保険金額が540万円でオーバー分90万円支払って頂きます」突然で意味がわからなく「骨にひびが入り入院4ヶ月で540万?」と聞いたところ「脊髄がつぶれていて後遺症が19等級?になっています」最後にご自宅に謝罪に行って(2009-3ごろ?)その後何も連絡なしでいきなりでした。
かかった費用はそれとして、過失割合はどうなんでしょうか?自転車が右側通行していた場合自転車にも過失はあるのではないでしょうか?長文になり最後まで読んで頂き有難うございます。

投稿日時 - 2010-06-03 08:05:04

QNo.5941294

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>任意保険会社から私の携帯に電話があり「保険金額が540万円でオーバー分90万円支払って頂きます

これはありえません
相手の保険会社なんでしょうか?
偽者のような気がします っていうのも保険会社にはあなたに払えという権利はありません
保険会社とは契約者のお財布代わりでしかありません 単なる民間の一企業にすぎません

まずあなたがやることは
相手の主張とその根拠たる資料を書面でもらうことです
内容がどうも胡散臭いので書類が出てくるまでは一切応対しないと伝えましょう
書面が出てきたら その内容崩しにかかります

というストーリーになるのですが
あなたにそれをやる自身がなければ裁判所を活用しましょう
比較的ハードルの低い 調停を利用するのも手ですね

現在の争点は 過失割合ではなく 被害者側が主張する内容に納得できない。
疑問点が多くある でしたよね

Ps 任意保険には加入しましょう!

投稿日時 - 2010-06-03 12:32:23

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

26人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(17)

ANo.17

過失割合は、自動車の買取り査定と同じようなもので、現物を見ずにあれこれ価格を出しても、現物の状態で価格が左右します。過失割合も、事故事実調査確認をせずに、素人があれこれ言う解答は当てになりません。過失割合調査を依頼するか、行政書士・弁護士に相談すべきです。

投稿日時 - 2010-06-06 02:43:26

ANo.16

質問の内容から推測すると相手保険会社の請求は正当なものだと思われます。
過失割合や求償権については、他の回答者が仰られてるので省きますが、
一番の問題は、あなたの会社が業務で使用する社有車に、
任意保険をかけていないということでしょう。

経費削減等の理由で意図的に任意保険をかけてなかったとするなら、
あなたの会社の方が悪質です。

相手の過失を問題にするより、
まず、あなたの会社と賠償金の支払いについて相談してください。

投稿日時 - 2010-06-05 00:05:50

お礼

有難うございます。
ご指摘通りです。もし、この事故が死亡事故だったらと考えると・・・
会社として社会的道義的責任も含め話し合います。

投稿日時 - 2010-06-07 13:19:26

ANo.15

なんかおかしな回答が多々ありますので、もう一度。
始めから怪しい話でも、筋違いの話でも何でもありません。
まず加害者である質問者さんが被害者の容態や今後の治療について
様子見の電話もせず、お見舞いに足げく通うわけでもなく
ほったらかしにして完全に加害者の責任を放棄していたから、
寝耳に水の話になっただけです。補償を一切せずに
せめてお見舞いだけでも通っていれば、症状・入院日数など
分かったはずです。何もしてくれない加害者に被害者から
連絡などする必要はありません。自分の保険会社に人身傷害で
任せれば済む話です。自分の保険会社から補償をもらい、
その加害者への求償権を保険会社に移転すれば、
被害者から見れば事足ります。
また、自賠責の後遺障害は4000万円まで限度額があり補償額540万円ですと、
まったく届かないので、傷害の120万円がオーバーしたことは明白です。
傷害については老人健保を使っていたのか不明ですが、
使っいなければ、使ってもらうように加害者が依頼して、
もし使ってもらっていれば、大幅に治療費の圧縮はできたはずです。
いずれにしても加害者としての責務を放棄していた質問者さんと勤めている
会社の責任は免れない話で、直接被害者から嫌味・クレームを
思いっきり言われないだけましだと思いますよ。

投稿日時 - 2010-06-04 19:16:58

お礼

被害者の方には何度もお見舞いに伺っています。
最後に退院後ご自宅に伺い被害者の家族の方ともお話をして「大丈夫ですから」(はっきり記憶には無いですが)雰囲気良くその場を後にしました。
どちらにせよ加害者の立場、被害者の立場になってもっと考えます。

投稿日時 - 2010-06-07 13:26:31

ANo.14

ふたたび10です。
はじめから、かなり怪しい話と思いながら読んでましたもので。
なんか、こうじゃないかというのが見えてきました。
後遺症は11級で、自賠責331万円。
ほかに傷害部分120万円。合計451万円が自賠責から支払われた。
90万円オーバーなら541万円。
出された金額になります。
超えたのは自賠責で、保険会社は人傷の保険金額のオーバー分じゃなく、自賠責のオーバーを人傷で立て替え払いし、加害者に請求した。かな。
裁判での判決待たず求償できるから、してきた。
じゃないかなと思います。それで合ってるか確認してみて、そうなら合点がいきす。

投稿日時 - 2010-06-04 07:58:10

お礼

完全に理解していませんが、保険会社から先般電話頂いた時の様子が
支払う意思確認みたいな感じでした。
その後詳しい資料を送付しますだったのですが一向に届きません。
一応私の保険会社の無料相談(弁護士)に予約しています。
有難うございます。

投稿日時 - 2010-06-07 13:32:47

ANo.13

なんかちょっとズレてますね。
人身傷害で相手保険会社が対応しているだけで、本来はご質問者がすべて対応しなければいけない部分ですから、相手保険会社が支払いしたうちで、自賠責をオーバーした分を求償してきているわけです。
人身傷害の限度額は関係ありませんね。

金額については?な部分が多いので確認は必要ですが、任意保険が求償してくるのは民法に基づく不法行為の損害賠償請求権を代位取得しているので、正当な行為です。

投稿日時 - 2010-06-04 07:15:13

ANo.12

↓ さんへ
いえいえそれはおかしな話です
現段階で勝手にそれを支払い、その不足分を払えとは
当事者が何も理解していないでそのような行為が行われることは
筋違いもいいところです
互いに同じ土俵に上がったうえでそれらの話があり
の流れであれば当事者も納得するでしょう

そもそも現時点では支払いの義務は確定していません
なのに 当たり前のように払えとは・・

保険会社は事務屋であて法律家ではありません
あほうなアジャスターなどごろごろ居ます

保険会社の主張=正解ではありません

投稿日時 - 2010-06-04 06:20:37

お礼

加害者の立場でこのような事を言うのもなんですが、
退院後ご自宅に伺い謝罪し加害者の方も大丈夫と言われ・・・
2009-4ごろです。その後何も連絡無しで突然連絡があり
外傷名?も変わっていますし、全く理解が出来ませんでした。

投稿日時 - 2010-06-07 13:38:27

ANo.11

NO10さんの書き込みには大いなる錯誤 誤りがあります。

任意保険に係る保険補償があった場合、契約者の無過失部分を求償するのは普通 当たり前のことです。
何故なら、加害者が本来賠償すべきものを立て替えて払ってるだけのことで、立て替えた分を加害者に請求するのは法的に筋にかなったものです。

投稿日時 - 2010-06-03 22:46:08

ANo.10

みなさんの見解で合ってます。
事故形態は基本9:1のところ、高齢者で相手に-10修正。
よって、100:0。
相手の人身傷害保険から、運転されていた車の自賠責保険はすでに使われてしまっているはずですので、自賠責に請求はもうできません。
人傷保険で対応しようとも、加害者に自賠責がついていたら、保険会社はそちらのほうから先に使いますので。
治療費だけで540万円ではなく、慰謝料やらその方が主婦なら主婦休損やら、最近では働く老人も多いので、ふつうに働いていたら休業損害やら、慰謝料やら、入院諸雑費やらさまざま、もろもろの総額でしょう。
ただ、よく確認してから対応するようにしてください。
なんだか怪しいですので。
後遺症は14級までなので、19級と言ってるあたりもそうですし、保険会社が、保険金額を超えて支払いをしている点なども。
保険金額を超えても保険会社が支払いをし、あとで超えた分を加害者に求償するっていう場合もありますが、普通は契約している保険金額が限度額になっているはず。
保険会社としては、それ以上支払う義務はなく、「保険会社の責任範囲は、契約している○○円まで。あとは直接加害者に請求してね。さようなら。」でよかったのに、支払っている。
そして、たったの540万円で人傷がオーバーしている。
ということは、契約している人傷は、450万円??
どこの保険会社か知りませんが、こんな低い金額で契約できるもんなんでしょうか?人傷って。
最低でも1000万円ぐらいからだと思うのですが。
その中には自賠責は含まれません。
なんか、ほとほと怪しいです。
よく確認してから対応してください。
そして、会社にも民法715条の使用者責任を負いますので、会社とあなたで連帯して賠償です。

投稿日時 - 2010-06-03 19:25:16

ANo.9

過失割合が気になるようですので大雑把な見解を。
基本過失割合90(車):10(自転車)ここに修正要素として
相手高齢者(概ね65歳以上)のため自転車から-10%。
よって100(車):0(自転車)。
歩道上の右側通行は過失となりません。
過失だけで争っても10%程度だと思います。

ちなみに脊髄が潰れたのではなく、背骨の圧迫骨折ではないでしょうか。
そうなると、潰れたままで元には戻りません。
何処まで潰れるか潰れが止まるまで安静にしている必要があります。
老人の場合、尻餅を付いただけでも圧迫骨折をする場合があります。
本人の骨密度なども関係していることもあります。
医療関係に強い弁護士を入れて争うことも可能でしょうが、
90万円ですと弁護士費用を考えれば微妙ですね。

投稿日時 - 2010-06-03 18:08:20

ANo.8

賠償は全て会社にしてもらいましょー^^。

投稿日時 - 2010-06-03 12:34:12

ANo.6

被害者家族加入自動車保険の人身傷害で補償されたのでしょうね。

後遺障害何等級かわかりませんが、自賠責賠償補償は定額補償 通常傷害120万限度+後遺障害等級?を保険屋が求償 これを超える補償を人身傷害で行い その差額を求償してきたのでしょうね。

書き込みのみでは自転車の過失があるかどうかわかりません。相手保険屋と交渉することですね。業務中の事故なら、勤務先にも使用者責任があり連帯して賠償義務があります。
今どき、業務に使用する車に、任意保険も加入しないで運転させる経営者にも、かなり問題がありそうですね。
あなた一人の責任ではなく、事業主にも連帯して賠償義務があると思いますよ。

投稿日時 - 2010-06-03 09:59:58

ANo.5

補足と訂正です。

>家族の方から「うちの車の保険で処理可能だからそちらを使います。

相手の家族の方からですね。
それなら、NO2さんの云われる通り被害者側の人身傷害適用ですので、
他車運転は関係ないですね。
貴方の家族の方(ほう)からと勘違いしましたので、お詫び方々訂正します。

投稿日時 - 2010-06-03 09:14:09

ANo.4

過失割合については、別冊判例タイムズNo.16より、【245】図を採用し、車90:10自転車が基本で、70歳で高齢ですので、10%過失修正して、自転車側過失なしとなります。

後遺障害の等級に19等級はないから、聞き間違いでしょう。
金額からすると9等級(自賠責基準で616万)あたりだと思います。

いずれにしても、ご質問者が支払いできなければ、使用者責任で会社に請求するでしょうね。
会社と相談して弁護士対応することです。

投稿日時 - 2010-06-03 09:03:30

ANo.3

>自転車が右側通行していた場合・・

自転車は歩道を走っていたのですから、右側とか左側
とか関係ないと思いますが・・・

なお、自転車通行禁止の歩道でも70歳以上の高齢者には
歩道走行が認められています。

>後遺症が19等級?になっています・・

後遺障害の等級は14等級までですので勘違いされています。
いずれにしても、任意保険での処理なら自己負担はないはずです。

>私が仕事中(会社の車)任意保険に加入していませんでした。
自賠責で処理しようとしたら家族の方から「うちの車の保険で
処理可能だからそちらを使います・・・・

他車運転特約の使用の意味でしょうか?
会社の車で其の会社の業務中の事故なら、他車運転特約は
使えません。
事故報告時には業務中の事故とは云っていなかった?
その後、業務中である事が判明して自己負担を云われた?

いずれにしても、詳細不明ですので、任意保険の保険会社に説明をして
もらうべきです。

なお、任意保険会社とは通販でしょうか?

投稿日時 - 2010-06-03 08:57:42

補足

ご回答有難うございます。
会社の車を勤務時間中に運転していました。
会社として任意保険に加入無く(事故当時伝えています)自賠責のみで
という意味です。
自転車側の方の家族の保険と言われていました。

投稿日時 - 2010-06-03 09:15:42

ANo.2

1.過失について
道交法第63条の4に自転車の歩道通行が認められるケースについての規定があり、(1)自転車通行可の道路標識等がある場合、(2)運転者が児童・幼児、70歳以上、所定の身体障害者(道交法施行令第26条で規定)、(3)自転車が車道を通行するのが危険な場合、となっています。
また、車両が道路から右折で道路外へ出る場合については、道交法第25条に「あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、徐行しなければならない」、同25条の2に「歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設若しくは場所に出入するための左折若しくは右折をし、横断し、転回し、又は後退してはならない」となっています。
車両が25条に違反せず、25条2の違反のみであった場合、車両9:自転車1が一般的ですが、質問者様は右斜め横断ですから、25条2の違反が加重されるうえ、自転車から車両の右折が予見しにくいため、ほぼ100%に近い過失かと推測します。

2.賠償金について
相手の人傷保険会社は、質問者様の自賠責保険へ請求後、自賠責保険からの支払い分でも不足した額を質問者様に請求してきています。後遺障害があれば、症状固定まである程度の日数を要しますから、質問者様への賠償請求が遅くなったのでしょう。しかし、時効にはかかっていませんから、支払い義務は生じます。

自賠責保険からは、傷害部分(けがの治療費・休業損害・慰謝料)と後遺障害部分(慰謝料・逸失利益)があり、傷害部分は支払い限度額が120万円、後遺障害部分は等級に応じ75万円(14級)~4,000万円(1級)です。人傷保険会社からの請求の明細を確認されることをお勧めします。
また、就業中であれば、勤務先にも使用者責任が問われますので、勤務先の上司の方に相談しましょう。

投稿日時 - 2010-06-03 08:57:27

ANo.1

そう言う悪質(な可能性)の事は、こんな所で真偽の判らない回答を待つよりも、即保険会社と弁護士に相談!

投稿日時 - 2010-06-03 08:25:10

あなたにオススメの質問