こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仕入先が出荷基準で請求書を出していて、納入が決算期をまたぐ場合の仕訳

仕入先が出荷基準で請求書を出していて、納入が決算期をまたぐ場合の仕訳
何度もすいません。またしても、わからないことが出てきております。
いくつかの仕入先から請求書が送られてくるのですが、例えば、ある仕入先の請求書に3/31(弊社決算日)で、ある材料の請求が載っている場合、実際はそこから運送会社を経由して4月になって物が入ってきている場合があります。売上としてはどうやら出荷基準が認められているようですので、請求書に載ってくること自体はおかしくないことかもしれませんが、受け取る仕入側としては、これはどのように仕訳すればいいのでしょうか?
1.請求書のその項目が3/31付けできてても何もせずに4月に入ってからその部分の仕訳をすればいいのか

2.3月の請求できているのだから、何らかの仕訳をしておく(その場合の仕訳は?)。

3.そのまま普通に、仕入れ側も3月で、材料費/未払金で仕訳(確定)してもいい

のどれでしょうか?
今までこういったケースがそんなに無いこともあって、深く考えておりませんでしたが、そうなった場合、ついそのまま処理してしまいそうで、不安になりました。
何卒アドバイスお願いいたします。

投稿日時 - 2010-06-05 17:19:42

QNo.5946698

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

仕入れは実際に品物が到着した時点(検収する場合には検収が完了した時点)で計上します。到着していないものは仕入れにならないので計上すべきではありません。仕入先がいつ売上計上するかは売上先の計上基準の問題であって御社の経理とは関係なく、仕入先の売上計上と御社の仕入計上が一致する必然性はありません。

なお、仕入れの計上は棚卸との関連もあり、実際にいつ到着したかの受け入れ管理が必須です。請求書を見ていつ計上するかなどと考えているようでは遅いです。
経理のやり方には幅があるので、質問の1,3のやり方はそれぞれ可能でしょうが、それぞれ注意点があります。
1.実際の納品に合わせて到着日で計上する。支払いについては仕入先と締め切りをどうするか等について調整する必要あり。
3.(これが普通とは思いませんが)請求書に合わせ、仕入計上をする。なお請求書の発行日付ではなく納品日付によることに注意(請求日は会計上何の意味もない)。ただし倉庫に現物がないので実地棚卸計上漏れにならないよう、未着品として資産管理することが必要。

投稿日時 - 2010-06-05 17:41:49

お礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ございません。
確かに弊社はこのあたりがずさんなように思います。今後は注意していこうと思います。

投稿日時 - 2010-06-21 11:42:10

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問