こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

肉牛の血統にメスは関係ないのでしょうか?

肉牛の血統にメスは関係ないのでしょうか?
口蹄疫のニュースで種牛のことがよく取り上げられますが、
メスはまったく話題になりません

競馬のサラブレッドや犬などの血統書ではオス方とメス方が並んでいます
牛の場合は、メスはどうでも良いのでしょうか?
限られた種牛の子どうしになれは近親配合のマイナスはないのでしょうか
教えてくださいませ

投稿日時 - 2010-06-08 11:07:14

QNo.5953309

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

推測で回答させていただきます。

「血統書」と「種○」の差だと思います。
というのは、血統書とはその個体の両親についてですが、種○というのはその何代も後まで脈々と続くものです。

染色体の話になりますが、オスはXY、メスはXXです。
血統書の場合、その両親から生まれた子はその両親の染色体XY&XXから2つを遺伝します。ですから、メスの染色体も遺伝する可能性があり、メスも重要と言う事なります。
ところが、種○の場合、その子だけでなく孫曾孫玄孫・・・と続いていきます。そうなると、オスとメスの染色体の中で、その染色体が遺伝されていると保証できるのはオスが持っているYのみと言う事になります。
つまり、種○の場合、オスでないとその血統を保証できなくなってしまうのです。

ですから、その血統のオスからメスしか生まれなかったとするとその血統は途絶えたとみなされることになります。

この問題は皇族にも言える事で、今上天皇のお子様は愛子内親王だけです。愛子内親王が天皇を継ぐことは万世一系の概念から問題ありませんが、愛子内親王が一般の男性と結婚してお生まれになった子が天皇を継ぐことは問題があるのです。
ですから、この問題を称するときは「女"性"天皇問題」ではなく「女"系"天皇問題」といいます。

投稿日時 - 2010-06-08 11:19:23

お礼

有り難うございました
たいへん勉強になりました
別立で
「種牛は 自分の娘に交配させるのでしょうか?」
の質問も出しました

投稿日時 - 2010-06-10 18:42:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

50人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

関係は一応あります。

サラブレッドや犬との違いは、その目的が「優秀な1頭」なのか「優秀な多数」なのかということです。
牛の精子の凍結保存技術は、ほぼ完成の域にあり、
半世紀を隔てても優秀な雄牛の子を産ませることが可能です。
しかし一方で、牛の卵子を大量に半永久的に保存することは不可能に近いのです。
以上の理由から、優秀な仔牛を多数生産するための優先度としては「雄>>雌」なのです。

近親交配のデメリットももちろんあります。
妊娠確率の低下、出産後の再妊娠可能既刊までのインターバル増加などを聞いたことがあります。
一応、現代の育種学では近親交配率をできるだけ下げるように考えて交配しているようです。

投稿日時 - 2010-06-10 17:38:50

お礼

有り難うございました
たいへん勉強になりました
別立で
「種牛は 自分の娘に交配させるのでしょうか?」
の質問も出しました

投稿日時 - 2010-06-10 18:43:15

ANo.5

サラブレットと同じでしょう。メスの血統をはるかに凌駕して子どもの資質に表れるほどの遺伝子を持つオスが、血統での勝者になるんです。
オスはその世代でたった1頭いれば、その世代のすべてのメスと交配できますから、人工授精を使えば。メスは1代で数頭、場合によっては三冠馬一頭しか産めなかったなんてのもいましたし。

投稿日時 - 2010-06-09 23:58:47

お礼

有り難うございました
たいへん勉強になりました
別立で
「種牛は 自分の娘に交配させるのでしょうか?」
の質問も出しました

投稿日時 - 2010-06-10 18:44:02

ANo.4

メスも重要ですが、生涯に10頭も産めません。
オスは10000にも達するのではないでしょうか。

投稿日時 - 2010-06-09 00:07:04

お礼

有り難うございました
たいへん勉強になりました
別立で
「種牛は 自分の娘に交配させるのでしょうか?」
の質問も出しました

投稿日時 - 2010-06-10 18:44:42

ANo.3

血統を、優れた(人間にとって都合の良い)遺伝子とすれば、
無論、オスもメスも関係あります。

ただ、その遺伝子で作れる牛の数は、露骨にいえば妊娠できる回数で決まります。
いくら血統的に優れた雌牛がいても、その血統を残せる数は限られます。
どんなにがんばっても、一生に妊娠できる頭数が限られますから。

しかし、オスは健康な限り種付けが可能です。
優れた血統の牛を『製造する』材料としては、オスの方が合目的なのです。

そして、近親交配に関しても、
一代限りで食肉として出荷される『製品』としての牛と、
数代に渡って種牛として飼育される『材料』としての牛とは、
配慮の度合いが異なるに違いありません。

投稿日時 - 2010-06-08 17:08:24

お礼

有り難うございました
たいへん勉強になりました
別立で
「種牛は 自分の娘に交配させるのでしょうか?」
の質問も出しました

投稿日時 - 2010-06-10 18:47:15

ANo.2

こんにちは。

通常、肥育農家はメス牛を飼っています。
ですから一頭の種牛で、多くの肥育農家に影響が出ます。
この事から種牛問題が大きく取り上げれています。
また、スーパー種牛が出れば一気に“ブランド牛”って事も可能です。

メス牛の血統は確かにあります。ですが先に書いた様に
メス牛の血統は“肥育農家の独自の血統”とも言えます。
サシの入れ方(育て方)もあるのでしょうが、特定の肥育農家が
高値で落札されているのは事実です。

近親配合は答えが出ないでしょうね。
サシが多く入った牛肉は“肉”としては良いでしょうが
“牛”と考えたらどうなんだろう・・?
って事なので、ブランド牛自体が優性遺伝なのか劣性遺伝なのかが
分からないです。肥育農家や業者には間違い無く優性遺伝だと思いますが。

投稿日時 - 2010-06-08 11:40:36

お礼

失礼しました
お礼が先でした
前にお礼を入れると閉め切られたことがあって

とても勉強になりました

投稿日時 - 2010-06-10 12:38:19

あなたにオススメの質問