こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

漢字圏の人名の日本での呼び名

中国・台湾・朝鮮・日本と言えば、元々は中国から伝来した漢字を使っている(または使っていた)人々です。
しかし、日本のメディアでの読み方で中国・台湾の人と朝鮮の読み方が違います。例えば、
韓国の金大中さんは、「キムデジュン」
中国の胡錦涛さんは、「コキントウ」とあり、
朝鮮人の人々は現地の読みで、中国・台湾の人々は日本の読みとなっています。素朴な疑問なのですが、なぜ区別しているのですか?
教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-07-10 00:57:31

QNo.597296

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

http://homepage2.nifty.com/osiete/s989.htm
深く考察しているHPがありましたので紹介いたします。

ちなみに、中国で韓国人の名前は韓国語読みしていませんでした。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s989.htm

投稿日時 - 2003-07-10 03:20:45

お礼

URL拝見しました。
私の質問の内容とそれに付随する事項についてかなり詳しく書いてありました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-10 12:35:22

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

ちょっとご質問の趣旨から離れてしまうかもしれませんが、思い出したことがあります。

10年ほど前、いまはもう取り壊されてしまったソウルの「朝鮮総督府」の建物にあった、韓国の国立博物館へ行ったときのことです。当たり前ですが、展示物の説明が、すべてハングルか英語です。ハングルがわからないので、英語で読んでいたんですが、人名、地名、王朝名などがさっぱりわからないんです。
日本で習う歴史では、日本語読みで習いますよね。現地語読みがわからないので、非常にもどかしい思いをしました。
古代の展示室には、中国に関係ある展示も多数あったのですが、こちらも中国語の読みがわからないためさっぱりでした。

こんな経験があるので、原則、人名、地名は全部現地語読みに統一すればいいのにな、と思うこともあります。

投稿日時 - 2003-07-10 11:43:28

お礼

そうなんです。私もこの質問のきっかけは、英語のニュースを見たときに思ったのです。日本と同じニュースを流していても、人名が違うため、よくわからなかったのです。
私も現地読みに統一したほうが良いと思います。

投稿日時 - 2003-07-10 12:44:03

ANo.5

相互主義であることが理由の一つ。
そして,韓国の場合は一つの名前は一つの発音ですネ。
けれども,中国の場合,地域によって同じ漢字を全く別の発音とすることも普通ですので,単純ではないというのも理由でしょう。
同じ文字でも北京語と広東語,上海語,福建語…では,似ても似つかない,全く異なる発音をしますからネ。
韓国系中国人の場合も,その所属している地域の発音で呼ばれていますし。
以上kawakawaでした

投稿日時 - 2003-07-10 06:21:12

お礼

ありがとうございました。
確かに中国人の方々は地方によって、同じ漢字の苗字でも発音がちがう人がたくさんいますよね。
日本人(私は日本人ですが)には覚えるのが難しいですよね。

投稿日時 - 2003-07-10 12:39:46

ANo.3

小学校の歴史の時間に勉強したりするのに現地読みだとわかりにくいから日本語読みにしたとか。そういえば、小学校や中学校で習った漢字名の人に朝鮮人はあまりいなかったような気が。ほとんどが中国人だったんじゃないかな?なんて考えたりします。

また、朝鮮の人は日本の植民地になっていたころ、日本名をつけられた忌まわしく屈辱的な行為を全くかかわっていない若い世代にまで引き継いでしまっている為、日本語読みで読まれることに屈辱を感じ、様々なところで揚げ足取り的な活動を起こしてしまうから、暗黙の了解で朝鮮人の名前は朝鮮語で読もうということになっているのではないかと思います。

私の職場では中国、韓国から来ている人がいますが、全員現地の読み方をしています。各個人を尊重しなんたらかんたらと理由はありますが、本当は以前に質問と同じような理由で問題が起こったからです。

ある、韓国人に「あなたの名前って日本語読みすると○○
っていみになるよね」(ちなみに○○はネガティブなイメージは無く、どちらかというと清楚なイメージが先行します)と言ったところ、その人は烈火の如く怒りだし、社長に人種差別であるとか、閉鎖的な日本社会の汚点だとか抗議し、地元の朝鮮人会(っていうものがあるらしい)に申しでて、会の方(いわゆる組の血気盛んな若い衆)を会社によこし、営業妨害の限りを尽くした事件がありました。その人個人の問題であればいいのですが、その年に入社した同僚の韓国人全員がその活動に参加し、結局はみんな止めてしまいました。(99年事件と社内では呼ばれているが。。。いないよね、当時同僚だったPくん!)

以来、会社では外国人の方の名前は現地語読みです。朝鮮人の方はなぜか全体的に日本を嫌っている割には日本に数多く住んでいますので、同じような理由から下手に問題になる前に問題となる目はつぶしておこうということで現地語読みしているのではないでしょうか。

などと、いろいろ書きましたが、韓国の方から現地語読みで読んでくださいという運動か、要望があったはずです。それが一番の理由かもしれません。

すみません、ちょっと、過去にいろいろあったので感傷的になってしまったかもしれません。

投稿日時 - 2003-07-10 01:44:26

お礼

そんな事があるんですね。
私も知らないうちにやってしまいそうです。
参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-10 12:33:32

ANo.2

かつては、韓国・朝鮮人も日本語読みでしたよね。
金大中は、あの事件の時は「キンダイチュウ」でした。今でも事件としては、「キンダイチュウ事件」なんて言いますね。
金日成は「キンニッセイ」
金正日は「キンショウニチ」
でした。

これは、韓国政府から、10年ほど前だったと思いますが、韓国読みで読んで欲しい旨の要望が入り、以来報道機関は韓国語読みで統一されています。

北朝鮮関係も、これに倣ってそうしているのではないでしょうか(この部分は推測)

ところが、中国人・台湾人に関しては、先方の政府よりそのようなはっきりとした要望がないため、そのままになっているようです。

投稿日時 - 2003-07-10 01:28:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
そういえばそうでした。
「あの」事件は「キンダイチュウ」でした。
どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2003-07-10 12:31:36

ANo.1

相互主義なのだと聞いたことがあります。

韓国では、日本の小泉純一郎さんを、「コイズミジュンイチロウ」と日本の読みで読んでくれるので、韓国の人名も韓国読みする。

中国では、日本の小泉純一郎さんは、「シャオチュアンチュンイーラン」と中国式の読みで読まれるので、中国の人名も日本読みする。

ということだそうです。

投稿日時 - 2003-07-10 01:17:33

お礼

早速のご回答ありがとうございました。
相互主義とは知りませんでした。

投稿日時 - 2003-07-10 12:29:37

あなたにオススメの質問