こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

10年間は使用しない300万円の運用方法について、相談に乗ってください

10年間は使用しない300万円の運用方法について、相談に乗ってください。
円高の状況を考えて、100万円ずつ、米ドル建てのMMF、ユーロ建てMMF、新興国のETFを考えていますがどなたかご意見を聞かせてください。

投稿日時 - 2010-06-18 18:46:25

QNo.5977948

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

外貨建てMMFについての基本は円高時に投資して円安時に必ず利益を確定する事です。
為替については誤解しやすいので「これから10年外国為替はこう動く(国際通貨研究所編、竹中 正治編)」を読んでみては?
この本は為替について誤解しやすい点をデータを使って解説しています。
なお、あくまでも『外貨建てMMFの期待リターンはどの通貨建てでも長期的には日本円の短期金利並み』だと考えてください(金利が高い分は長期的に為替レートが下落して金利差を打ち消す傾向にあるから)。
だから、円高時に投資して円安時に引き出す方がリターンが高まる可能性が有るのです。

新興国株式ETFだと、東証上場1681MSCI-EMERGINGインデックス(新興国株式インデックス)が有ります。
ただし、この手の株式はリスクが高く、数分の一になってしまう事も数倍になる事も有ります。
リスクが高い分は期待リターンが高くなる事に期待できますが、万が一の事も考えておきましょう。
仮に、現時点で投資して10年に満たないうちに2倍にもなったら欲をかかず、売却して定期預金にでもしておくのも手です。
現在の日本はデフレで定期預金でも実質購買力は高められますから、リスクにさらす期間はできるだけ短い方が良いでしょう。
定期預金だって現在では1年定期年0.65%の所も有りますし、ネット定期でも1年定期年0.5%の所も有り、しかもお手軽です。

投資ですから完璧な回答は出せませんので、ここに書かれている事については最終的な判断は自己責任でお願いします。

投稿日時 - 2010-06-19 11:34:50

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問