こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

雇用保険の受給資格について教えて下さい!

雇用保険の受給資格について教えて下さい!

以下の状況ですすが、雇用保険受給資格について教えてください!

H21.9.30  A社を、9/30付け会社都合にて退職(54歳)
H21.10.5  初めてハローワークで、失業保険の手続きを実施。
       雇用保険受給資格者証:受給満了日:H22.10.30、所定給付日数330日
H21.10.15 B社に、正社員での継続採用を条件に、まずは年内(10.15~12.31迄)契約社員として入社し、H22.1.1~正社員として就業
       
( H21.10.5手続きの失業保険手当ての受領状況は、待機1週間とし、H21.10.14までの3日分(10.12、10.13、10.14)を受領、その後、就業促進手当の手続を行い受領。 )

H22.6.30  その後、B社を8.5ケ月勤め、業績悪化の為、6/30付け会社都合にて退職(55歳)
       H21.10.15~H22.6.30迄、雇用保険は支払った。

質問    A社退職後、ハローワークで手続きの際、担当者に、万が一、1年以内に次の会社(B社)を退職せざるを得ない状況になった場合は、どうなるのか質問した所、H21.10.5の受給者資格が、H22.9.30迄(1年間)は有効なため、理由は問わず、その場合は、H21.10.5受領の雇用保険受給資格者証を持ってハローワークへ来るようにとの事を言われました。
そのような場合の為に、残受給期間の半分を就業促進手当として、残りを残してあると言われました。
 この担当者の説明を正しいとすれば、H21.10.5の受給資格で、3日分受給、(330日-3日)/2を就業促進手当として受給しておりますので、今回、残日数(330日-3日)/2を受給できるとの理解で宜しいでしょうか?
今回、ハローワークへ電話をした所、前述の話と異なり、電話に出た方から、新たに、離職票等を揃え再度認定の手続きが必要な様な話がありましたので、どちらが正しいのかの質問させて頂きました!
以上、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2010-06-28 21:56:32

QNo.6002196

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

雇用保険業務を担当している者です。


ご質問者さまのケースでは、
B社における雇用保険加入状況で、新たに受給資格がつくことになります。
(会社都合の離職で、6ヶ月以上の加入期間がある為)

以前の受給資格の有効期間中であっても、
新たに受給資格が認められた場合は、
以前の資格はリセットされ、一から手続きを進めることになります。


なので、ハローワークの説明はどちらも正しいのですが、
今のご質問者さまの状態からいうと、後者の説明にあてはまるということになります。

その場合、一から手続きをはじめることになりますので、
B社さんの離職票や写真などの提出が再び必要になります。


もしB社さんで受給資格がつかなければ前者の説明があてはまり、
ご質問者さまのおっしゃるとおり、残日数分の給付を再求できます。


ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2010-06-30 14:02:20

お礼

w-spirits様

ご親切に説明頂きたい変有難う御座いました。
二者の説明のどちらが正なのか迷っていましたが、お蔭様でクリアーになりました。
大変有難う御座いました。
離職票が届き次第、安心してハロ-ワークへ行くことができます。
以上、今後とも宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2010-06-30 17:44:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

19人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問