こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

複数表記する言語ある?

複数表記する言語ある?

日本語はひらがな、カタカナ、漢字、の3つの表記がありますね。さらにローマ字もある。(ローマ字は英語の変形なので含めるか難しいですが)

複数民族で複数言語を持つ国などはいくらでもありますが、1つの言語にこんなに表記がある言語はあるのでしょうか?
英語は1つで覚えるの楽でイイでしょね。(表現も1つでしかできなが、、)

この辺に詳しい方教えてください。

投稿日時 - 2010-06-30 21:42:16

QNo.6006649

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

韓国語は最近ハングル主流だそうですが、漢字と混ぜて使うこともできます。以前はそうでした。と言っても私はハングル分かりませんが。

日本語のように3種類の文字を同時に混ぜて使う言語はあんまり無いんじゃないでしょうか?
もしかしたら他には無いのかもしれませんね。

>英語は1つで覚えるの楽でイイでしょね。(表現も1つでしかできなが、、)

でもローマ字的な読み方をするアルファベット言語がある中で、英語は綴りにより読み方が色々あるしアクセントの位置も種類が多いので、そういう点では楽ではないと思います。また、1つの単語に意味がいろいろあったり、同じ事を表わすにも類語があったりしますので、表現は色々できるのでは。

しかし、文字を覚えるのはアルファベット1種類でいい、というのは楽そうですね。

投稿日時 - 2010-07-04 23:13:22

お礼

やはり日本語はマレなのでしょうか?(漢字、ひらがな、カタカナの3種を使い分けますね!)
面白いですね。

英語は26文字しかないのに、日本語とほぼ同じ情報伝達をするという意味では、より「難しい」と言えるのかもしれませんね。(単語を見ただけではどの意味かわからない、など)

素人なので、単純に 表記文字数 だけを見てました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-05 20:47:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

25人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

 仮名もアルファベットも「A-a」、「あ-ア」と対になっているのですから、一般的な日本語の表記は「仮名と漢字」と考えるべきではないでしょうか?
平仮名と片仮名を別の文字として考えると、アルファベットの大文字と小文字はもちろん、縦書きと横書き、ブロック体と筆記体も別の書き方として数える考え方が出てきてしまうと思いますよ。
 またアラビア文字やモンゴル文字は「常に筆記体で書く」という決まりがあるため、「大文字と小文字」の2種類程度では済みません。
ひとつの文字に「独立系、語頭系、語中系、語尾系」の4種類を使い分ける必要があります。

 マレー語、トルコ語など:アラビア文字で書かれるときとアルファベットで書かれるときとがあります。
イスラム教の影響で最初はアラビア文字が使われていたようなのですが、アラビア文字は母音の多い言語を表記するのに不都合があるため、後からアルファベットが導入されたようです。
混ぜて書くことはあまりないようです。

ベトナム語:漢字、チュノムと呼ばれるベトナム文字、声調記号付きアルファベット。
チュノムは漢字以上に難しい文字だったそうで、今ではアルファベット以外ほとんど使われないそうです。
チュノム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%8E%E3%83%A0

中国語:中国、シンガポール、マレーシアなどでは簡体字とピンインを、香港では繁体字、台湾では繁体字と注音符号が使われています。
ピンインと注音符号は漢字の発音を表す表音文字で、辞書の配列や漢字のわからない子供などに使われています。
公式的な文面に漢字と混ぜて使うことはほとんどないようですが、ネットなどでは注音符号の混ざった中国語を見たことがあります。
また中国大陸ではトンパ文字なども一部の人々に使用されています。

モンゴル語:縦書きのときはモンゴル文字、横書きのときはキリル文字と呼ばれるロシア語のアルファベット。

アイヌ語:元々文字を持たない言語ですが、辞書などには片仮名やアルファベットが使われています。

日本語:一般的には仮名と漢字を混ぜて使いますが、目の見えない方々は点字というものを使用しています。
また裁判所などでは速記(森田式、早稲田式など)というもので日本語を記録しています。
また過去には点字やハングル文字と同じ考え方で作り出された「ホツマ文字」や「阿比留文字」というものがあったそうですが、全く普及しなかったそうです。
こう考えると日本語の表記は、「仮名、漢字、点字、速記、ホツマ文字、阿比留文字」のむっつの文字ですね。
ホツマ文字
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B2%E3%82%B7%E3%83%86
阿比留文字
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E6%AF%94%E7%95%99%E6%96%87%E5%AD%97

 世の中には文字を持たない言語というものがたくさんあります。
それを文字にするには影響を受けた国の文字が使われる傾向があるのですが、陸続きの国だと東西南北から人が渡ってくる訳で、様々な文字が使用されることもあります。
先に挙げたアイヌ語は日本国内の少数民族の言語であるため、当然日本語の影響を受けてとりあえず片仮名で表記されました。
しかし、片仮名では表記しづらい発音があったらしくアルファベットで表記する人が出てきました。
この先アイヌ語の表記にぴったりの文字が発見されるか発明されるかするとその新たな文字が表記法として上乗せされ、みっつの文字となることでしょう。
しかしアイヌ語は使用人口が10人程度しかいないため、そこまでしようとする人が現れるかどうかは何とも言えません。

 なお、No.2の方の意見ですが、韓国は漢字を消極的に使用しており、廃止はしていません。
漢字を廃止したのは北朝鮮とベトナムです。

投稿日時 - 2010-07-03 01:06:23

お礼

詳しくありがとうございます。

筆記体ですか! ん~素人なので何とも言えませんが、(と言いながら少しだけ)
日本語の崩し文字に匹敵すると思うので、日本語でも無限に存在してしまうのではないでしょうか?

国の国語として(文字として、日本語として?) 明確に登録されている形という意味での種類を言いました。

英語の大文字、小文字に対して ひらがな、カタカナは同じですね。
ということは漢字が(これが膨大にある)大きく「多い」(1種類ですが)ということになりますね。

やはり世界的に見て日本語の種類の多さ(3種?)はある意味異端なのでしょうね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-05 20:38:12

ANo.3

モンゴル語:モンゴル文字&キリル文字

ボスニア語:ラテン文字&キリル文字

投稿日時 - 2010-07-01 12:25:14

お礼

詳しいですね。
いろいろ複数の言語はあるのですね。

でも3つあるのは日本語だけなのでしょうか?
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-02 01:44:54

ANo.2

漢字廃止以前の韓国は 2つ.

投稿日時 - 2010-06-30 23:35:29

お礼

韓国も2つありましたね。

やはり3つもあるのは日本語だけでしょうか?
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-02 01:43:20

ANo.1

アルファベットも大文字と小文字があります。

投稿日時 - 2010-06-30 21:56:44

お礼

なるほど、英語も2つありましたね!

3つあるのはやはり日本語だけでしょうか。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-02 01:42:05

あなたにオススメの質問