こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

運転免許を取得後40年余、いまだに苦手な坂道での発進・・・

運転免許を取得後40年余、いまだに苦手な坂道での発進・・・
何か、とっておきのコツ・要領がありましたら、ご伝授ください。


<質問の背景>
昔から、坂道での停車が嫌いなんです。
特に、後ろにピタッと後続車が止まると、以前のMT車ならパニックです。
前の車が発車してから、少し遅れてサイドブレーキを外しながらアクセルを噴かし気味にして発進(ずるずると後退したり、エンストやノッキングが怖いから)していましたが、でも、それでは雨や雪道、凍結場所では、急発進になったり、尻振りしたりして、私の後続車は危険この上なしです。

何が助かると言って、車やタイヤ(スタッドレス)の性能upです。
AT車や四駆の場合には、緊張感・ストレスが随分無くなりました。
でも、やっぱり雨や雪、凍結道路の坂道での停車&発進はいまだに苦手・怖いです。

投稿日時 - 2010-07-02 14:05:04

QNo.6010134

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

いわゆるオートマチック車の中にも、大きく分けて2通りがありまして
通常のAT(ギヤのかみ合わせを自動的に機械が選択するタイプ)と
CVT(2つの滑車がベルトでつながれていて、滑車の幅を変化させることで内径を変化させ、ギヤの代わりをさせる機構)
があります。
このうち「CVT」と呼ばれているものは、機構上車が後退しやすくなっています。
MT車の比ではありませんが、通常のATよりは確実に下がります。
それが嫌でCVTを敬遠するユーザーが居るほどです。

ですので通常のAT(4速ATとか書かれているタイプ)ならば、そう怖がることはありませんよ。
ご自分の車を確かめてみて、CVTであるならば「そういったことはあるな」と思っていれば用心になると思います。

あと、これは慣れが必要ですが、もし靴の踵をちゃんとフロアにつけてペダル操作していないのなら、そうしてください。
アクセルとブレーキの踏み分けが早くなり、後退も自然と減ります。
あとペダルは踵を軸にして、足全体で踏むような感じで行ってください。
急発進の危険性が減りますよ。

投稿日時 - 2010-07-02 15:09:27

お礼

詳細で懇切丁寧な情報とアドバイスを賜りまして、誠にありがとうございます。
また、外出が多く、ご回答にお礼が遅れました事についてお詫び申し上げます。

>このうち「CVT」と呼ばれているものは、機構上車が後退しやすくなっています。
MT車の比ではありませんが、通常のATよりは確実に下がります。

早速、ディラーに確認してみます。


>靴の踵をちゃんとフロアにつけてペダル操作していないのなら、そうしてください。
アクセルとブレーキの踏み分けが早くなり、後退も自然と減ります。
あとペダルは踵を軸にして、足全体で踏むような感じで行ってください。
急発進の危険性が減りますよ。

チェックして見ます。
改善是正しての運転を心掛けます。




誠にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-03 12:29:58

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

26人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(16)

ANo.16

 こんにちは。

 苦手、怖いとおもわれるなら、安全なところで練習なさってください。

 左足、サイド、ヒール&トゥー(笑)等、もうやり方はお分かりなのですから、怖くなくなるまで練習するしかありません。質問者さまのみならず、他者の安全にも関わることですから。深夜に20分、2~3回も練習すればかなり上達するはずです。

 レベルはちがいますが、モータースポーツ(ラリー・ダートラ)をやっている連中は、毎冬、降雪期になると「雪練」といって、夜中に雪のワインディングをテーマをもって走り、低ミュー路で車をコントロールする訓練をかさねています。それも何年も何年も。そういう地道な努力してはじめて技術がえられるのです。そんなことはドライビングにかぎった話でもないでしょう。

 もし障害などで、どうしても上手くいかないのであれば、ヒルスタートなどの機能に頼ってもいいでしょうし、あるいは車に乗らない決断も必要かもしれません。

 とまれ、練習することです!

投稿日時 - 2010-07-03 10:55:43

お礼

ご回答を賜りまして、誠にありがとうございました。


仰るように、練習・練習の反復で、慣れ→習熟→自信余裕だと思いました。

投稿日時 - 2010-07-03 14:21:33

ANo.15

私の車は駐車ブレーキが足踏式なので以前の車のようにサイドブレーキを徐々に緩める方法が使えません。

トランスミッションがATもしくはCVTなら坂道で停車時は左足でブレーキペダルを踏み、発進時に右足でスロットルペダルを踏みます、エンジンの回転が上がってきたら(回転計があると分かりやすいですが)ブレーキペダルをゆっくり放すと楽に発信できます。

なお、高級車に良くあるブレーキペダルとスロットルペダルを同時に踏むとブレーキ優先でスロットルが無効となる、おせっかい制御が付いた車だとこの方法は使えません。

投稿日時 - 2010-07-03 10:51:00

お礼

ご回答ご指導を賜りまして、誠にありがとうございました。


>トランスミッションがATもしくはCVTなら坂道で停車時は左足でブレーキペダルを踏み、発進時に右足でスロットルペダルを踏みます、エンジンの回転が上がってきたら(回転計があると分かりやすいですが)ブレーキペダルをゆっくり放すと楽に発信できます。



確認すると共に、今後の坂道発進のテクニックとして習得したいと思います。
回転計はありますが、今まで気にした事がありませんでした。
見る余裕が出来ましたら確認して見ます。

投稿日時 - 2010-07-03 14:17:58

ANo.14

>以前のMT車なら
という事はATですね。これでも苦手ならヒルスタートアシストしかないですね。登坂でブレーキ停止するとブレーキ力を保持、アクセルペダルを踏むと同時にブレーキ解除という装置です。緊張感・ストレス・苦手意識、等を考えたら車を換えられた方が精神的負担が無くなって良いと思います。各メーカにありますので問い合わせると良いと思います。例を、
スバルインプレッサ、日産エクストレイル・フーガ・GT-R、プリウス・アルファード・エスティマ・ラッシュ、ホンダエクストレイル、ダイハツビーゴ

投稿日時 - 2010-07-03 08:49:45

お礼

アドバイスを賜りまして、誠にありがとうございました。

>ヒルスタートアシストしかないですね。登坂でブレーキ停止するとブレーキ力を保持、アクセルペダルを踏むと同時にブレーキ解除という装置です。緊張感・ストレス・苦手意識、等を考えたら車を換えられた方が精神的負担が無くなって良いと思います。

カーディラーの担当に確認します。
また、今後の買い替え時にはチェックして見ます。

投稿日時 - 2010-07-03 14:13:40

ANo.13

サイドブレーキを掛けた状態で、プッシュ部分を押し、(サイドのロックを解除ただしサイドブレーキは緩めず)車が動き出すと同時に、戻せばよく、動き出せば、行く分アクセルを戻し気味に足の指の力をぬけば、暴走ぎみも、おさまります。安全な状態で、訓練してください。又オートマの場合、アイドリングが適正回転かも、整備士に見てもらえば、ある程度クリープ現象もたすけになります。MTの場合は、クラッの繋がり位置を、足に覚えこませる事が一番です。

投稿日時 - 2010-07-02 23:16:46

お礼

ご回答を賜りまして誠にありがとうございます。

メカに弱く用語や操作に、ついていけない部分&分かり難い箇所がありますので、よく読みなおして見たいと思います。

アドバイスを頂戴し、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-03 14:08:28

ANo.12

私も嫌です。仕事でMT乗っているときは特に。坂でも気にせず車間を詰めて止まる人もいるし・・・

私の場合はCVT(その前はAT)なんで、左足ブレーキ。MTでハンドブレーキを使う要領で・・・普段から左足でブレーキを踏んでいるので自然とそうなってました。

また、素足(靴を脱いで)で運転した方が、私は微妙な力加減がしやすかったです。ただ、最初は違和感(強く踏み込む際ペダルが妙に遠く感じる等)がありました。

趣旨とは外れますが、アシスト機能付の車もあります(日産のエクストレイルなど)。ある意味そういった車を乗るのが一番の解決策かもしれません。

投稿日時 - 2010-07-02 20:47:45

お礼

ご親切なアドバイスを賜りまして、誠にありがとうございます。


>素足(靴を脱いで)で運転した方が、私は微妙な力加減がしやすかったです。ただ、最初は違和感(強く踏み込む際ペダルが妙に遠く感じる等)がありました。

        ↓
試してみます。




>アシスト機能付の車もあります(日産のエクストレイルなど)。ある意味そういった車を乗るのが一番の解決策かもしれません。

        ↓
更新時に検討して見ます。


貴重な経験やアドバイスを頂き、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-03 13:05:07

ANo.11

想像するに、貴方は耳が遠いのではないでしょうか、 だからエンジンの回転数や唸り具合を判断出来ないのだと思います、 高齢者がアクセルを異常に吹かす理由はそれですから、 補聴器等で多少は解決出来ないかな?

投稿日時 - 2010-07-02 20:10:20

お礼

ご回答を賜りまして、誠にありがとうございました。



幸いにして耳は遠くないです。
高齢者・・・そう呼ばれる年代に突入は淋しいですが、現実として受け止め、運転だけでなく、気持ち&思考の老化は可能な限り防ぎたいと思っております。
ご心配を頂き深謝申し上げます。

投稿日時 - 2010-07-03 12:58:26

ANo.10

別にMTでも難しくないですけどね。
・サイドブレーキを引いた状態でクラッチを踏んで、ギアをロー(またはセカンド)に入れる。
・アクセルをごく軽く踏む
・クラッチをゆっくり繋いで、半クラの位置でいったん止める。
・ここでやっとサイドブレーキを緩める。
・車が前進を始めたら、サイドブレーキを完全に下ろしてクラッチも完全に繋ぐ
以上。
多分、サイドブレーキを下ろすのが早すぎかつ速すぎなんだと思います。

投稿日時 - 2010-07-02 18:43:01

お礼

詳細なご指導・アドバイスを賜りまして誠にありがとうございます。


>多分、サイドブレーキを下ろすのが早すぎかつ速すぎなんだと思います。

大変に参考になりました。
今後、留意して、運転に活かしてまいります。

投稿日時 - 2010-07-03 12:51:37

ANo.9

ATでもMTでも車が前に進みだしてからサイドブレーキをゆっくり解除すればいいです。
慌てる必要はないですよ。引きっぱなしでも動きますから。
しかもその際はそれ以上吹かさなくても進みます。
失敗するのは思わずアクセルを緩めてしまうからです。
雪道でおしりを振っちゃうくらい吹かしてしまうのはかなり踏みすぎです。
MTの場合なら完全に繋ぐのが早すぎます。少し半クラでねばるくらいがちょうどいいです。

私がMTを運転して間もない頃は坂道ではわざと吹かして後続車に距離を取らせたりしてました。

投稿日時 - 2010-07-02 17:13:22

お礼

ご親切に解説・アドバイスを頂き、誠にありがとうございました。


>ATでもMTでも車が前に進みだしてからサイドブレーキをゆっくり解除すればいいです。
慌てる必要はないですよ。引きっぱなしでも動きますから。
しかもその際はそれ以上吹かさなくても進みます。
失敗するのは思わずアクセルを緩めてしまうからです。

なるほど!思い当たり納得する所が多いにあります。
若い頃に、怖いもの知らずげに、能登半島や三多摩の山野や狭隘な林道をローリングしていたバカが子供や孫の為にも安全運転第一になって、必要以?におっかなびっくり運転になっているのでしょうが・・・慎重過ぎる事は多少の歯がゆさを持たれても、より大きな迷惑を防げると思いますので、これからも安全運転を大切に心掛けて参りたいと考えております。

投稿日時 - 2010-07-03 12:46:17

ANo.8

>それでは雨や雪道、凍結場所では、急発進になったり、尻振りしたりして、私の後続車は危険この上なしです。

なるほど、それでどうしました。

>AT車や四駆の場合には、緊張感・ストレスが随分無くなりました

良いじゃないですか。

>でも、やっぱり雨や雪、凍結道路の坂道での停車&発進はいまだに苦手・怖いです。

質問者さんだけではありません。皆そうです。(私はFFですから、4WD以上に苦手で怖いですよ)

投稿日時 - 2010-07-02 16:17:51

お礼

ご回答を賜りまして誠にありがとうございました。



>質問者さんだけではありません。皆そうです。(私はFFですから、4WD以上に苦手で怖いですよ)

そうでしょうねぇ~
私は、田舎暮らしを楽しむ為にも、注意しながら皆様からの貴重なアドバイスやテクニックを活用させていただき、リスク回避&削減を心がけたいと思っています。
車と身体の健康管理で、紅葉マークを付ける頃までは・・・

投稿日時 - 2010-07-03 12:36:13

ANo.6

書いた内容からすると、現在国産のAT車ですよね?

雨でしたら、普通にぶれーきを離したら、アクセルを軽く踏み込むでOk

雪道はセカンド発進かな~

今時の車はABSがついてるので、とにかくどんな道も軽くアクセルを踏む・・でいいのではないでしょうか?

投稿日時 - 2010-07-02 15:07:00

お礼

的確なアドバイスを回答賜りありがとうございます。


>雨でしたら、普通にぶれーきを離したら、アクセルを軽く踏み込むでOk

雪道はセカンド発進かな~

     
今日の雨道で反復・試してみます。
アクセルを踏み込む事に、早朝のゴルフ場への侵入道路での恐怖の尻ふりのトラウマ?があったのですが・・・
恐々運転が、かえって危険な事だと,目からウロコです。

誠にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-03 12:22:14

ANo.5

RTO

今時MT車なんて 戦前生まれのガンコ爺か 車マニアくらいしか買いません
FFか4WDのAT車に買い換えましょう。

燃費が悪いなんて思い込みがあるのでしたら、それは知識が古すぎます。

竹槍、ゲートルで敵に勝とうとした時代ではありません。
進化した道具はありがたく使わせてもらいましょう。

投稿日時 - 2010-07-02 14:52:14

お礼

アドバイスを賜りましてありがとうございます。


AT車に乗っております。
また、MT車に拘り・愛着を特に持っているわけでもありません。
質問文が表現が拙く、回想やパニックの原因にあげた事が誤解に繋がったのかもしれませんが、誠に申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2010-07-03 12:15:35

ANo.4

アクセルはあまり強く踏まず、やさしく踏んで車が動き出したなと感じたら、サイドブレーキを外す、という手順でどうですか。

基本的には、出来るだけ坂道で停車しないこと(どうしてもしそうな場合は坂道の手前で待つとか)につきますね。

投稿日時 - 2010-07-02 14:38:11

お礼

ご親切なアドバイスを賜りまして、誠にありがとうございます。


>基本的には、出来るだけ坂道で停車しないこと(どうしてもしそうな場合は坂道の手前で待つとか)につきますね。

良く分かります!
心掛けてます。普段は黄信号では停まりますが、坂道では止む得ず通過します。
それでも、前車があれば→助手席の女房が呆れるほど、車1台が割り込めるほどの車間距離で停車します。
しかし、急坂や大雨・雪・凍結でなければ、まだしもなんですが・・・
雪や凍結時には、ドライブを控えますが、途中で遭遇しますと車を放置したくなるぐらいにパニクリます。
(私は毎年12月に入るとスタッドレスには早目に履き替えているが、友人は大阪・京都では昨年も必要でなかった、スキーや山奥に行くなら別だが大げさだと笑っています)


ご親切なアイデア&アドバイスを頂戴しまして、大変、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-03 12:09:24

ANo.3

AT車なら足ブレーキだけでOKです。

ギアがDに入ったままなら、多少の坂ではブレーキ無しでも車は動きません。その場でアクセル踏めば勝手に発進します。

坂で止まったら、すぐに踏めるように準備しつつ、足ブレーキをゆっくりゆっくり外して行ってみましょう。

後退しそうだと思ったらすぐに足ブレーキを踏んで止めます。

後退しそうにないまま、完全に足から足ブレーキが離れたなら、念の為、発進するまでブレーキを踏み直しておきます。

ブレーキを完全に離しても後退しないって判っていれば、発進時、足ブレーキを解放してゆっくりアクセル踏むだけです。

最初のブレーキ外し始めで後退しそうになった場合は、発進時、アクセルを軽く吹かしながら足ブレーキをゆっくり離していけば大丈夫です。

失敗の原因は「サイドブレーキ使うから」です。

サイドブレーキは、坂道で駐車して車から離れる時、ギアのPレンジの補助にしか使った事無いです。

投稿日時 - 2010-07-02 14:29:35

お礼

アドバイスを回答いただきまして深謝いたします。

坂道での発進、サイドブレーキの使用ポイントについて、大変、参考になりました。
教習所を卒業後半世紀近く、意外と子供や人には聞けない変なプライドやミエがありました。

ただ、今も残る疑問や悩みは、大雨でぬかるむ道、雪や凍結の冬の道での、坂道で停車した時に後ろにピタッと接近して停まった車がある場合です。
「さらに、対向車線も轍の跡が接近していて、少しでも車がブレルと接触しそうな場合、それらの相手車がいかにも高そうな車、新車、怖そうな「8-さん」が乗ってるとプレッシャーは倍増します。」

車の性能・タイヤの性能は、信じていますが・・・
運転する自分には不安と心配するのです。
何か、安全安心なテクニック・心構え・注意点があるのでは?と。



ご親切な回答を頂戴しまして誠にありがとうございます。

投稿日時 - 2010-07-03 11:54:38

ANo.2

AT車なら問題ないでしょう。MTなんてもうすぐ一部の車を除いて絶滅しますからね。

投稿日時 - 2010-07-02 14:24:23

お礼

ご回答を賜りましてありがとうございます。

MT車ではありません。
燃費とか出足で拘っていた時代もあったが、今は技術が進み、AT車で遜色が無いどころか、操作性でAT車が完全に凌駕し、確かにMT車は無くなりつつあると思います。

ただ、今回の質問は拙文で表現の不備、余計な回顧談があって,分かりづらいとは思いますが・・・
今も残る、坂道での緊張感やストレス・・・肩が凝り、手に汗が滲み出し、目も疲れる。
そこで、質問は、→ (AT、四駆でも残る)、雨や雪、凍結した坂道でのスムーズな発進のテクニック、注意点をご伝授願いたく投稿したものです。

投稿日時 - 2010-07-02 23:07:26

ANo.1

動き出すまでサイドブレーキを放さないようにしてはいかがでしょう。
もちろん、動き出したらサイドブレーキを放して下さい。

投稿日時 - 2010-07-02 14:08:49

お礼

アドバイスありがとうございます。

参考にします。

投稿日時 - 2010-07-02 21:44:54

あなたにオススメの質問