こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

CFDよりも先物の方がいいですか(金取引)

CFDよりも先物の方がいいですか(金取引)
業者の方からCFD(金)について説明を受けました。
オーバーナイト金利がかかると聞きましたが、
先物と同じ分だけ取引すると
年間10万の金利を取られるというので驚きました。

先物ですと一番近いものと1年先のものを比べた場合、
額にもよりますが10円も開かないので
金利相当分は1万円もしないことになります。
オーバーナイト金利と比べてもかなり安いです。

CFDの魅力は勿論レバレッジだと思いますが、
先物もそこそこのレバレッジはあります。
1年間にかかるコストが先物の方が有利で
売買の機会も先物の方が長い分有利だと思います。

こう考えていたらCFDの金取引のメリットって何かなと思いました。

投稿日時 - 2010-07-03 19:57:09

QNo.6012997

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

(1)税制
先物:分離課税で損失の繰越が可能
CFD:総合課税で損失の繰越ができない

日本国内の場合、先物の損益は税務署に調書が提出されます。
CFDも最近の法改正で同じようになったんじゃないかな。

(2)値動き
先物:TOCOMの場合は円建てなので、為替の動きも絡んでチャートが汚い。
CFD:業者にもよると思うがドル建てのものもあるはずで、
例えばドル安によって金が上がると思って金を買うなら、
ドル建のほうがわかりやすいです。

(3)取引の相手方
先物:不特定多数が売買の相手。先限なら売り気配と買い気配の差は
小さいです。
CFD:店頭取引なので買う場合でも売る場合でも取引の相手方は業者。
業者は自分の都合のよいように買い気配/売り気配をきめることが
できます。売買する側としては、やや不利な価格で取引せざるを得ないため、
頻繁に売買すると著しく不利になります。

(4)その他のリスク
先物の場合は、取引資金の管理については厳しく法律で決まっていて
分離保管されているので取引会社が倒産しても保護されます。
CFDの場合は一切資金が戻ってこない可能性があります。
先物の場合も法律無視の業者の場合、保護されない可能性はありますが...

(5)金利について
先物価格には金利分が既に価格に織り込まれています。
CFDのオーバーナイト金利は、業者がちょっと上乗せしてるのかもしれませんね。
あるいはドル建なので金利が高いのかもしれない。


ちなみに私は先物派です。
長期保有目的なら金ETF(例えば米国市場のGLD)を買うという手もありますね。

投稿日時 - 2010-07-07 20:27:25

お礼

どうも詳しく有り難うございます。
金利は既に価格に入っているのですか。納得しました。
CFDは店頭っていうとちょっと不利なんですね。
手数料は先物より安いような気がしました。

FXの次はCFDだとか騒がれているのに
ちょっと考え込んでしまいました。

投稿日時 - 2010-07-08 12:59:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

65人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

追記です。

店頭FX(くりっく365と大証FX以外のFX)は、CFDの一種です。
CFDのうち、為替に関するものがFXと呼ばれているだけです。

一見、手数料が安く見えても、たいていの場合は、
bid/askのスプレッドが広いので(買い気配値と売り気配値の差が
大きく、業者の提示する気配値じゃないと売買できないので)
結局、割高な手数料を払っているのと同じことです。

多くの業者が先物よりも金CFDを薦めてくるのは、業者側に有利だからです。

先物では売買が難しいもの(例えば国債とか、銅など)を売買するときには
CFDは便利ですが、金を売買するならTOCOM(東京工業品取引所)の金の先物
のほうがオススメですよ。今はミニ金というのがあるので、小額で投資が
できます(FX感覚で売買できます)。
ただ、TOCOMの金は円建てなので、値動きが素直じゃないですが。

投稿日時 - 2010-07-09 01:28:38

お礼

再度のご回答うれしいです。
CFDは意外と割高になるのですか。
どうりで業者が勧めてくるわけですね。

金の売買はTOCOMの方が良いのですね。
CFDの方は夜間もやれるので安全かなと思いました。

投稿日時 - 2010-07-11 00:57:28

あなたにオススメの質問