こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

被告が提出した、嘘(でっちあげ)の証拠で原告が負けてしまうこともあるの

被告が提出した、嘘(でっちあげ)の証拠で原告が負けてしまうこともあるのですか?
今度、裁判をする者です。
慰謝料請求の通知書を内容証明で送ったところ、回答書が届きました。
回答書は弁護士名で送られてきました。
嘘ばかりかかれたひどい内容でした。
こんど、裁判を起こす予定で現在準備をしております(本人訴訟です)。
当方にはある程度証拠はありますが、もし被告側が「嘘の証拠」を提出した場合、
裁判官がそれを信用して、被告を無罪にする可能性もあるのですか?
もしそんなことになったら耐えられません・・・。
でも、そんなこと世間一般ではよくあることなのでは、なんて思ってしまいます。
裁判なんて『言ったもの勝ち』、みたいなところがあるのではないかと。

嘘だらけの回答書を見る限りでは、「でっちあげの証拠で全面対決してくる」のが
目に見えます(この心配が取り越し苦労になるといいですが・・)

被告側の「嘘の証拠」でこちらが負けたら、もう運が無かったと思うしかないのでしょうか。
「嘘の証拠」を裁判官が「本物」と判断することは実際起こりうることでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-07-04 00:04:06

QNo.6013605

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

神ではなく、人間が判断するのですから、ウソの証拠で負けることもあり得ます。

民事訴訟なのでしょうか?
民事訴訟は、刑事事件のように「無罪」とか「有罪」を判断しません。

「勝つ」「負ける」と、単純なものではなく、自分の要求がどの程度の割合で受け入れられるかということになります。完全に勝ち、ではなく、部分的に認められるという場合がほとんどです。
負ける場合に、全面的にというのはありますが。

ウソかどうかをわからせるためには、客観的な判断材料を冷静に提示していくしかありません。

投稿日時 - 2010-07-04 00:19:24

お礼

ご回答ありがとうございます。民事訴訟です。

>神ではなく、人間が判断するのですから、ウソの証拠で負けることもあり得ます。

そりゃそうですよね・・・裁判官は神ではなく人間ですから・・・・。


>ウソかどうかをわからせるためには、客観的な判断材料を冷静に提示していくしかありません。

ウソだということを裁判官に分からせる必要が出てくるのですね。
しょせんウソなのだから、冷静に示していけばなんとかなるかもしれませんね。


ウソの証拠を出してきたら・・などと心配すること自体、取り越し苦労になればいいのですが。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-04 00:34:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

当然あり得ます。

それが嘘だとわかっているのはあなたと被告だけですから。

第三者が中立的な立場で見たら、
あなたが嘘をついている可能性も考えなければいけません。

判断するのは第三者ですから、
第三者から見て間違いないと思えるような証拠が必要です。

投稿日時 - 2010-07-04 09:39:31

お礼

ご回答ありがとうございます。

>判断するのは第三者ですから、
>第三者から見て間違いないと思えるような証拠が必要です。

おっしゃるように第三者が間違いないと思うような証拠を提出したいと
思います。

それでも相手のウソの証拠で負けたら運が無かったと思うようにします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-04 10:59:53

ANo.4

裁判というのは、原告である「相談者さん」が裁判官に対してどれだけの「証拠・証言」を提示して納得させられるかで勝敗は決まります。

嘘をいうのは、裁判では「日常茶飯事」の状態で、原告の証拠がきちんとしていれば「勝てます」
裁判の理由が不明なので、勝率は回答できませんが、相手の「不法行為」の証明がきちんとできれば大丈夫でしょう。

投稿日時 - 2010-07-04 03:42:37

お礼

ご回答ありがとうございます。

裁判において、「嘘」は「日常茶飯事」なんですね。驚きです。
仮に自分が被告になっても嘘の証拠で勝とうなんて夢にも思わないので
その感覚(堂々と嘘を主張する行為)が理解しがたいです。

今回はこちらの証拠をきちんと提示し、主張していけば
負ける理由がないと思っています。
まずは自分のやるべきことを(証拠の提出等を)しっかりしたいと
思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-04 11:07:53

裁判の場合、嘘の証拠でもそれが証拠と認められれば本当の証拠になってしまいますので負けます。
しかし弁護士は嘘の証拠というものを裁判所にはそう簡単に提出しません。
大問題になりますからね。

ただし証拠無き正当なるバッジを使った脅しは簡単にします。
裁判以外はルールもへったくれもありませんので。
法にあからさまに触れなきゃ、貴方を脅すのは自由なんです。

貴方はそれに今引っかかってるだけです。
貴方の主張が法的に見て100%正しいなら99%勝てます。1%は負けるかもです。
この『法的』にが『一般的』にでは駄目ですよ。負けます。

投稿日時 - 2010-07-04 01:27:14

お礼

ご回答ありがとうございます。

>裁判の場合、嘘の証拠でもそれが証拠と認められれば
>本当の証拠になってしまいますので負けます。

そうなんですか・・・
世の中に本当の意味での正義なんてないんですね。
嘘をついた者が勝つこともあるなんて、やりきれないですがそれが現実なんですね。


>貴方の主張が法的に見て100%正しいなら99%勝てます。1%は負けるかもです。
>この『法的』にが『一般的』にでは駄目ですよ。負けます

法的に自分の主張や証拠をどれだけきちんと提示できるか、ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-04 11:12:40

ANo.1

本人訴訟では、主張と証拠の区別がつかないので、弁護士に依頼して、訴訟手続にしたがって真実を追求した方が良いと思います。弁護士費用が心配であれば、法テラスに相談すると良いでしょう。
http://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/

投稿日時 - 2010-07-04 00:13:29

お礼

ご回答ありがとうございます。今回は弁護士さんには依頼せず、
本人訴訟をする予定です。
3名の弁護士さん(内1名は法テラスの弁護士さん)から、「できれば引き受けたくない」
という感じの返事しかもえらえなかったので、本人訴訟するしかありません。
(ややこしい上に大して報酬も得られない、と思ったのだと思います)

今回の質問は、一般的に「でっちあげの証拠」でも、それが信用されてしまうことが
あるのか、という質問でした。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-04 00:22:03

あなたにオススメの質問