こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

実は、今の時期、住宅ローンの金利は変動型よりも固定型がいいって・・・

実は、今の時期、住宅ローンの金利は変動型よりも固定型がいいって・・・

金利の安い今だからこそ、実は固定型の方がいいよっていうアドバイスを
聞きましたが本当なのでしょうか?

我が家は、目先のメリットを考えて金利の安い変動型にしてしまったのですが。
固定型に借り換えた方がいいのでしょうか悩んでいます。

投稿日時 - 2010-07-06 08:43:32

QNo.6018767

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

将来の金利を誰も予想出来ないので、どちらが得かなんて完済した時に結果が出ると思った方が良いでしょうか。それよりも、変動金利でしか払えないローンを組まないことが重要で、どちらの金利パターンを選ぶにしても全期間固定金利(今なら年3%程度)でも無理なく払っていける試算になっているかどうかです。変動金利を選んだ時は固定金利との差額を積み立てておき、将来の金利上昇に備えると少しは安心出来ますよ。
具体的には、全期間固定金利で収入の25%程度までの返済率、定年までのローン、頭金も20~30%以上用意していれば無理のないローンと言えるでしょうか。上記したように、変動金利選択時は固定金利で返済していると仮定して差額を貯蓄すればまず問題無いと思います(余程急激に金利上昇すれば話は別ですが…ちなみに、金利は下がる時より上がる時の方が遥かに早いです)。
要は、固定金利にして全返済額を固定して安心を取るか、変動金利にして固定金利より総支払額が安くなるかもしれないことに賭けてリスクを先送りするかの選択でしょう。変動金利を選択したのに自分では何も調べず計算も出来ないようなら失敗する可能性もあるので、仕組みやリスクについても勉強して常に金利動向や経済情勢には注意するようにしてください。場合によっては、ローンの変更も臨機応変にしていく必要があります。

http://www.homeloan.jp/column/2006/09/15/
http://www.eloan.co.jp/simulation/index.html

投稿日時 - 2010-07-06 08:58:03

お礼

回答ありがとうございました。

ごもっともです!

結局、最後にローンを払い終えてわかるんですね。

それともっと大切な事は無理なローンを組まないってことですね。

しみじみ、ありがとうございました~!

投稿日時 - 2010-07-06 12:06:15

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

p-p

金利は今が底でこれ以上大きく下がることはありません

と2・3年前から言っていますが

実際はずっと底のまま横ばいか少し下がっていますね・・^^;


これは2年前のリーマンショック、GM破綻、それから最近のギリシャ財政などの外国の要因です

話は変わりまして
金利が低いのは日本の景気が悪いからですローンが30年として
これから30年の間、もしも今の金利のまま継続されたら日本経済は崩壊しますよ

質問者さんの給料も10年後も20年後も今とさほど変わらないことになります。。。

なので政策としては経済が上向くよう施策を打っていきます
当然、経済が上向けば金利も上がります
今ではありえませんがバブル時代は普通預金で1~2%金利が付いていました
年利ですよ!!!
5年定期の大型定期なら5%なんてのもありました

そこまで行かないにしても
30年の大きな流れでいうとどこかで大きく上がる部分はあるでしょう
ただし日本国内の経済は成熟しているので爆発的に金利が何倍もあがることは無いと思います
ゆるやかに上昇していくことは確かです

目先の安い金利を選ぶ場合は金利が安いときに繰り上げ返済をどんどんしていかないとメリットが薄れますね

僕は2年前に5年固定を選びましたが
今の10年固定と同じくらいの金利です。なので今の固定金利はとっても低いのは確かです。

どっちが得かは終わってみないと分かりません
10年ごとに1%あがった場合とか試算してみてはいかがでしょうか?

変動金利で金利が上昇しても
景気が上向いて上昇しているなら
同じ会社に勤めていれば給与もベースアップしていくのでアップ分の負担はすくないと考える意見もあります。

正解は無いですよ

投稿日時 - 2010-07-06 09:43:21

お礼

論理的でわかりやすい回答に感謝です。

正解は、そう!ないですね。

払い終えたときにわかりますね。

投稿日時 - 2010-07-06 12:01:49

ANo.2

固定金利型がいいというのは当たっているでしょう。古今東西今ほど金利が下がっている時代はなく、将来更に金利が下がる確率よりも上がる確率の方が遙かに高いと考えるのは自然な発想です。だとすれば多少の金利差はあっても固定型を選ぶ方が安全ということになります。

投稿日時 - 2010-07-06 09:20:12

お礼

回答ありがとうございました。

なるほど!参考になりました。

投稿日時 - 2010-07-06 12:03:04

あなたにオススメの質問