こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

“~は”と“~が”の違い

日本語の“~は”と“~が”の違いを外国人に説明する場合には、どのような説明をすれば分かってもらえるか?という事が授業の課題として出されたのですが、次のような場合はどのような説明が適切でしょうか。
『yes、no疑問文では“~は”“~が”は使えるが“Who~?”では“は”は使えない。』
例)○あなたはその本を持っているのですか。 ×誰はその本を持っているのですか。
  ○あなたがその本を持っているのですか。 ○誰がその本を持っているのですか。
これを外国人に分かるように英語で説明しなければならないのですが、どうしたらよいかさっぱりです。何かご思案ください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-07-15 16:35:37

QNo.602060

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

日本語の助詞(は、が、を、に、へなど)は particle と言います。
そして、
~は : topic maker
~が : subject maker
という名前が付いています。

「~は」を英語で表現すると、 As for ~、Telling about ~ という意味になります。
「~が」は英語では主語を表す言葉になりますが、日本語の~がには特別な働きがあります。
「~が」は~を強調する働きがあります。

たとえば、

あなたの名前はなんですか? -- 私の名前はxxxです。
What's your name? -- Telling about my name, it's xxx.(直訳) --> My name is xxxx.
「私の名前は」の部分を省略しても答えとしてとして十分通じることから、実は「~は」の場合、重要な情報:注目している情報ではなく、何についての話なのかをわかりやすくしているだけなんだとわかります。
ですから日本語ではよく「~は」の部分は省略されることがあります。

誰が山田さんですか? --- 私が山田です。
Who is Yamada? --- I'm Yamada.

こちらの方は、「山田さん」という情報は聞き手は既に知っている訳で、それが「私」であることが重要な情報ですから、「私が」と強調します。
このように「が」は重要な情報、強調したいことを表すために使います。

典型的な違いを説明する文章としては、

Q:誰が行きますか?

A:私は行きます。
B:私が行きます。

Aでは自分について言えば行くけど他の人については行くかどうかは明らかにせず、逆に自分の場合についてのみ応えようとしていますね。
Bではほかの人を差し置いて自分が行くことを表明していますね。他の人が行く可能性を排除しています。

実はこの働き少し英語の a と the の違いに似ています。
a : は
the : が
ですね。同じではないのですが、「が」の特定の物に限定してしまい、他の物を排除してしまう働きから英語の the を連想するのでしょう。
で、英語で説明を書いても良かったのですが、あえて日本語で書いてみましたので、英語にするのは頑張って下さい。(勉強ですから)

#実は私この手の説明は英語話者の日本語学習者に何度も説明していたりするのです。(もちろん英語で)

投稿日時 - 2003-07-15 20:49:46

お礼

大変詳しいご説明どうもありがとうございました。よく分かったと思います。それに勉強にもなりました。参考にさせていただきます。回答どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-18 17:19:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

文法の専門家ではないですが、こうゆう説明ではいかがでしょうか?

「あなた(は)その本を持っているのですか」
「あなた(が)その本を持っているのですか」

これらの違いは、「あなた」以外にも同じ本を持っている人がいる可能せいがある場合に(は)を使います。「あなた」だけが(例えば友達5人の中で)その本を持っている場合に(が)を使います。つまり(が)の方が、もっている人を限定する意味が強くなるのではないのでしょうか。従って質問文では「誰」を特定するために聞くわけですから、(が)を使用します。

で、これを英語で説明すると

When you say "Do you have the book?" in Japanese, there are 2 forms that you have to distinguish. The first is if someone else other than the subject likely to have the same book, you need to use the particle "wa" after the subject. The second is if the subject is probably the only one amongst certain group of people who has the book, you need to use the particle "ga" after the subject.

So the particle "ga" has the function to specify the subject much more than "wa". In case of "Who has the book?", there can only be one form using "ga". The question itself is to specify "who" has the book, therefore "ga" is used.

こんなんでどうでしょう?

投稿日時 - 2003-07-15 20:46:52

お礼

なるほど。説明よく分かりました。参考にさせていただこうと思います。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-18 17:16:04

ANo.3

d-y

こういう難しいことは、ウェッブ検索で、誰かがうまく説明してくれていないか探すに限ります。
キーワードは、Japanese, grammar, particles, ha, gaあたりでしょうか。

私が見た中で一番気に入ったのは、
http://www.thejapanesepage.com/grammar/1.htm
です。

このサイトでは、「助詞の使い方を覚えるには、役に立つ例文を記憶して、言ってみることです」としています。
私としては、この態度が一番現実的だと思います。
ただ、肝心の「は」と「が」の使い分けについては、
"Don't worry about this now."と、
つれないので、arunonさんのお役には立たないかも(TT)

「は」と「が」について一番詳しく説明していたのは、参考URLにリンクしたサイトです。
日本人が日本語で説明されても「そんなもんかな?」というようなものでしょうから、明確に説明しきっているとは思いませんが、かなりがんばって説明しています。

参考URL:http://www.timwerx.net/language/particles.htm

投稿日時 - 2003-07-15 20:18:05

お礼

紹介してもらったURLとても参考になりました。でも本当に難しいですね。回答どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-18 17:12:59

ANo.2

答えにはなっていませんが、
「は」と「が」の使い分けについては
Googleで「日本語 既知 未知 助詞」
で探すといくつか参考になるサイトが出ます。

投稿日時 - 2003-07-15 17:08:56

お礼

何個か探してみましたがやっぱり難しいですね、日本語って。分かったようでわからないと言うか。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-18 17:09:05

ANo.1

結論は出ていないようですがこんなページがありました。
難しいですねぇ、言葉って…。

参考URL:http://students.washington.edu/koji/JIL/case.htm

投稿日時 - 2003-07-15 16:47:00

お礼

URLの方参考にさせていただきました。本当に言葉って難しいですね。日本人なのに日本語がちゃんと理解出来ていません…。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-18 17:05:56

あなたにオススメの質問