こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

鉄製 調理器具の手入れ方法

鉄製 調理器具の手入れ方法

鉄製のパンを購入予定です。

使用した後の手入れ方法ですが、洗剤は使わずタワシやササラなどでお湯で流して洗うというのが一般的だと思っていました。
ただ調べてみると、こびりつくのは油返しをしないからとか、水を使っても良いとか、いろいろと違った意見も出てきました。
洗剤を使わないと言う人は素人と言い切るプロの方までいらっしゃいました。
そこで結局、どういった手入れが正しいのかと思って質問させていただきました。

自分なりに一番良い方法を考えてみたところ、

1.お湯を入れて沸騰させて数分煮たたせる
(鉄の分子(?)が開いているうちの方が汚れが落ちやすいらしいので)
     ↓
2.タワシかササラを使い湯で洗う
(傷つけないための道具。いきなり冷やすと変形すると聞いたので水ではなく湯)
     ↓
3.洗剤で油までしっかり落とす
(残った油が痛んで害になると聞いたので。酸化皮膜は使用前の油返しで作る)
     ↓
4.火にかけて水を飛ばす
(錆びないように水気をなくす)
     ↓
5.油を塗る
(錆び防止)

こういった形になりました。
洗剤を使うか使わないかの判断で一番の理由は、錆とこびりつかせないための酸化皮膜のことですよね。

錆については洗った後に油を塗れば錆防止になると思います。でも、火にかけて水気を飛ばしておけば油を塗らなくても数日は大丈夫なのかなとも思っています。
棚の中にしまうということなら湿気で錆びるかもしれませんが、僕はほぼ毎日使うので保管場所はコンロの上に置きっぱなしです。油塗りは省いて大丈夫かな?

酸化皮膜の件は、使用時に油返しをすれば問題ないんじゃないかなと思っています。
「なじんだ油」とはよく言いますが、鉄に染み込む量はたかが知れてるんじゃないかなと思うんです。そのくらいなら一回の油返しの時に染み込む量と大して変わらないんじゃないかと。
だから衛生的にも洗剤を使って洗ってもかまわないと判断してみました。

ただ、途中で書いてあるように汚れを落ちやすくするために鉄の分子(?)が開いた状態、ようは暖かい状態で洗うとしていますが、汚れが落ちやすいということは入りやすいともいうことで、分子の間に洗剤が染み込んでしまわないのかとか心配になっています。この辺についても教えていただきたいです。


手入れの方法以外にも疑問があります。

タワシやササラで洗うものと聞いたのですが、傷をつけないためですよね。
ということは、金属タワシはもちろん、フライ返しとかの道具も金属製は駄目ということですよね?どんな物が使えるのでしょうか?

保管方法。
長く使わない場合は油を塗る必要がありますが、ベタベタしていて保管場所に困ります。新聞紙などを巻いたりするものなんでしょうか?逆効果?
コンロの油汚れみたいに、塗った油がこびりついたりしないのか?


いろいろとまとめて質問して申し訳ありません。
一人の方がどういった流れて考えているのか知りたいので、まとめさせていただきました。
ここはこうした方が良いとか、実は間違って広まっていることだとかありましたが、ご指摘いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-07-14 11:32:27

QNo.6037427

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして。

以前に仕事の関係で、某有名中華の料理長から家庭での鉄のフライパンや中華鍋の扱い方を聞いた時は、それまで聞かされていた方法とあまりに違っていたので驚きましたが、それから十数年、何の問題もなく
同じ中華鍋とフライパンを使い続けています。

きっと反論が多いと思うのですが・・・。

本当に簡単です。

使い終わったら、冷めるまで置いておき、遠慮なく洗剤でガシガシ洗う。
こびりついたよごれは塩をつけてこする。

よくすすいで、煙がモウモウとでるまで火にかけて乾かす。
(これが大切らしいです)

冷めてからしまう。

これだけです。

料理長のお話だと、中華鍋や鉄のフライパンで大切なのは、悪い油を残さないことなのだそうです。
お店のように一日中火にかけ、料理を作り続けるような環境でこそ、良い油膜ができるのだそうで
一般家庭では無理と言われました。

乾かしたあとの油も、1週間以上使わないようなときには必要だけど、毎日使うのなら塗る必要はないとのことで、実際教えていただいてから長期の留守にする時以外、塗ったことありません。

たわしやささらを使うというのは良い油膜をはがさないためのことで、お店でも油膜があつくなりすぎたり、汚れが付いたときには金属タワシを使うこともあるそうです。
家庭では汚れをつけないことを最優先しなさいと言われました。

それと料理番組を見てもおわかりのように、中華料理の定番道具は金属製の大きなオタマとヘラですよね。
いろいろなものを使ってみましたが、中華鍋にはあの大きなオタマが一番使いやすいです。
金属製のものがタブーなんてことありません。

あまり難しく考えないで、気楽に使うことが一番だと思います。
鉄のフライパンで煮魚作ったり、中華鍋で肉じゃがつくってますが、何の問題もありません。

投稿日時 - 2010-07-14 12:36:54

補足

ちょっと細かいですが・・・

・冷まして洗う場合、お湯を使うのでしょうか?水でしょうか?関係ない?
・火にかけて乾かす時の火の強さは分かりますか?いきなり強火にかけると鉄は変形すると聞いたもので・・・。

お分かりになるようでしたら、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-07-15 11:05:15

お礼

「冷まして・・・」というのは、また新しくて僕が知ってた常識の逆をいくものですね。
でもよくよく考えてみると、なんとなく分かるような気がします。
分子の隙間を空けるために暖かい状態で・・・という考えの元で、熱いうちやお湯を使って洗うのが常識となっていますが、冷えて閉じてしまうことで若干の油が残って、それが良い感じの油膜になるのかもしれません。
洗剤を使えるなら、冷えてても汚れも落ちそうですし。

傷が付くとそこに汚れがたまってこびりつきやすくなるのかなと思っていましたけど、もしかしてテフロン加工の物と混同してるのかもしれません。
鉄肌が出ているものは、材質を気にせずお玉やヘラなどを使えるのかもしれませんね。
使い始めと後の手入れが面倒というだけで、鉄製の物って意外と乱暴に扱っても平気なのかもしれませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-15 11:01:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>黒錆をつけるために焼く時は、思いっきり強火で良いのでしょうか?
かまいません。
>真っ赤になるまで焼くんでしょうか?
焼いているとだんだんと黒くなります。

焼きすぎるとまた元に戻ります(^^;
なので黒くなったらOKです。

投稿日時 - 2010-07-15 13:39:09

お礼

あ、そのまんま見た目が黒くなるんですね(^_^;
焼き過ぎても戻るなら、それほど怖がらなくても良さそうです。
鉄って結構融通が利くんですね~。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-15 20:07:24

No.1の回答者です。

お礼をありがとうございます。

冷ましたあとの洗う時ですが、基本的には水です。
冬はぬるま湯。

こびりつきがない時は水でもお湯でも問題ないです。
卵や肉料理のあと(タンパク質ですね)はお水です。
へたに熱いお湯を使うと、かえって固まってしまうようです。
こびりつきがあるときも、水をはってしばらくおいてから洗うと取れます。

100円ショップでも専用のこびりつき落としが売ってますが、私が一番便利で使い勝手がよいのが
VHSビデオのプラスチックケース。
かなり前に友人に教えてもらい、あのプラスチックケースを自分の持ちやすい大きさの
だ円形にカットして使っているのですが、本当に便利です。
薄さと柔らかさがちょうどいいのです。
(DVDになってしまって、これから何を使って作ろうか悩んでます)

投稿日時 - 2010-07-15 12:15:19

お礼

僕は肉類ばかりなので、やはり基本は水となりそうです。
そうか、たんぱく質は固まるんですよね。今までお湯が洗っていました・・・。
プラスチックで、こびりつきを落とせるんですか!?
うちには捨てる予定のビデオケースがまだ残ってるので、試してみることができそうです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-15 20:05:29

ANo.2

数日置きぐらいに使うのであれば最後にガンガン焼いて黒錆にしてコーティングしておけば大丈夫でしょう。
錆が出てもこすればすぐに落ちますし・・・
油を付けるにしても冷めてから表面に薄くサッと塗るだけでいいと思います。

長期なら油は有効ですが乾燥してベタつくので使う前に十分に洗う必要があります。

投稿日時 - 2010-07-14 20:56:32

補足

黒錆をつけるために焼く時は、思いっきり強火で良いのでしょうか?
真っ赤になるまで焼くんでしょうか?

僕がやると加減を間違えて変形させてしまいそうで怖いです(^_^;

投稿日時 - 2010-07-15 11:13:08

お礼

やっぱり長期においておくと、油ってベタつきますよね。
洗い落とす時が大変そうです。

実は「黒錆」というのが僕の中では一番新しくて、興味を持ち始めたところでした。
錆って鉄の敵という認識しかなかったんですけど、黒錆のように良い影響を与えるものもあるんですね。なんだかチーズみたいです。
つけ方を調べているところだったんですけど、焼くことでできるんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-15 11:11:04

あなたにオススメの質問