こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

未組み立ての「LUX A3500」の処理に悩んでいます。 

未組み立ての「LUX A3500」の処理に悩んでいます。 

発売当時購入のまま、開封せずそのままになっていました。
暇になってきたので、組み立てようかと思いましたが、初めての真空管AMP組み立てなので、古いKITが正常に鳴るのか不安です。
半田付けは、経験があり大丈夫ですが、部品の信頼性、調整の必要性等判らないことが多々あります。

このような状態で、組み立てた方が良いのか、どこかに有償で組み立てを依頼できるのか、販売すべきか迷っています。
どなたか、アドバイスを頂ければ幸いです。

現在、真空管アンプは、LX38をサブでROGERS(LS3/5A)を鳴らしています。
メインは、DENON(PRA-2000)とQURD(405)でTANNOY(ARDEN)を鳴らしてます。

先日SPENDOR(BC-II)を入手したので、それ用にでもとも思っています。

以上、宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-07-20 15:26:24

QNo.6051550

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

A3500を当時のままって30年以上まえですか?

真空管や抵抗、ダイオードは大丈夫ですが、出力トランスとコンデンサー、ボリュームのチェックは必至です。出力トランスなど細い線を使っているものは長期間電圧を加えないと腐食して断線するときがありますし、ボリュームはスムーズに抵抗値が変化するか確認が必要です。

当時はカップリングコンデンサーにオイルコンが使われていたと思いますが、これは使わないほうがいいと思います。ケミカルコンデンサーは容量チェックと漏れ電流の確認が必要です。とくに電源回路に使われているケミコンにいきなり高電圧をかけるのは危険です。10KΩ 2W位の高抵抗をとおして徐々に電圧がかかるようにして抵抗両端の電圧がコンマ数ボルトになるのを確認してから使用すると安全です。


どうしても組み立てに不安があるのならそのままオークションで売却という手です。このアンプはヤフオクで人気があり、未組み立て品ならかなりの金額になる可能性があります。

参考にしてください

投稿日時 - 2010-07-20 17:01:30

お礼

ご回答ありがとうございます。

購入してから、30年くらいたつと思います。
若いときの情熱はだんだん薄れ、何時かいつかで、今日に至りました。

ご指摘の、確認が必要な部品が結構あるのですね。
難しくて、たぶん確認できないと思います。特に電源は怖いですね。

最悪、オークションを頭に置き、みなさんのご意見を伺いたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-20 19:20:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

なんと懐かしいという気持ちです。

私は当時このキットを買う予算がなく、ひとつひとつ部品を買って、ケースはできる限りデザインを似せて、自作をしました。多分半年くらいかかったと思います。
その後何回か部品を交換しながら使っていましたが、ここ10年ほどは部屋の飾りのような存在です。

でも、本当に手付かずのきっとなら、それこそお宝ではないでしょうか。骨董的価値でもかなりのものだと思います。

ご自分でお使いになる気持ちがないのならば、是非オークションに出されることをお勧めします。ひょっとすると当時の値段より高価な値がつくカもしれません。

お近くであれば飛んでいって見たいものです。。

投稿日時 - 2010-07-20 20:07:10

お礼

ご回答ありがとうございます。

私は当時、DENON(PMA-700)を買って、それがかなり良かったので、ずっと使っていました。
そして貴方のような、センスと根性がなかったので、KITはそのままでした。

いま、KITの開封をためらっています。オークションに出そうかと(出したことは無いのですが)。
どちらに転んでも、何とかなりそうな気になりました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-20 21:36:15

ANo.3

多分その部品をそのまま使用して組み上げても大丈夫のような気がします。というのは当方20年以上使わなかった真空管式のアマチュア無線機をどうかな? と思っておそるおそる通電した経験がありますが、意外と問題なく働いてくれました。
それにキットなら少しずつ組み立てて、その都度通電して様子をみることも可能ですよね。まず電源部を組んで電圧を測り、次に出力部を組んで、無負荷時のプレート電流を計り、というように安全を確認しながら製作していけばいいかと思います。やっぱりできるだけ当時の部品を使いたいのが人情ですもんね。
ただ問題は真空管です。これは半導体と違って長期間使用しないと一時的にカソードからの電子の飛びが悪くなっています。(つまりプレート電流が流れにくい) ですので組み上げた直後とその後しばらく使い込んだ状態とでは、かなりアイドル電流も異なると思いますので製作後も時々バイアスを調整してやることは必要かと思います。

投稿日時 - 2010-07-20 18:25:45

お礼

ご回答ありがとうございます。

可能性が出てきました。
少しずつ確認すれば、危険は少ないですね。

一度開封して「取り説」を見てみます。たぶん、真空管の勉強も必要になるでしょうね。

それからコツコツやってみます。秋頃、完成すると丁度よいかもしれません。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-20 19:42:50

ANo.2

いいものをお持ちですね!

問題はコンデンサーですね。
劣化していると思いますので取り替える必要があると思います。
音質に影響を与える部品ですので慎重に選ぶ必要があると思います。
電解コンデンサーは新しいものは小さくなっているので見た目を大事にすると工夫することも必要になります。

時間を掛けて楽しみながら取り組まれてはいかがでしょう。

投稿日時 - 2010-07-20 17:10:58

お礼

ご回答ありがとうございます。

コンデンサーはやはり交換でしょうね。
電源の電解コンデンサーだけで良いのでしょうか。
この程度なら、コツコツやれそうです。

「いいものをおもちですね」と言って頂くと、挑戦してみようかなという気になりました。
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-20 19:28:31

あなたにオススメの質問