こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

銀行と信託銀行の違い

銀行と信託銀行の違い

銀行と信託銀行の違いについて、小さな質問が3つあります。(わかる質問にだけ答えて頂いても構いません)

1)
銀行(普通銀行)は銀行業務を、信託銀行は「銀行業務+信託業務」を行えると複数のサイトで習いました。しかし、「信託銀行は銀行業務も出来る」のでしたら、たとえば「三菱東京UFJ銀行」を「三菱東京信託銀行」に吸収して、一つの金融機関にした方が経営の合理化というか、効率が良くないですか?殆どのメガバンクグループは普通銀行と信託銀行を分けていますが、なぜでしょうか?

と言いますのも、ここ10数年の間に次々と銀行が統合し、メガバンクが誕生したのは、銀行が不良債権などを何とか処理する為に『経営の合理化』を図った結果の一つだと聞いています。しかし、それなら「普通銀行と信託銀行を統合したら、より一層『経営の合理化』が図れるのではないか?」と考えてしまいます。


2)
信託銀行は普通銀行と違い貸付信託が出来ると、複数のソースで読みました。ただ、貸付信託とは「受託者たる信託銀行が多数の委託者から金銭を集め,主として貸付や手形割引の方法で企業に長期資金として供給し,利益を委託者に分配する制度」(goo国語辞典)です。委託者(預金者)から集めたお金を企業に長期的に貸付や手形割引の方法で供給し、利益を委託者に(利息と言う形で)分配するのは普通銀行もやってませんか?というか、それは普通銀行の主業務のような・・・


3)
q532030の回答内で「信託とは、お金などの財産を託して運用・管理を任せるということです。所有権は信託銀行に移りますので、そこが預金などとことなります。」「通常の銀行と異なり信託銀行は富裕層を対象にしてます。」とあります。しかし、最近の信託銀行は”富裕層らしい額”を預け入れなくとも口座維持手数料などが掛からない場合が多く、また「所有権は信託銀行に移る」といっても、信託銀行での預金は元本保証な上、ビッグも貸付信託もペイオフ対象だったりで、預金者に取っては普通銀行との違いが無い気がします。法規上・書類上は所有権が信託銀行に移るとしても、普通の預金者にとっては実質普通銀行と違いがないので、これは事実上の形式論だと考えてもよろしいでしょうか?

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2010-07-20 23:23:32

QNo.6052628

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1)
普通銀行の全支店に信託窓口スタッフを配置するより、信託銀行の支店数のように店舗を限った方が合理的という判断ではないでしょうか。

2)
確かに(定期)預金と貸付信託はほとんど違いはないかもしれません。
あるとすれば、1口の金額とか総口数とかいう考え方くらいでしょうか。

3)普通の預金者が「現金」を預けるのであれば違いはありませんが
信託銀行は債券証券不動産などの他金融資産も預かる(信託)ところは違います。

ここが信託銀行は富裕層(お金持ち)向けの銀行といわれる点かと思います。

投稿日時 - 2010-07-21 18:42:18

お礼

ご回答ありがとうございます。

(1)で書かれた窓口スタッフの合理性問題についてですが、普通銀行員にも信託業務の研修を行ない、両業務が出来るようにさせればいい気がします。素人考えではありますが、その点はいかがお考えですか?

投稿日時 - 2010-07-23 02:14:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問