こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

現在、知り合いの建築屋さんでアパートを検討しています。

現在、知り合いの建築屋さんでアパートを検討しています。

ですが、20年前くらいに別れた主人が事業に失敗し、私が主人の保証人になっていたのです。
話し合いの末今現在も別れた主人が分割で返済しています。
私はその後会社を立ち上げ順調に経営することができ申告所得も550万円程度あります。
完済年齢のこともあるのでヘルパーの娘と連名で計画していて、二人の年収を合わせると700万円以上あります。
ですが、知り合いの業者さんから『まだ、別れたご主人が債務を払っているのなら事故暦が残っていて借りられないのでは?』と言われました。

案の定、私の取引銀行は主人が今も払っている銀行だったため門前払いでした。
老後のためと相続税対策にと思い計画していたのでできることならやりたいと思っているのですが、融資はしてもらえないのでしょうか?

投稿日時 - 2010-07-22 00:23:25

QNo.6055037

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

別れた元夫が順調に返済しているのなら、「事故」には当たらないです。債務整理をしたり自己破産などして初めて「事故」になるのです。取引銀行が融資を渋るのは、まだ残債が残っているからだと思います。しかも夫婦の時に借り、別れた後もまだ返済中なら、おそらく完済しなければ新しく融資は受けられないでしょう。策は2手あります。

・別の銀行・金融機関から融資を受ける = とりあえず、今の問題の銀行以外の処、若しくは信用金庫・JAなど、沢山あります。とりあえず相談だけでもしてみては?

・商工会議所を活用する = 商工会議所の会員であれば、融資担当の職員がいるので、その方を通して「国民金融公庫」から借り入れする事もできます。商工会議所を窓口にすれば、意外と話はスムーズに運びます。

私ができるアドバイスはこんなものですが、お役に立てれば幸いです。金融機関の「運転資金貸し渋り」は以前よりも緩和されています。まずは話をしてみる事です。そうでなければ、いつまでたっても問題は解決しません。

投稿日時 - 2010-08-05 01:22:00

お礼

ありがとうございます。

銀行へ話してみたいと思います。

投稿日時 - 2010-08-07 12:30:34

あなたにオススメの質問