こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

内閣の総辞職と衆議院の解散について

内閣の総辞職と衆議院の解散について

他の方の質問とダブってしまうのですが、自分なりの言葉で、内閣の総辞職と衆議院の解散について
簡単に理解してみました(忘れないように、強引に簡単に)
以下の理解の仕方は正しいでしょうか?

(1)衆議院から一般的に内閣総理大臣は選ばれる。

(2)衆議院の中で、この総理大臣は???と自分達で選んでおきながら、疑問を持ち”内閣不信任決議”を決行する。

(3)内閣総理大臣は、そんな事をするならば、衆議院を解散させようか考える(10日間の猶予がある)

(3)-(1)10日以内に衆議院を解散すると決める。→衆議院の解散総選挙→他の衆議院のメンバ-から作り直そう。

(3)-(2)10日間に決められなかった。→ここは私が辞めよう(総辞職)

もっと強引に理解するならば、
そんな事を言うなら、あ~辞めるよ!
いや、そんな事を言うならば、仲間を総選挙で決め直す!

投稿日時 - 2010-07-23 22:20:06

QNo.6059415

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ほぼあっています。

ただ、総理大臣は「国会議員」であれば良いので、参議院議員でも構いません。慣例として、衆議院議員から、になっているだけで。
また、総理大臣を選ぶのは、衆議院と参議院、両方です。ただし、衆議院と参議院の判断が割れた場合、双方で話をして決定。それでも決まらない場合は、「衆議院の優越」によって衆議院が優先されるのですが。

一方で、内閣不信任案を提出、決議できるのは衆議院だけです。


3番については、10日以内に解散を決められない、ではなくて、即日、内閣総辞職、を決定することもできます。

投稿日時 - 2010-07-23 23:11:00

お礼

有難う御座います。

内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない(憲法66条2項)。
内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決(首班指名)でこれを指名する(憲法67条1項)。
天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する(憲法6条1項)。

内閣総理大臣は、国会議員の中から・・・という箇所を再度確認してみました。

これでおおよそ理解出来たと思います。

投稿日時 - 2010-07-23 23:46:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>内閣総理大臣は衆議院議員でなければなれません。

内閣総理大臣は「国会議員」の中から選出します。憲法でうたっています。
参議院議員であっても、内閣総理大臣になることができます。
まあ、実現する可能性は低いとは思いますけどね。

投稿日時 - 2010-07-23 22:36:58

ANo.1

大雑把に言えば、正しい理解と言えますが、内閣総理大臣は衆議院議員でなければなれません。

投稿日時 - 2010-07-23 22:32:15

あなたにオススメの質問