こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人事業と副業について

個人事業と副業について

今は会社員なのですが、個人事業主としても事業は始めました。

来年には会社員を辞める予定なのですが、今年分の年末調整で副業の事がバレ無い様にしたいと思っています。
そこでいくつか教えて頂きたい事がありますので宜しくお願いします。

まず、状況として会社員の方の給与では、社会保険が無く、国民年金や住民税は区役所から直接明細が来て納付しています。
個人事業の方は先月からスタートし、開業費用として700万ほどかかりました。
また利益は月20~30万程度です。

上記の状況で以下の事は可能なのでしょうか?
(1)住民税を自分で納付しているので年末調整でも会社にはバレない
(2)今年分の確定申告までは自分自身の給与は無くて良いので給与分を原価消却等や開業費等の経費等に当てて給与を最小限にして
 会社にバレない程度に抑える
(3)個人事業の確定申告の時に住民税の「普通徴収」にするだけでバレない。
(4)今年に限っては年末調整より確定申告の方が後なのでバレない。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-07-25 01:20:40

QNo.6062118

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>今年分の年末調整で副業の事がバレ無い様にしたいと…

年末調整とはそもそも給与所得のみが対象で、給与所得以外の所得のことは関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

>(2)今年分の確定申告までは自分自身の給与は無くて良いので…

無くて良いのでって、もともと個人事業に給与などありません。
売上から仕入れと経費を引いた残りが生活費になるだけです。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>開業費等の経費等に当てて給与を最小限にして…

減価償却しなければならないものは決まっていますから、任意に利益を調整できるものではありません。

>国民年金や住民税は区役所から直接明細が来て納付しています…
>(3)個人事業の確定申告の時に住民税の「普通徴収」にするだけで…

もともと普通徴収なのでしょう。

>(4)今年に限っては年末調整より確定申告の方が後…

いつの年でも確定申告は年末調整より後です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2010-07-25 02:24:39

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-28 23:53:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問