こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自動車と歩行者接触。その後の言い争い。

自動車と歩行者接触。その後の言い争い。
昨日、道路右側の白線内を歩いていたところ、横の空き地から自動車がバックして道路に出てきました。その際、結構歩行中の私に接近してきて、「なんか危ない運転だな、歩行者がいることを知っているのか」と思い、私はむしろその車に突っ込んでいきました。(この行為は道徳心のない行動だったと反省しています)。すると、そのバックしていた車が前進し始めたとき、車の右後ろと私の手が接触しました。そのとき私は「どうせ接触しても車が悪いし、歩行者優先だ」という気持ちはありました。
そのあと、運転者と「わざとぶつかっただろ」「何で歩行者がいるのに停止せず走り出すんだ」とかお互い言い合っていました。そして、予想よりひどく私にあたったのか、私の当たり所が悪かったのか、私の手が痛んできたので、「シップがあればほしい」と言いました。しかし、「無い」といわれたので、自分で薬局へ買いに行き、その場を離れました。私も痛みはシップで治まる程度だと思ったし、警察は呼びませんでした。
さて、このような状況で以下の質問に答えていただけますでしょうか。

1)運転者が警察に通報して「車に歩行者が自らぶつかってきて、いろいろ文句を言われた」と言ったとします。すると、私は当たり屋か何かの罪になるのでしょうか。車についた指紋等から私を割り出したりするのでしょうか。

2)もし私が当たり屋だと警察に決め付けられたりして、「シップがありますか」と運転手に聞いたことは、相手から物品を奪い取ろうとした行為と決め付けられたりしないでしょうか?

3)そもそも、この程度の内容で警察は動くのでしょうか。

投稿日時 - 2010-07-28 11:06:29

QNo.6069945

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1)質問者さんが歩道を歩いていたのであれば、質問者さんが罪に問われることはないでしょう。
  逆に車両は、歩道に進入する際は歩行者等を優先し、最大限の注意を払わなければいけないはずです。
  ですから、車両の運転手に自動車運転過失傷害が適用されます。
  ただ、質問者さんも自覚されていますが、「道徳心のない行動」だとは思いますが。

2)当たり屋がその罪に問われるのは、
  ・車両への接触そのものに悪意があった場合
  ・接触に対し、不当にその賠償を求めた場合
  です。
  仮にも両者が認める接触があったのであれば、シップ程度が「不当」だとは思えません。

3)現状では動かないと思います。
  どちらかと言えば、質問者さんの訴えなら動くことがあるかもしれませんが、それも可能性は薄いと
  思います。

投稿日時 - 2010-07-28 11:46:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

状況から
あなたは前方に自転車がいるのを知りながら前進した
そして接触した
これだと当たり屋行為と見られる可能性はあります

あなたが負傷した可能性を知ったときは運転者は負傷者の救護措置を講じなければならない
あなたが湿布の有無を訊いたことは自転車側にとって不利な点ですね(負傷者の救護義務違反)

投稿日時 - 2010-07-28 12:09:00

ANo.4

まずは病院に行き診断書をとってくることです。打撲でもかすり傷でもなんでもいいですから。それを持って警察に被害届を提出します。

そうすると警察は人身事故として捜査します。相手のナンバーや車の持ち主が分かればすぐに警察に呼ばれ事情聴取が行われます。

今回の件であなたが当たり屋とされることは100%ないです。他に何件も同じようなことをしていない限り。またシップを要求したのも正当な行為と認められるもので、恐喝などにあたることもないですね。

むしろ相手がシップを買ってこなかったり、病院へ行くことを勧めなかったことは救護義務違反になります。

投稿日時 - 2010-07-28 11:51:02

ANo.2

1)いえ、法的にはあなたが正しいです。
「文句を言うこと」は何の罪にもなりませんし、軽くでも当たれば道交法違反です。
当たり屋にはなりません。

2)あり得ません。
あまりにも少額すぎますし、件数が1件ではただの示談交渉のうちです。
当たり屋が逮捕された例としては、それなりの金額で何十件も行っていた場合です。

3)動きません。

投稿日時 - 2010-07-28 11:30:13

ANo.1

もし当たり屋だとしても、その確証を取ることは難しいです。

日本の世の中では、いくら歩行者が悪くても運転者の罪になります。

あなたが運転する方であれば、同様の状況(歩行者を確認しながらバックで車を出す)に
合った事はあると思います。

自分が当事者であると、邪魔だなとか思うと事もあると思いますが、
・歩行者は、自分が車の死角になっているかもや見えていないかも
・運転者は、歩行者が止まらないかもしれない

など、まず危険を予測し行動すれば良いかと思います。

こういう話を聞くと、人のふり見て我がふり直せと改めて思います。

と言う自分も、車がバックしているのにその後ろを通ったり、歩行者がいるのに止まってくれるだろうと思い車を動かす事もあります。

何事も気持ちに余裕を持って行動したいですね。

投稿日時 - 2010-07-28 11:26:42

あなたにオススメの質問