こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

何が理由で、USBケーブルにはAタイプとBタイプという種類があるのでし

何が理由で、USBケーブルにはAタイプとBタイプという種類があるのでしょうか?

逆に言うと何故USBケーブルの端子は1種類ではだめだったのでしょうか?
御存知の方、教えてください。

投稿日時 - 2010-07-30 13:38:49

QNo.6074941

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

USB1.1までの仕様では、インピーダンスの幅等の電気的特性における仕様がゆるく、接続方向の違いによって正常に動作しないデバイスが過去に存在した。そのため接続方向を間違えないようにコネクタの形状を変えることになった。

>逆に言うと何故USBケーブルの端子は1種類ではだめだったのでしょうか?
以上の理由のほか、小さな機器にはバカでかい通常タイプのコネクタではなく小さなコネクタを使用したい要求が有り規格化された(規格化前はメーカーが勝手に小型コネクタを製造し互換性で混乱があった)

投稿日時 - 2010-07-30 15:28:00

お礼

ご回答ありがとうございます。勉強になります。
ご回答によると、USB接続にAとBのタイプが生まれたのはUSB2.0バージョン以降ということですね?

投稿日時 - 2010-07-31 00:54:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

面白い質問ですね。
あまり気にしていなかったのでちょっと調べてみました。

----
USBが機器と一対一の接続だけしか対応しないのであれば1種類でよかったと思います。
USBが他のケーブルと異なるのはハブの存在です。
ハブによってUSBはツリー構造による多段接続が可能になります。

端子形状が同じだとハブの端子同士を接続してしまってツリー構造でなくなる問題があります。
そのような凡ミスを防ぐようにわざと形状を変えているのです。

ツリー構造の接続例:http://www.iodata.jp/products/usb/hub.htm

投稿日時 - 2010-07-30 19:06:59

お礼

ご回答ありがとうございます。勉強になります。

投稿日時 - 2010-07-31 00:57:43

ANo.3

端子の形が同じだとパソコン同士をつないだりプリンタ同士をつないだりする人がいないとも限らないのでそういう間違った接続が出来ないように決められたのだと思います。
両方A端子(オス)のケーブルはUSB規格上は間違いになります。
機器の小型化のためミニ規格も出来ました

投稿日時 - 2010-07-30 14:40:27

お礼

ご回答ありがとうございます。勉強になります。
当方はUSBのケーブルでパソコン同士をつなぐことが頻繁にありますが、この行為が規格外の行為だとは夢にも思いませんでした。

投稿日時 - 2010-07-31 00:53:16

ANo.2

http://support.apple.com/kb/TA25613?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

ココ参照
タイプAはアップストリーム つまりはPC→USB機器にデータが行く
タイプBはダウンストリーム USB機器→PCにデータが行く
これでお互い通信を行えるって寸法

これのほかにMINI型 MICRO型があるが基本はタイプAとBと同じ

投稿日時 - 2010-07-30 13:53:52

お礼

ご回答ありがとうございます。勉強になりました。しかし、当方はいまだにケーブルの方向を指定する必要性についてはよく分りません。

投稿日時 - 2010-07-31 00:51:35

ANo.1

>誤接続を防ぐため、A端子はホスト側、B端子はデバイス側と規定されている。

らしいです。

投稿日時 - 2010-07-30 13:46:13

お礼

ご回答ありがとうございます。誤接続というご回答が出てくるということは、ケーブルの接続方法が問われているということでしょうか?USB接続に形状の種類があることを知らずに店で苦労しました。

投稿日時 - 2010-07-31 00:48:35

あなたにオススメの質問