こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

報酬のない非常勤役員の社会保険加入について

報酬のない非常勤役員の社会保険加入について

標題についての質問です。
当社の非常勤役員のkさんが25日付で当社の社長に就任することとなりました。

kさんは別の会社であるM社の常務取締役です。
現在はM社で勤務しており、役員報酬が支払われ、社会保険にも加入しています。
当社に出社されることはなく、役員報酬の支払いもありません。

kさんは株主総会の日程の都合上、M社を23日に退任します。

そのため24日は当社に非常勤役員としての籍があるものの、
報酬はどこからも受けていない状態となります。

kさんより24日の社会保険、特に年金の加入期間について相談があり、
心配されていました。

年金保険料の未納期間は発生しませんが、加入期間についても1日も空くことなく
手続きをしたいとのことでした。

社会保険事務所の窓口に相談したところ、
認定日を24日にして、25日からの社長として支払われる役員報酬を
標準月額のところに記載すれば問題ないと回答されました。

取得申請書に証明書類の添付は必要ないので受理はされると思いますが・・・
報酬のない期間を社会保険の被保険者加入期間に含めて
本当に良いのか疑問を持ちましたので質問させていただきました。

長文の上、初めての質問で不備もあるかと思いますがよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-08-04 21:26:52

QNo.6087231

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

社保事務所のアドバイスどおり可能です。
ただ、その取り扱いは「24日からの身分取得をあなたの会社が了解している=着任日を25日ではなく24日にする※」という前提に立つものです。
※24日に社長に着任することと同義ではありません。

この空白の一日を他の方法で埋めようとすれば、固定給のない非常勤役員には社保加入させませんから、24日は一日だけの国保国民年金手続きを行うことになりますが、これは単なる制度上の話で、一日だけの国保加入なんて普通はこんな面倒なことはしていません。

もし私なら、本人が加入期間制度をよく知らないために空白を作りたくないと言っているだけでしょうから、ここのところをよく説明して、空白とはならないこと、仮に国保等の手続きを行うにしても加入脱退手続きは本人の責任で本人が出向いて手続きする必要があること等々、本人が負う面倒な手続き論を並べて本人さんに納得して貰いますけどね。

要ははじめにも書いたように、社保事務所は「あなたの会社が了解すればよいこと」と言っていますから、良いも悪いもあなたの会社がどう判断するかです。
あなたに会社としての判断権限が委ねられているのであればともかく、責任者と相談して、長いものには巻かれろ的な対応をとるのかどうか、良き前例となるか悪しき前例となるかを含めてよく考えてご判断ください。

投稿日時 - 2010-08-05 11:02:47

お礼

さっそく回答していただき、ありがとうございます!

国保国民年金加入については会社に報告・・提案?してみました。
社会保険担当の私としては、atomlookさんのおっしゃるとおり、きちんと説明(言葉をお借りするなら、面倒な手続き論)すれば理解してもらえるものと思ったからです。

しかし結果として、人事担当者より話があり、それは難しいとのことでした。
理由は、現社長が社長に就任される際、やはり同じように就任前に3日間の空白があったそうです。
そのときには当時の社会保険担当者が説明して納得していただいた上で、3日間については当社の社会保険に加入せず、国保国民年金手続きも行わなかったそうです。
現社長も当時のことをきちんと覚えており、理解はしているものの、ご自宅に年金特別便が届いた際、未加入であることがハッキリ記載され「自分も妻もわかっていても、やはり心配になるし、釈然としない。」とおっしゃられ、新社長のkさんにはそのようなことがないよう手続きを行って欲しいと人事担当者の方が指示があったとのことです。
またkさんも現社長より話を伺い、未加入期間があっても問題ないことは漠然と理解しているものの、未加入期間のないように手続きをしたいと希望されているとのことです。

正直、年金特別便がこんなところで出てくるとは考えていませんでしたが、このような経緯があり、当社は現在1日の空白期間について悩んでいる次第です。

そこで、「着任日を24日にする」ことと、手続きが煩わしいですが「国保国民年金手続きを行う」ことを会社に提案してみようと考えています。
それに伴い質問があるのですが、国保国民年金手続きについてはわかりますが「着任日を24日にする」とは、具体的にはどのようなことを指すのでしょうか?
必ずしも社長として着任する必要はなく「会社が了解すればよいこと」とのことですが、それは人事担当者に口頭確認すれば済む話なのでしょうか?
それとも何か着任日について確認できるような書面やkさんとの1日契約が必要であったり、24日1日分について会社からkさんへ報酬の支払いが発生したりするのでしょうか?
ご教授いただけると幸いです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-08-05 22:16:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

年金は月単位で、その月の月末の状態で加入状況を確定しますので、1日開こうが意味をなしません。

質問者さんが問題とするところは、健康保険においてです。
M社23日(24日資格喪失)24日国民健康保険(翌日資格喪失)25日御社資格取得
が、正しい履歴となります。この手続き上、当人60歳未満でしたら、国民年金も2号→1号→2号と変転します。

自治体にもよりますが、同月得喪は国民健康保険料は発生しません。一方当月は、月末厚生年金加入月となり、国民年金1号保険料負担はありません。

当人が気にする1日でも開かない手続きは、上記以外にあり得ないことになります。厚生年金のみにこだわってるのであれば、正しい知識を持ち合わせていないだけです。

投稿日時 - 2010-08-05 21:48:59

お礼

基本的には国民健康保険に1日だけ加入することになるんですね。
回答いただき、ありがとうございます!

投稿日時 - 2010-08-05 22:27:58

あなたにオススメの質問