こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

専業主婦ってなにするの?

専業主婦ってなにするの?
ただの女子高生が言ってることだ、とスルーするのではなくできるだけ多くの方の意見(反論も)聞きたいのでコメントよろしくお願いします。

私は専業主婦なりたいと思っている女性の気持ちが理解できません。
高収入の男性と結婚して養ってもらうなんて怠けじゃないんですか?

専業主婦なってもつまらないだけじゃないですか?
家に閉じこもって家事やる毎日なんて私は嫌です。
地域のコミュニティに生きるだけなんて私はごめんです。
そういった閉鎖された空間で生きたいって思うんでしょうか?

そもそも一日何するんですか?
食事はともかく、掃除なんて毎日する必要あるんですか?
それに食事だって1時間もあれば充分でしょう。


私は将来バリバリ働きたいと思っています。
確かに仕事、家事と子育ての両立は大変だろうと思います。
でも可能ではありますし、がんばればいいと思ってます。

私がそういうふうに考えるのは、母の影響が大きいと思います。
私の母はバリバリのキャリアウーマンです。(表現が古いですかね?)

私と5才下の妹を、働きながらもしっかり育ててくれました。
朝から晩まで仕事があるので、私たちは主に保育園で育てられました。
9時から6時半までは保育園に預けられた状態です。
しかし、保育園ではしっかり教育してくれますし、他の子供とも触れ合えます。
子供の教育のこと考えると、家にいるよりよっぽどいいと思います。

私たちが保育園を卒業してからは、出産前の仕事ペースに戻して朝8時半に家を出て、帰ってくるのは夜22時~深夜26時です。
毎日6時半起き、20分でお弁当を作り、8時半に出社する前に洗濯物&夕飯の準備&支度をします。
忙しい母に代わって、小学校3年生頃には洗い物・掃除機・少量の買い物はするようになりました。
小学校高学年になった頃は妹を児童館や習い事に送り迎えしていました。

もちろん母の帰りが遅くて寂しいこともありましたが、
それ以上に一生懸命働いている母を尊敬しています。憧れています。

そういうこともあって、私は専業主婦になる意味がわからないのです。
身体的な問題があって仕事できない人は仕方ないと思うのですが、
それ以外は働くべきだと思うのです。

でも「働くべき」というより、働きたいという意欲が私にはあります。
最近の女性はそういう気持ちがないのでしょうか?




説明が下手ですみません。
賛否両論あると思いますので、是非意見お聞かせ下さい。

投稿日時 - 2010-08-05 00:17:57

QNo.6087677

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(32)

ANo.32

仕事の辛さが分かっていないのでしょう。

投稿日時 - 2013-12-31 11:36:30

ANo.31

『井の中の蛙』ということわざをあなたはご存知でいらっしゃいますか?

自分の価値観がすべてと思い込み、人生経験や思慮が浅くて他人に対する思いやりに欠けてることも自覚出来ずにどや顔で『専業主婦は悪』と決めつけるあなたみたいな人間のことを指すのです。


よほど親御さんの躾がなってなかったのでしょうね(笑)親御さんから『自分が嫌なことは人様にするんじゃないし言うんじゃないよ』って教えられませんでした?

この回答場で質問者様に同感なさってる方も恥を知るべきです。

あなた方は世界中の専業主婦達を一件一件訪ね歩いた上で物をおっしゃってますか?
その方々は全員怠け者でしたか?


たしかに専業主婦に限らず、ものぐさな女性はごまんといらっしゃるでしょうが、じゃあ自宅で親の介護を一日中なさっている専業主婦は怠け者ですか?

重度の精神障害があって、家事や外に働きに出たくても出られない専業主婦も怠け者だと思いますか?

旦那さんがかなりの年収稼ぎだから、働きに出る必要なくて家でまめまめしく家事を懸命にやる方も怠け者だとでもおっしゃいたいんですか?

社会人歴25年目の私に言わせれば、専業主婦や兼業主婦に対して差別や偏見の考えを持ってる人間は会社の仕事なんて任せられません。

なぜなら家事など家のことをやるというのは、社会人として大事な基盤があるからです。

その基盤を嘲笑う者は社会で泣きを見ますよ。断言します。
本当にただただ家でごろごろばかりで、ろくに家事などしない専業主婦なら非難されても仕方ないですが『専業主婦』だからといって、反射的に『イコール悪だ!怠け者だ!最低だ!』という考えは人間として最低なことなので直しましょうね。

そして世界中の専業主婦に差別と偏見をして申し訳ございませんでした、と謝ってください。

本当に本当に不愉快です。

これからは二度とそのようなことを一切ネットに書いたり、心にも思わないでください。

若くて人生経験浅いと言えど、言っていいことと悪いことの区別が出来るような人間になってください。

投稿日時 - 2013-04-05 15:24:16

ANo.30

男です。

コンプレックスの裏返しのようにしか思えません。
もともとキャリアウーマンであれば、結婚して子供が産まれても仕事を辞めるのはもったいないかもしれないのでおっしゃる通りでもいいかもしれません。

しかし子供が保育園を出たばかりなのに、お母さんが朝6時半に起床、あわただしく家を出て、帰宅は夜中ではさすがにやりすぎではないでしょうか。
教育にお金をかけるのはもっと大きくなってからで、幼少の頃は勉強を見てあげたり本を読んであげたり話をゆっくり聞いてあげたりした方が個人的にはいいと思いますし、そういうことができる家庭的な方でないとえらそうなことを言って申し訳ありませんが個人的には私は結婚はしたくはないです。
共働きだからという理由で家事を手伝わされる方が嫌ですし、その暇があるなら子供をどこかに連れて行ったり、仕事をした方がよいという考え方です。
共働きをするのは下の子供が中学生ぐらいになってからでいいと思います。
半永久的に専業主婦はさすがにそれもまたやりすぎだと思いますし、実際にはほとんどいないのではないでしょいか。
というのも大学進学費用にお金がかかるからです。
これを夫の給料だけで賄うのはよほど稼いでないと無理ですから。
ただ、それまでは専業主婦でいいですし、仕方がないですよ。
私からすればバリバリのキャリアウーマンの方が抵抗がありますし、かわいげがないというか、人にもよりますが基本的には魅力にかけますので厳しいですね。 普通のOLとかの方がいいです。
ただ、家計が赤字で生活が厳しければ否応なしに共働きをするしかないと思います。
それでも保育園などで出費も増えますし、心の底からいいとは思えません。
ちなみに家事育児は楽なんだから働きに出ろとかいう夫は、単にケチな小者か、そういう共働きの家庭で育ってきたかのどちらかでしょうね。

投稿日時 - 2013-03-13 21:58:33

ANo.29

専業主婦でもお元気で働ける方はいいですね。私は酷い犯罪にあって、仕事の出来ない体になりました。2、3時間でも働ける方羨ましいです。好きで専業主婦なんてやってません。
毎日が孤独です。家族以外誰とも話さない日もあります。働けないからお金もなく何も出来ません。

投稿日時 - 2013-03-01 11:14:14

ANo.28

いいじゃないですか、バリバリのキャリアウーマン。
その中でやりがいや楽しみなど見つけて人生充実させることはとてもいいことだと思いますよ。

私は今妊娠中の専業主婦です。
最初はただ家事をし、楽しみは旦那が帰ってくることで、専業主婦というのになんの楽しみややりがいを感じることなくとりあえず専業主婦だから家のことをやる。それだけでした。
掃除も料理もしいて好きでもなく、ただただこなしていくだけの中身のない毎日。

でもそれって原因は自分の中にあると気付いてから変わりましたね。

私はただ専業主婦という中に楽しみ、やりがいをみいだそうともせず、他の自分が楽しいややる気のでるものと比較し、勝手につまらんものと思っていたんですよね。

私の場合、中身がなければ楽しくないんです。
この状況をどう楽しむか考えたら色々とアイデアは浮かんできます。
考え、実行、結果、私の中でこれをやる過程が楽しいので、掃除やるにもご飯つくるにも買い物、お金のやりくりするのもそれを楽しみながらやることで、専業主婦の楽しみ方をみいだせました。

マイナスはプラスに代えます。
「使えるお金は少ない」→「節約したら増える」「その代わり自由に時間を使える」

ようは自分次第でいい風にも悪い風にもいくんじゃないかなと思うこの頃です。
私も昔はフルタイムで働いていましたが、それはそれで「出来るようになればそれなりの評価」「毎月入るがんばった証の給料」「そのお金で好きな服を買ったり贅沢な外食したり」と、仕事をしているなりの楽しみ、やりがいを感じてました。

あれはあれ、これはこれですね。

人生をどう生きるか、どう楽しむかはあなた次第。

素敵な人生になりますように…

投稿日時 - 2011-04-29 08:51:43

ANo.27

質問者様に同感ですね

子どもの立場としては親の単なる自己満足で
手料理やら教育やらされるよりも保育園などで社会性を学んでよかったと思います

家事なんてつまらないものに時間かけるより、しっかり稼いできて
高水準の教育を受けさせるほうがよっぽどいいと思いますね

本当に子供のこと考えるならまずは先立つもののほうが
重要だと思います またあまり子供にベッタリでも過保護でよくないし

適度に自立心を養わせて、いざという時は任せておけ!という親のほうが
自己満足で子供べったりでお金はない親よりよっぽど頼りになります

まず仕事もろくにしてない母親にまともな教育ができるとも思えません

投稿日時 - 2011-01-19 15:19:21

ANo.26

あなたはそうやって育てられてきたけれど

あなた以外の人は別の育てられ方で育ってきています。


あなたが仕事を生き甲斐としたいと考えるように、『家庭を守り支えることを生き甲斐としたい』という人もいます。


専業主婦の本当の良さは、専業主婦のお母さんに育てられた人間にだけしかわからないと思います。


私は兼業主婦の母の子でした。

まだ私も未成年ですが、私も仕事をしたい。

最近の女性には無いわけではないですよ。あなただけが働きたいと思っているわけではありません。

それは偏見です。思い込みです。


兼業主婦:子どもをほったらかしにする可能性がある

専業主婦:怠惰になる可能性がある


兼業主婦も専業主婦も悪い一面があります。

あなたのお母さんが立派にあなたを育てたことと、これからあなたが自分の子を利用に育てられる確信があるかは別問題です。



『家庭を家事や料理子育ての面で支えることを生き甲斐としたい』という人にあなたが勝手な自分の価値観だけで『その価値観はクズだ。働くべきだ』と他人の生き甲斐を奪う行為や発言、傲慢にも程がある。


あなたが働きたいと思っているように、別の考えをもつ人もいるのです。


逆に、あなたは専業主婦になれと強いられることが嫌でないのか?


嫌なら、この質問は傲慢なあなたの人格を晒しただけになりますね。

投稿日時 - 2011-01-12 04:52:31

ANo.25

27年、専業主婦をしております。
四世代家族です。
2人介護をし、子どもは3人おります。
3食の用意、掃除に洗濯、買い物など時間がいくらあっても足りないくらい忙しいです(笑)
笑顔で、義父、夫、子ども達を送り出し 、洗濯機を回し、掃除機をかけ、義祖父母のお世話をしてから、急いで買い物。
普通食、離乳食、減塩食、糖尿食をカロリー、塩分を気をつけて作ります。
幼稚園の送迎。
洗濯物を取り入れ、アイロン。
自治会に幼稚園に学校の役員。
結構、刺激ある毎日です(笑)
自分の時間はほとんどありませんでしたけれど、家族の笑顔とありがとうの言葉で疲れもとんでしまいます。
私が家に居なければ、回らないので、 とてもやりがいを感じていますよ。
義祖父母の下のお世話は私でないと嫌がってしまいます。
私は専業主婦ですが、とても幸せです。

投稿日時 - 2011-01-12 01:24:15

ANo.24

専業主婦希望の22歳大学生です。

専業主婦ってなにするの??ですが、私はまだ学生で実際に専業主婦ではないのでしたい事になってしまうのですが以下の事をしたいです。

1)子育て
幼稚園でするような事を家でもしてあげたいです。
例えば、折り紙などを使って何かをつくったり、ドングリを拾いにいったり、野菜を一緒に育てたりなどなど。
また、勉強や料理、裁縫、ピアノ、茶道、華道なども教えてあげたいと考えています。
習いごともさせてあげたいのでその送り迎えもしたいです。

2)料理
手抜き料理ではなく、毎日しっかりと栄養面も考えたご飯を作りたいです。
お弁当も冷凍食品は使いたくないですし、毎日同じメニューなんて事はさけたいです。
例えば毎日味噌汁を出すとしたら、具材を変えるなど工夫したいです。
クリスマスなどの行事にはフランス料理を作ったり、ケーキなども全部手作りしたいです。

3)掃除・洗濯など
毎日したいです。
いつも清潔な家で清潔な服をきた旦那さんをおくり出したいです。

4)自家菜園の世話
水やりをしたりなど、意外と大変だと思います。
無添加の美味しい野菜をつくって、家族に食べてほしいです。
また、収穫を旦那さんや子どもと一緒に楽しみたいです。
父ができなくなったら田んぼの稲刈り等も私がしようと考えています。

5)ペットの世話
犬を2匹買いたいです。
個人的にはスタンダードプードル希望です。
カット代が高いので自分でできる様になりたいです。
ペットの衣装も手作りしたいです。

6)趣味
プリザードフラワー…ブーケやリースなどをつくって家に飾りたいです。
洋服づくり…子ども服やペットの服などを作りたいです。
小物づくり(ビーズなど)…部屋に飾ったり、プレゼントしたり。
衣装づくり…手作りドレスなどをきて旦那さんを家で待って驚かせるのが夢です(笑)
家の飾り付け…ハワイアンにしてみたり、いろいろしてみたいです。バウスカートはいて「アロハ~」ってむかえたら「アロハ~」って返してくれる旦那さんだったらいいな♪(笑)
ミュージカル鑑賞…たまにでいいので、趣味のミュージカルを観劇したいです。
習い事…余裕ができたらしたいです。

7)親孝行…プレゼントを作ったり、たまには両家の両親を招いて食事会などをしたいです。

8)その他いろいろ

私は「働きたい」という気持ちもありますが、「子どもを自分の手で育てたい」という思いの方が強いです。
もちろんその両方を上手くこなす事ができれば1番いいのですが、自分にはできないと思うので専業主婦になりたいです。(結婚もしくは子どもが生まれるまではバリバリ働きたい)
一生懸命働いて育ててくださったお母様をトピ主さんが尊敬している様に、専業主婦の母に育てられた私は同じ様に子どものそばにいてあげたいと感じています。
どちらが正解なんて事はないと思います。
バリバリ働く女性はすごく素敵だと思いますし、同じ様に専業主婦として家庭を支えていらっしゃる専業主婦の方も素敵だと思います。

偶然ですが、最近友人と同じ様な話をしていて「せっかく有名大学に入って春から上場企業に勤めるもったいない」と言われまして「なるほどなぁ」なんて思ったりもしたのですが、最終的にはやっぱり専業主婦として支えたいなっていう結論にいたりました。
たしかにお金や今までの努力(勉強面など)がもったいないかもしれませんが、生活する中で身についた事や学んだ事は主婦となっても無駄ではないと思います。

旦那さんに金銭的負担をかけてしまいますが、それ以上のリターンを旦那さんにできればなぁと考えています。おこがましいですが(笑)
また、結婚するまで(もしくは子どもを産むまで)はバリバリ働いてたくさん貯金しておきたいと思っています。

ちゃんと回答できているか不安ですが、私は専業主婦になったら上記の様な事をしたいです^^
まとまりがなく、読みにくい文章で申し訳ないです。

投稿日時 - 2010-12-05 00:31:09

ANo.23

バリバリ働いてます、結婚6年目です。専業主婦なんて絶対にできませんが専業主婦を否定する気はありません。

仕事と同じですよ。やる気があるか無いかで見方を変えてあげないと視野が狭くなってしまいます。

例えば同じ部署でも気が利いてバリバリ仕事をする人と指示が来るまでぼーっとしてる人と給料は同じです。
当然、後々の評価には響きますが日々の仕事量がまるで違うのに理不尽な事はよく起きます。
会社としてはボーダーライン(つまり遅刻欠席が少なく一定以上の仕事ができていれば)をクリアしていればよい事ですのでどちらにも干渉はさほどしません。

専業主婦も然り、です。

まだお若いので理解が難しいかもしれませんが介護の必要な人を家族に持っていたり、ご質問者様と違って手のかかる子供だったり、また田舎であれば職すら無い場合もあります。

後は時代背景ですね。

ご質問者様のように身近に母親という働く女性が居る場合は相談したり頼る事ができますが、母親が専業主婦の場合は逆パターンとなります。
ご質問者様が働く母親に憧れるように専業主婦である母親に憧れる人も居ます。

またピンとこないかもしれませんが昔は女性は24歳(よくクリスマスイブに例えられましたね)までに結婚して寿退社する事が当たり前だったんです。
総合職に女性が就けるようになったのは男女雇用均等法が施行され、渋々会社が対応するようになった1990年代後半くらいからなのですよ。
いまの40代くらいでようやく男性と同じ職種に就けるようになったものの「女性が営業なんて」と言われ目の前で名刺を破り捨てられたりと冷遇時代でした(と、大手企業に居た時の先輩の話。私は30代前半)

家庭を持ったまま仕事を続けてると「子供もほっぽって最低な母親」「家事ちゃんとしてんのか」なんて言われたそうですから(天下の○○と呼ばれる企業だったんですけどね)。

もう一つ付け加えると家事の負担が減っているという点ですね。
いまの生活は江戸時代から比べるとメイドを50人雇ってるレベルだそうです。
具体的に言えばたった50年ほど前までは東京ですらかまどでご飯を炊いていたところもあるんです。
電気ガス水道がいまのレベルまで普及したのは昭和20~30年代後半にかけてです。
かまどでご飯炊いた事ありますか?ちょっと油断するとすぐ焦げるし炊きあがるまでかなり時間掛かります。掃除機も無かったので箒と雑巾。お風呂も薪ですよ。

電子レンジの普及もでかいですね。
私もそうですが働いてる母親だと必需品ですが、一般的な普及もここ20年の話です。

こういった理由を踏まえての回答になりますが、家事労働が大変で専業主婦が当たり前だった時代の人、事情があって働きに出れない人とご質問者様の言うところの「楽したいから専業主婦になりたい人」を一緒くたにしてはいけません。

おそらくニュースなどで「女性の6割が専業主婦志望」とか高収入と結婚しようと婚活に躍起になっている人とかを見て疑問が生じたのでしょうが働く女性件主婦としてアドバイスを。

「専業主婦になりたいとかなんて怠け根性、最低」と思っている内はまだまだ人を見る目が養えていない未熟だと思った方がいいですよ。

人は単純なようでそうでない、社会もそうです。
考えは個人だけど動向は世間です。

純粋に楽をしたいから専業主婦になりたいと言う人も居れば家に誰も居なくて一人ぼっちで夕飯を食べていたのが嫌だから専業主婦になりたいという人も居ます。
ご質問者様は姉妹が居るからそこまで寂しくなかっただけです。
もし一人っ子だったらどうでした?

私自身、仕事が大好きでずっと働いていたいですが父親が4年前に脳梗塞を患いました。
介護が必要になったら辞めるしか無いとは思っております。

色んな事を学んで是非、懐の大きな様々な角度からモノを見れるいい女性になって下さい。
私も日々勉強です。

追伸:女性が社会に出れるようになって20数年、いまはちょうど過渡期だと思います。
物事とはなんでもそうですが「発展途上」が一番面白いのですよ。
私もご質問者様もよい時代に生まれたと両親に感謝したいですね。

投稿日時 - 2010-09-03 11:43:24

ANo.22

働く主婦です。
否定も肯定もしませんが、専業主婦ではなく働くべきだと、専業主婦を跳ねつけてしまうのは、ちょっとどうかと思いますよ。

今は旦那様の収入の都合により、昨年失業して大急ぎで仕事を探して、それでも半年かかって見つけました。
仕事探しに半年もかかるなんて、無能だと思われるかもしれませんが。

私はもし旦那様の収入に余裕があっても、働きたいです。

でも何かの事情で一度仕事を辞めてしまうと、出産後に仕事を見つけるのは、本当に大変です。なんとか仕事を見つけても、子供が熱を出した・病気になったなど、仕事を休んだり早退しないといけないこともあり、そのうちクビになってしまうこともあります。

あなたのお母様は、仕事も家事もしっかりこなされて、大変素晴らしい女性だと思います。
娘に憧れられるくらいですから。

人にはそれぞれ事情があります。心情もあります。
質問文にはお母様と妹さんしか書かれていませんが、お父様や祖父母は同居ではなかったのでしょうか?

預けられる人がいなければ、子供が病気になれば仕事を休んだり、早退しなければなりません。
小さな子供を抱えていては、仕事もなかなかみつかりませんし。

夫婦・家族にはそれぞれ事情があります。環境だって一通りではありません。
「働くべき」と決めつけてしまうのは、少々危険です。

「働きたい」と思うのと、「働くべき」は違います。
子供がいても「働きたい」と思って子供に何かあっても働ける環境なら、他人がどうあれ働けば良いのです。
他人が専業主婦でいることを否定する必要はありません。

投稿日時 - 2010-08-15 23:11:54

ANo.21

私も同感です。
専業主婦は忙しい、家事に近所付き合いと言いますが、兼業主婦は家事に近所付き合いは当たり前、それに加えて仕事をこなしています。
私はまだ独身ですが、兼業主婦の私の母はお見送りやお弁当も仕事をしながらきちんとしてくれました。
私が恥をかくようなことは一切ありませんでした。
専業主婦は何だかんだとごねて専業主婦の大変さをアピールしますが、兼業主婦は専業主婦のやることを全てこなした上で仕事もしています。
正直、専業主婦の友人と話していると社会から離れたせいか肌で感じられる社会の動向に鈍く、いらいらします。

投稿日時 - 2010-08-07 22:10:03

ANo.20

同感です。

私は未婚だし、子供もいないから、専業主婦の方たちの苦労は分かりませんので、怠け者とかそういうことを言いたいんじゃないですが(生き方はそれぞれの自由ですよね)、そういう人生を送りたいを思う女性の心理が理解できませんでした。私も一日何をしているんだろう、と不思議に思いました。自分が毎日頑張っていることが自分の家族にしか影響しない、そんな狭い世界の中で充実して生きられないです。自分のお金も欲しいです。
そのうえ、もし一方的に離婚されたら、専業主婦だったらその後どうやって自分を養えばいいのか分からなく、怖いです。離婚をするつもりではないですがw

ですが、私の友人の一人に、今は働いていますが結婚したら専業主婦になりたい人がいます。彼女は、家事(掃除、料理)や、家出できる趣味(ジュエリー作り、ピアノ演奏など)が得意で大好きな人で、あまり社交的でないので、多分それで幸せになれそうな気がします。

回答になってないかもしれませんが、質問者さんは自分の夢や目的に頑張って、他の人の生き方はあまり考えないほうがすっきりすると思いますよ。他の人に迷惑をかけなければ、正しい生き方も間違った生き方もないと思います。当たり前ですが、人それぞれなんですよね。
実際、働いてみたら仕事+家事+子育ての大変さが理解できて、質問者さんも専業主婦超いい~とか思うようになるかも。
因みに質問者さんのお母さん、すごい人です。そういう素敵な女性になれるといいですね!

変な文章でごめんなさい (^^;

投稿日時 - 2010-08-07 02:11:23

ANo.19

専業主婦は家庭を守ります。
三食昼寝付きですかぁ。
そういう環境の方も居ますよね。

でもすべてそうじゃありません。

貴女に解るでしょうか?

朝早くに夫を送り出す前にさらに早く起き、身支度を調え朝食を作り送り出し、子供たちを送り出したあとに夫の上司や先輩、後輩の奥様とそれぞれの日に待ち合わせをしお茶をする。

一見ただのおしゃべりで道楽のように思えるかもしれないけど、これも夫の仕事のうちになり、気も張るが体面上やむを得ない。

自治会の集まりや子供の学校の役員会や集まりにも出席し、周囲から情報を集め、深夜に帰宅した夫に一日の出来事を30分に要約して話し一日を終える。

毎日が毎日そうじゃないにしても、案件は多々あって、自分のことなど考えている暇はない。
でも、家族に恥はかかせてはならないから恥ずかしい格好だけは出来ず、身なりにも気を遣う毎日。

夫が連れて帰るお客様のおもてなし料理を覚えなくてはならず、でも料理学校に通う時間はないから、本を購入指示力で頑張りどうにか振る舞う。

子供の勉強だって、「うちにいて暇なのはお前だ」と言われないよう、教えられるまでは教える。


こういう日々を怠惰だと言われてしまうのなら偏見で専業主婦への差別でしかないのですが(笑い)。


そんな生活を15年してきた私は、子育てに一区切りついたので、午前三時間だけパートに出ています。

働いているから凄い、とは思いませんが、人とふれあえる仕事なので、働くことはとても楽しいです。




働く女性を肯定し、専業主婦を否定していては人間の幅は広がりません。

その人その人に、それぞれの生活面で与えられた役割であることを受け止めた方が良いと思います。



我が家の父は「専業主婦をさせてくれるやつのところにしか嫁に出さん」とは言いましたが「女性が働いてはいけない」とは言いませんでした。
「女は子供を産むのだからどうしても体に無理がかかる。そういうときに、女性の稼ぎがないと生活させられないような男では後々体を壊すからいけない。自分の子供にはいつまでも健康で元気でいて欲しいんだ。」とも言われました。

夫も納得していたので15年間色々あった専業主婦生活をしましたが、今パートに出始めて専業主婦をしていて良かった、と思います。

毎日が新鮮で楽しいです。


貴女はまだ高校生、人を否定する前に、まず自分の足元を固めて将来に向かう準備をしなくてはいけません。

視野が狭いと、そこまでの人にしかなれないですよ。

投稿日時 - 2010-08-06 19:49:57

ANo.18

100人の人間がいれば100通りの考え方があり、
それぞれの事情があり、生き方の選択があります。

質問者様がお母様の事を尊敬し、同じようになりたいと思うのは
とても素晴らしい事だと思います。

でももし結婚して働きながら子供を育てていて、
専業主婦の人から

「“働いてる、働いてる”って偉そうに言うけど、
子供の世話も躾も他人任せにして、
自分のしたいようにしてるだけじゃない。」
「結局お金の為でしょう?」
「私たち専業主婦は学校の役員を押し付けられていい迷惑。」
「私なんて旦那の親の介護もあるんだから。
それに点訳のボランティアだってやってて、忙しいのよ。
お金なんてもらってないけどね。
働いてるからって、何がエライの?」と思われたらどうでしょう。

自分が選んだ道を「何も知らない他人から」否定されたら、どんな気持ちがするでしょうか。

大切なのはお互いの考え方、生き方を尊重すること。
それぞれがそれぞれの場所で悔いのないように生きれば、
それでいいのでは?
他人の生き方を否定したり、貶める必要はどこにもありません。

投稿日時 - 2010-08-05 22:26:49

ANo.17

独身時代から結婚直後までいわゆるバリキャリっぽいことをやっておりましたが
事情があり少しだけ専業主婦経験があります。
現在は働いています。

>専業主婦ってなにするの?

子供がいないので、「三食昼寝つき」に加え、
「午前と午後のおやつ&二度寝つき」の生活をしておりました。
残念ながら大豪邸に住んでいないので、掃除に何時間もかからないし
経済的事情で毎晩フルコースというわけにもいかないので
食事の支度にも何時間もかかりませんでした。
家にはちゃんと洗濯機があるので洗濯にも時間がかかりませんでした。
まぁはっきりいって楽しい毎日でした。

>私は専業主婦になる意味がわからないのです。

バリキャリと専業主婦を経験して思ったことは、専業主婦を選ぶ人には
いくつかパターンがあるように思います。

1.ただ単に考え方の違い。
質問者様が「働きたい」と思うのと同じように「専業主婦になりたい」と思うだけ。
リンゴが好きなAさん、みかんが好きなBさん。
そう、ただ単に考え方の違い。専業or兼業の意味を論じるのは無意味と思います。
「リンゴのほうがおいしいわよ!リンゴを食べるべき!!」
「いやミカンのほうが体にいい。」「でもミカンは腐りやすい」などなど
はっきり言って不毛な論争。リンゴが嫌いな人にリンゴの意義を唱えても意味はない。
働くのが好きな人もいれば、主婦業に専念したい人もいる。ただそれだけ。

2.キャパの違い
質問者様は高校生ということですが、まわりにいませんか?こんな二人。
A君はクラブでは常にレギュラーでキャプテンも務めるくらいスポーツに打ち込んでいる。
生徒会の役員にも選ばれ、体育祭・文化祭など学校行事も積極的。
もちろん女子にモテモテで、週末はデート三昧。
いろいろやっているのに、勉強も常にトップクラスであっさり一流大学に現役で合格。
B君は常に勉強・勉強・勉強。
学校が終われば塾に直行。家に帰っても勉強。
クラブ活動はせず、学校行事もあまり積極的でない。
3年間頑張ったおかげで一流大学に現役で合格。
同じ一流大学合格者でもいろいろ活動しても合格する人もいれば、勉強に専念して合格する人もいる。
たぶんA君はキャパが広いんでしょう。質問者様のお母様は明らかにA君タイプですね。
これは偏見かもしれませんが「仕事をすれば子供が犠牲になる」「家事が手抜きになる」
と言うタイプはB君タイプでしょう。
その人にとっては家事だけで手いっぱいなのかもしれませんが、それはその人のキャパであって
家事・子育てもきっちりしたうえで仕事もできるキャパの広い人はいます。
自分のものさしでしか考えられないんでしょう。

3.家族で役割分担を考えたうえでの専業主婦
まだ若く独身の時は、親も元気なので個人プレイが可能です。
しかし結婚すると配偶者、子供、お互いの親など、チームプレイせざるをえません。
配偶者の仕事の事情、子供の事情などを考慮したうえで専業主婦を選ぶ人がいます。
バレーボールだって、チームにアタッカーばっかりではチームは成り立ちません。
レシーブを受ける人、トスを上げる人がいてこそチームは成り立つのです。
自分の幸せでなく家族の幸せを考えた時、アタッカーから次の役割に転向するのです。
たぶんこのパターンが一番多いのではないでしょうか?
ただ残念なことに、自ら進んでアタッカーから転向を決心をした人もいれば
夫から「アタッカーは辞めろ」と泣く泣く辞めた人もいるし
会社から「うちはもうアタッカーいりません」と言われ辞めざるを得なかった人もいるのが現状。

他にもいろんなパターンはあると思いますが、人の考え方というのは変わります。
昔バイリンガルで超美人で仕事のできる女性がいました。
本人も一生働き続けると言っていましたが、出産した途端退職。
仕事よりすばらしい事(子育て)を見つけたそうです。

質問者様はまだお若いですので、たくさんの出会いと変化を楽しんでください。

投稿日時 - 2010-08-05 20:26:27

ANo.16

高校生ですか?
あなたにとって大事なことは、自分だけが正しいと思わない気持ちです。よく周りから言われるのではないでしょうか。
私は男ですが、逆に「結婚後も働きたいという女性の気持ちが理解できない」という専業主婦側の意見は、容易に想像がつきます。
ちょっとやってみましょうか。

>高収入の男性と結婚して養ってもらうなんて怠けじゃないんですか?
→ 仕事があるのを口実に、家事育児に手を抜き、子供にカップ麺を食わしたり、掃除機もかけない部屋に小さい子を住まわせるのって、怠けじゃないんですか。

>専業主婦なってもつまらないだけじゃないですか?
→ 若いうちならともかく30すぎてお局扱いされながら安月給で働いても、つまらないだけじゃないですか。

>家に閉じこもって家事やる毎日なんて私は嫌です。
→ 満員電車に揺られてセクハラ・パワハラだらけの職場で年を取るなんて私は嫌です。

地域のコミュニティに生きるだけなんて私はごめんです。
→ 職場だけに生きるなんて私はごめんです。それも男みたいに出世できるならまだしも、女の場合はそうでないことが多いのに。

>そういった閉鎖された空間で生きたいって思うんでしょうか?
→ 職場と自宅の間を働き蜂のように往復しながら生きたいって思うんでしょうか?

>食事はともかく、掃除なんて毎日する必要あるんですか?
→ 週一程度しか掃除せず、ハウスダストだらけの部屋に子供を住まわせるおつもり?
小さな子供はゴミ拾って食うよ。

>それに食事だって1時間もあれば充分でしょう。
→ 作って食べさせて後片付けするまでがお母さんの仕事。小さな子に離乳食などを食べさせるのに、どのくらい時間がかかるか、ご存じ?

>私は将来バリバリ働きたいと思っています。
→ 子育てやりたくないだけでは?

>確かに仕事、家事と子育ての両立は大変だろうと思います。でも可能ではありますし、がんばればいいと思ってます。私がそういうふうに考えるのは、母の影響が大きい
→ たとえば保育園の空きが見つからなかったら? 結婚相手に共働きへの理解がなかったら? 生まれた子供が病気がち、あるいはひどい癇性で、何かと手のかかる子供だったら? 旦那が突然転勤になったら? あなたが仕事を辞めない限り単身赴任になるなら、家族バラバラの生活は子供にとって不幸では?
あなたのお母さんは、幸運にもたまたまそうならなかったからこなせた、つまり単に恵まれていただけなんじゃないの?

>私たちは主に保育園で育てられました。9時から6時半までは保育園
→ これっていわゆる可哀想では?

>しかし、保育園ではしっかり教育してくれますし、他の子供とも触れ合えます。子供の教育のこと考えると、家にいるよりよっぽどいい
→ たまたま良い保育園が近くにあっただけでは? あと今どき2人も保育園に預けると、あなたの給料吹っ飛んじゃうけど? 子供を保育園に預けるためにあなた働いてるの?

>毎日6時半起き、20分でお弁当を作り、8時半に出社する前に洗濯物&夕飯の準備&支度をします。
→ 体調崩したらどうするの? 元気なときだけ張り切って、病気したからギブアップでは無責任では?

>忙しい母に代わって、小学校3年生頃には洗い物・掃除機・少量の買い物はするようになりました。小学校高学年になった頃は妹を児童館や習い事に送り迎え
→ これっていわゆる可哀想では? 小さい子供は遊びたいんじゃないの?

>もちろん母の帰りが遅くて寂しいこともありましたが、
→ これっていわゆる可哀想では? 

>それ以上に一生懸命働いている母を尊敬しています。憧れています。
→ 自分が鍵っ子で育ったからといって、同じ環境や思想を子供に押しつけるものじゃないでしょ。

>身体的な問題があって仕事できない人は仕方ないと思うのですが、それ以外は働くべきだと思うのです。
→ 他人の人生をあなたが決める権利はない。自分の考え方を押しつけたら駄目でしょ。

>でも「働くべき」というより、働きたいという意欲が私にはあります。
→ 子供に縛られたくないだけでは?

こんな感じでしょうか。まだいくらでも出ますが、この辺で。

投稿日時 - 2010-08-05 15:09:05

おそらく専業主婦が人気の理由は
税制や年金の仕組みが大いに関係していると思います。
怠けは主婦でも社会人でもいますし、あまり関係ないですよね。

会社員の扶養家族(夫でも妻でもいいですが)になると
年金や健康保険の保険料の支払いを免除されるのをご存じですか?
また税金も控除額が増えます。
たとえば育児休暇中に夫の扶養に入ってた人が、
再び自分も働きだすと、稼いだ給与から税金も年金も健康保険も支払いが必要になります。
夫の控除も減ります。
これは非常に大きな差です。
大きな所得がある人はまた別ですが、
大半の女性の賃金は男性の半分くらいであること、
ましてや家に介護や保育の必要な家族がいた場合
その受け入れ先や面倒をみる人、それにかかる金銭負担、
職場で働くストレスと長時間の拘束、なおかつ家事の負担、、
これらを天秤にかけたとき
専業主婦を選ぶ人が多いのは当然の結果なような気がします。

こうした理由から、
もともとは働く希望を持っていても
損得勘定から専業主婦を選ぶ人が多いのではないでしょうか?

しかし現状のままでは
いずれ日本経済は滅びますから、やはり男女ともに働き、みなが税金・保険を納める、
家事や育児も男女が分担する、それに必要な外部のサポートを受けられる、
そんな社会の実現が待たれます。
けれどなかなか議論は進みませんね・・・。

投稿日時 - 2010-08-05 14:17:09

ANo.14

30代後半の非婚男性です。
おっしゃることはよく分かりますし,あなたは信念のとおり生きて欲しいと思います。

ただ,職業に優劣がないのと同様,生き方は人それぞれなので,生き方に優劣をつけるのもやめましょう。

>それ以外は働くべきだと思うのです。

これだけは余計です。
極端な話,ニートだって生きるか死ぬか悩んでいる人もいます。
中学・高校でも不登校で悩む人もいます。
生き方に「べき」を持ち込むと,苦しみが増えます。
「私はこうする」はいいのですが,「あなたもこうすべき」というのはやめましょう。それは,個人の尊重に反します。

それに,自分は働きたくても,就職先がつねに見つかるとは限りません。
これは忘れないでくださいね。残念ながら,「頑張れば必ず幸せになれる」社会ではないのです。
年齢や性による差別も残っています。

あなた自身,性差別を鵜呑みにしていることに気づいていますか?

>確かに仕事、家事と子育ての両立は大変だろうと思います。

ここです。
男性の「主夫」は想定していませんよね?
共働きだとしても,なぜ半々にはならないのでしょうか。
バリキャリ同士の結婚なら,子育ても夫婦それぞれきっかり半分ずつ分担すべきです。
そう思わないとすれば,子育てが女性の役割である,と無条件に信じ込まされているのです。

また,子どもを生むのが当然である,というのも思い込みです。
夫婦揃って,子どもよりも仕事で充実した人生を送りたい,と思うなら,子どもを作らないのも選択肢の一つだからです。

あなたの,

>でも「働くべき」というより、働きたいという意欲が私にはあります。

という意欲はすばらしいと思います。
ぜひそうしてください。

最近は確かに,揺り戻しのように,閉鎖されたコミュニティを賛美する風潮が復活しつつあります。
要するに「昔は良かった」という風潮です。
女性は専業主婦として子育てをし,夫や姑には逆らわない,夫婦別姓などとんでもない,という暴論が出ています。
必ずしも夫が高収入だから望んで専業主婦になるわけではありません。この男女平等の時代に,「嫁が働くのを許さない」夫がいるんですよ。
あなたには個性をもって断固としてこういった古い考え方を跳ね除け,自分の人生を生きていって欲しいです。

投稿日時 - 2010-08-05 13:53:00

ANo.13

 専業主婦として、「育児」で子供に愛情を込めて道を誤らせずに立派に育て上げると共に、「家事」を手抜きなどではなく真の意味でしっかりとこなすことは、男などでは到底務まらない(真実です)、非常に有意義で素晴らしいことであると思います。

 このような良妻賢母の偉大な役割は、愛情と才知と機知に恵まれた女性にしかこなせない難事であると思います。

 ましてや、仕事の片手間でちょいちょいとお茶を濁して体裁と恰好だけを整える程度のものではないと思います。

投稿日時 - 2010-08-05 13:38:41

ANo.12

私も専業主婦にはなりたくないです。
現在結婚して子供もいますがフルタイム、共働きです。

出産~1年育児休暇を取りましたが育児の合間に家事をぱぱっと
すませますので主婦だって忙しいのよ!と言っている人が分かりません・・・
でもやり方も人それぞれ違うから忙しい人は忙しいのかな?とも思いますが。

子供の立場からすると寂しい思いをする子もいると思います。
私の母は専業主婦でしたので小学校から帰ってきても家にいたので
寂しい思いはしませんでしたが、もしいなかったらどうだろう?と
考えた事はあります。
中学生になった頃は母も知り合いのつてで働き始めましたがものすごくいきいき
していたのを覚えています。
今もまだ働いていますが外見にも気を使うしいい年の取り方をしてるな、と
思います。



正直なところ、結婚する前に仕事で壁にあたった時ふと専業主婦になりたいな・・・
と思ったときはあります。
仕事から逃げたかったんですよね。
でも今は壁があるから成長できると思っていますので仕事を止めようとは思いません。

育児休暇中はつきあいがママ友中心になっていたのでめんどくさい、というのもあります笑
中学生みたいに「誰々さんが・・・」、とか言ってるもめごとでエネルギーを使いたくないんですよね。

投稿日時 - 2010-08-05 11:45:35

ANo.11

50代男性です。

我妻は結婚以来ずーと専業主婦です。
裕福ではありませんが別に何の不満も問題もなかったですね。
なにしろ我妻は昼寝が一番の幸せと公言し子供達にすら「ママがまた昼寝してたよ」と言われるくらいのグータラママです(笑)
これで元はバリバリの体育会系だったのですからね。
人間って言うのは見た目や経歴じゃ分からないんですよ。

さて、本題に入りますが、
やはり人それぞれだと思いますよ。
ただ夫婦というのは一人では成り立ちませんので、
結婚相手には理解のある人を選ばないと結婚後が大変ですね。
最近は家電がかなり進歩しましたので、
家電で武装すれば家事もそれほどは大変ではないでしょうから、
そんなに心配しなくてもとは思いますけどね。
つまりお金で便利を買う生活ですね。

私等は反対に人力で何とかしてきた世代です(笑)

お金に余裕がないから大抵の物は手作りでしたし、
親戚間での子供服のやりとりとかバザーでまとめ買いするとか、
安い生地で手作りの服を作るとか、
誕生日のケーキも子供総出で手作りすると市価の半額以下で作れます。

エコライフの魁みたいなものでしたね。

投稿日時 - 2010-08-05 11:36:30

ANo.10

専業主婦にはそれなりの利点があります。
母として子供の事を最優先にできる、それが専業主婦です。
兼業主婦になれば子供を蔑ろにするしかありません。
昼間にパートに出るくらいは専業主婦の範囲だと思っています。
貴方のお母さんは随分頑張っていたようですが、残念ながら世の働く女性のほとんどはそうではありません。
育児は自分の親に丸投げ。
子供が話をしようとしても「お母さん仕事で疲れてるのよ!」とはねつける。
子供が気を引くために万引きや喫煙をすれば「私を煩わせないで」と一蹴。
弟妹の面倒をみることを強要され、友達と遊ぶ事もできない。
朝寝ていたいから朝食は作らない。弁当?コンビニで買えばいいでしょ!
親が共働きの同級生の母親はそんな人ばかりでしたよ。

今親になる世代というのは共働きがメジャーになりはじめたころで、専業主婦のお母さんも多かったと思います。
当然児童館などの設備も整っておらず、私が小さいころには「鍵っ子預かり所」などと呼ばれており、鍵っ子=可哀想な子扱いでした。
みんなが手作りのお弁当を持ってきている中、自分はコンビニ弁当やパン。
他の子は可愛いエプロンを縫ってもらい、アップリケなどもつけてもらっているのに、自分は味気ない既製品…。
他の子がお母さんと手をつないで帰って行く中、自分を迎えに来るのはおばあちゃん。
仕事仕事で自分を省みることのない母親を随分と恨んでいましたよ。
「自分の子はそんな目に遭わせたくない」と思っても不思議ではありません。

逆に、頑張りすぎるお母さんだった場合。
父親は使えない男でソファーでふんぞり返ってる。
お母さんは仕事して帰ってきて家でも仕事して。
休みなどなく、いつでも疲れた顔をしている。
「私はこんな風になりたくない」と思うのもまた無理ない事です。

私は専業主婦がいいですね。
専業主婦の子供は甘ったれが多いですが、共働きの子供はヒネていたり、スレていたりが多いです。
働く必要がないなら自分の楽しみのために子供を犠牲にしたくはありません。

投稿日時 - 2010-08-05 11:23:04

ANo.9

30代既婚女性です。
正社員で働いています。
はじめまして。

そうですね。
質問者様の意見は時代に合っていますし、男女の違いなく職に就くべきだと考えるのは自然です。
その気持ちは是非大事になさってください。

私は専業主婦の母に育てられました。
子供の頃、いつ帰っても家には母がいて、学校での出来事を聞いてくれました。
彼女が丹精した畑でとれた野菜や、手作りのお菓子、お料理で育ててもらいました。
お布団はいつも太陽の匂いがしました。
お世辞にも裕福ではありませんでしたが、殺人的に忙しくロクに顔を見たこともない父と、専業主婦の母。
バランスが取れた家だったと思います。

ある日子供の私は母に言いました。
「お母さんは学校にも行かなくてよくて、仕事も行かなくてよくて、楽でいいなぁ」

鬼の剣幕で引っぱたかれましたよ。

後に知ったことですが、母は高い学歴を持っており、当時のウーマンリブの思想に強く染まっていました。
女性は働くべき。働きたい。
誰よりも強くそう思っていました。

彼女は当初職に就いていました。
しかし、父の転勤と出産が重なり、退職を余儀なくされた。
最初は子育てをしながら、復職を目指して必死に勉強したそうです。
でも泣き喚く子供を「うるさいなぁ」と思った時、自分を恥じたのだとか。
子育てという仕事が、今の自分の仕事なのに、満足にできていないと。

母は結局、職に就くことを諦め、育児に全力を尽くしました。
その挙句に、子供に「楽でいいなぁ」と言われてしまった。
そりゃまあ、引っぱたかれますよね。(^^;

もちろん、今とは時代が違います。
でも、根本的な問題は、変わっていません。
そして質問者様が仰っていることは、子供の時分に私が母にぶつけた言葉と似ています。

私は職に就いてもう10年以上経ちました。
女性が子供を産んで仕事に復帰できているケースは、まだ多くはありませんが、少しずつ増えています。
でもね、まだ女性の管理職は、ほとんどいません。
つまり、産休、育児休暇を経て、出世できるような社会ではまだないということです。
その状態で10年、20年働いて、男性と同じモチベーションが保てるか。
これはやってみないと分からないことかもしれません。

あなたの思う通り、女性と男性は平等です。
同じ権利を行使し、同じ負担を負わなくてはいけない。
それはとても大切な考え方で、できれば一生、そう信じて努力してほしいと思います。

そしてあと何年かしたら、きっと現実も知るのです。
結婚し、夫婦のどちらかが転勤する人は仕事をどうするのか。
子供が生まれたものの、頼れる親が遠かったり、既に他界している場合、どうするのか。
保育所の抽選に応募できる条件がどうなっているか。
認証保育園しか選択肢がない場合、どれほどお金がかかるか。
結果的にパートやアルバイトしか選択肢がなくなった自称「主婦」が、どれほど多いのか。

そんな時、大人としての義務を全うする選択肢は、本当に企業で働くことだけなのか。
初めて考えるのだと思います。
理想を高く持ち、現実と戦える女性に成長されることを期待します。

ちなみに、最初から専業主婦願望の強い学生が多いのは、ただ不況の世相を反映しているだけです。
仕事がないってだけで、特に深く考えて言っている訳ではないでしょう。
だいたい、専業主婦を歓迎する男性は若い人にはあまりいないでしょうから、現実的でもないですね。
あまり気にされることでもないと思いますよ。

投稿日時 - 2010-08-05 10:45:40

高校生の時の私と同じ考えなので思わずなつかしいなぁと思ってしまいました。現在2児のママです。

この「社会」の中で生きている限り、「社会人として」人に依存しなければ生きていけないってすごく無責任だと思います。父親に浮気されても、セックスレスでも、専業主婦だった私の母親が「自立できないから離婚できない」と泣く泣く耐えている姿を見て、「こんなみじめな人生は絶対に送りたくない」と思ったのがきっかけで、歯科医師だった父親の影響もあり歯科医師を目指し現在、専門分野の専門医としてパートで家事、育児と両立しています。しっかり自力で立てる二人が寄り添って初めて、本当の意味でのパートナーを見つけることができるようになるし、本当の愛が生まれると思うんですよね。

仕事しかできない旦那、家事しかできない女、の組み合わせで「専業主婦」という立場が生まれると思うんですが、専業主婦になりたい人はなればいい。でも夫婦とも仕事もできて家事もできるならどんどん二人で仕事分担して助けあったらいいと思います。両方できる夫婦の方が絶対強いし、収入も一人で稼ぐよりだんぜん多いし、特に父親と子供のコミュニケーション量を考えた時に、子育てとしての環境も抜群にいいですから。専業主婦だった場合、旦那の稼いだお金で昼間に遊びに出かけたり、私には申し訳なくてできないですが、今は自分のお小遣いで好きな車買ったりできます。稼ぐ女にはヒモがつくでしょ?と聞かれることもありますが、いえいえ、なぜか稼ぐ女ほど稼ぐ男を見つけることができるんですよ。笑

子供を持つ直前、(ほぼ)専業主婦やっていた時期もありましたが、本当に楽だった。なんせ大学も行かなくていいし、なんの資格なくても誰でもできる仕事だもんね。主婦業が大変なんて言ってる人は社会に出てもたいした仕事できないと思いますよ。「要所を押さえて力を抜く」って社会人としては必須のスキルですからね。力の加減しないですべて全力投球する人ほど、仕事の質が低いから。

質問者さんに専業主婦を理解する必要はないと思いますよ。自分がいいと思う人生に向かって頑張るのみ。高校生だったらまだまだいろんな可能性があるね!いいな、若いって。笑

投稿日時 - 2010-08-05 09:37:11

ANo.7

選択肢が増えてきたというだけだと思います。

大学に行けるし経済的に親が出せるけど、高校に行かずに働く人
どうしても大学に行きたいと自力で学費を稼いで出している学生
大卒でも専業主婦希望

実際に結婚すると「希望」が消えることがあります。夫の収入次第では働かなくてはいけませんし、同居でどうしても外に出たくて働きに出る奥さんもいますよ。
専業を望んでも育児と介護で優雅な暮らしじゃない妻も居ますし、専業になりたい!という希望は良いと思いますが実際に「優雅な専業主婦」は少ないと思います。
優雅な主婦は逆に忙しいようですよ、あらゆる繋がりの食事会や冠婚葬祭、エステに美容院で家で転がっていることは無いと思います。

家事もしなくていいお手伝いさんの居る専業主婦を目指すか?
ただ単に無職で家にいる主婦を望むか?働きたくないという妻の希望を叶えてくれる「理想の旦那さん」に出会えるならそれで十分幸せな事だと思いますが、希望する女性全員がそんな王子様と出会えるか?は別問題ですよね。

投稿日時 - 2010-08-05 08:06:51

ANo.6

専業主婦の夫です。

世の中には、専業主婦ではいたくないけど専業主婦をやっている人、好きで専業主婦をやっている人、働きたくないけど働いている人、好きで働いている人がいます。ちょっと極端な分け方ですが。ここでは、いろんな理由があって、働きたくても働けない(仕事が都心に集中していることもそう、介護しなくてはいけないおじいちゃんを抱えている場合もそう、保育所がない場合もそう、もちろん本人の体が悪い場合も、ほかにもいろいろある。)人を除いて考えます。

専業主婦は結構好きなことをしています。うちの妻も一番上の子供が幼稚園に行く前は、なぜか平日5日のうち4日は出かけていました。子供を遊ばせる口実で、ママ友達と過ごしていることもあれば、習い事とかそういうこともあります。家にじっといるわけではないので、掃除も洗濯も食事も、大変さは共働きの家庭とそう変わりませんが、楽しく過ごしているようでしたので、それはそれでよかった、と思います。

ところで、こういう生活は、怠けているし、日々遊んでいてそんなんでいいのか?とそう感じる人も入ると思います。ご質問からも、そういう気持ちが、少し伝わってきます。

ちょっと話は変わります。子供を預けて働いているお母さんです。別に専業主婦でも生活していけるんだけど、バリバリ社会に出て働きたくて、子供を預けて働いている、そういう人を考えます。会社で働くのは、お金を貰うことなので、勿論相当に辛いことがありますし、まだまだ日本は男性社会ですので、理不尽なことも多いです。すごく立派だと思うんですが、視点を変えると、経済的に困窮しているわけではないのに子供を置いてまで辛い環境に身をおく理由は、働くことによって社会に貢献する満足が得られ、仕事を通じてたくさんの人と接することが楽しいから、なのだと思います。結局、自分の満足のために好きなことをした結果が、働く、という選択だったわけです。

働くお母さんも、専業主婦のお母さんも、自分の好きなことをしているだけで、大きな違いはない、というのが私の意見です。


最近の女性が、専業主婦を望んでいるか、は良く分かりませんが、1つ例があります。
子供を産むために休みを取った女性の約半数は、復職が期待されていたとしても、そのまま退職してしまうのだそうです。生後2,3ヶ月で復職するかたもいらっしゃいますが、おおくは8ヶ月から1年は育児休暇を取得して、その後復職します。その子育ての間に、子供が可愛くなって、離れがたくなって、仕事よりも子供を選んでしまうのだそうです。それも生き方です。

ご質問の中には、お母様が働いていて良かったことがたくさん書かれていましたので、片親が家にいることでどんな良いことがあるかも、いくつか書いておきましょう。大抵は子供が小さい時ほど、家に親がいるといいもので、学校に行き始めると、あまり変わらなくなります。むしろ親が働いている方が、子供の自立心が養われるかもしれませんね。
・1日を通して自分で子供の面倒をみることで、子供の成長を目の当たりにし、感動することができます(親の視点)
・経済的に共働きをしなくてはいけない、シングルマザーなどそういう人に保育所の枠を残してあげられます。
・子供としては保育園と違って毎日違うところで遊べる、という楽しさがありますし、知らない友達と会う機会が増えます。
・乳離れが遅くても大丈夫です。
・子供が病気になったときでも、仕事でなければ気兼ねなくキャンセルできます。
・歳の近い兄弟姉妹でも、育てやすいです。


これからの時代、だんだん女性も働きやすくはなりますが、出産・育児のブランクが長いことは、依然として復職の障壁になると思います。せめて子供が学校に入ってから、と思う母親は多いようですが、実際には5,6年のブランクの後に復職できる会社など殆どありません。そういう理由で2社択一を迫られるという厳しい現実があり、そこで子供ともっと一緒にいたい誘惑を振り切って、復職した人だけが、長く勤め上げることができるのです。実際にその時が来ると、きっと考えさせられると思いますが、今の社会に出て働き続けたいという気持ちは、是非大事にしてください。

投稿日時 - 2010-08-05 01:50:09

補足

確かに、女性の育児・出産に対する会社の理解はもっと必要かなと思います。
社会復帰するのって大変なんですね。
専業主婦やっている方々はそれぞれ事情があるのだろう、というのもわかります。

ただ最近の女子大生へのアンケートで、高学歴女性が社会に出ず主婦になりたいという願望を持ってることに驚いたんです。

投稿日時 - 2010-08-05 03:09:25

ANo.5

一生懸命働きながら、あなたのことを育ててくださったお母様を尊敬して、
同じようなスタイルで生きたい、と考えていらっしゃって幸せなことだと思いました。

私は、就職をしたときはいわゆるキャリアウーマンを夢見て駆け出し、結婚、そして
妊娠したときに、専業主婦を選んで退職して、今はこの生活に満足しています。

まず、専業主婦であった母がしてきてくれたことを、今度は自分も子供にてあげたいという思いが
ありました。

学校から帰ってきたら、一緒にお菓子やパンを作ったり、夕方、おつかいにつきあいながら
たわいもない話をして道端の花や夕焼けを見たり。ボランティア活動で、たくさんの人に感謝
されていたことも尊敬していました。バッグや巾着袋、素敵な刺繍をしてくれたり。

専業主婦といっても、幅は広いと思います。手を抜けば限りなく抜けますし。私は母のことを
怠けている、と思ったことは一度もありません。むしろ、お母さんって大変だな~って思ってい
ました。

私が働いているときは、夫にもそれ相応の家事を要求。専業主婦になったら、夫が働いてくれている
ことに感謝の態度もあらわれ、夫も家事をしている私にねぎらいの言葉もかけてくれて、円満に
やっていると思います。

専業主婦なので、掃除は基本、毎日です。かなり細かいところまでやります。料理もできあいのもの
は買ったことはなく、おやつも含め、基本手作りです。子供は園と小学校に行っているので、
園や小学校で読み聞かせなどのボランティアを積極的にやっています。

なので、毎日暇だと思うことはまったくありません。

あなたのような疑問をもった方に、参考になりそうな本をご紹介します。
科学者である吉成真由美先生の「やわらかな脳のつくり方」に、「ウーマンリブの誤算」
という章があるので、機会があったら読んでみてはいかがでしょうか?

「家庭」は主婦の寄生虫である。自立していない女は人間以前である」と70年代に、B.フリーダンと
いうウーマンリブ運動の旗手である人が提言したそうです。

吉成さんはこれを誤りとしていますが、主婦の仕事がきちんと理解されていないからそうです。

主婦の仕事とは、本来、最低でも5つに分類され(健康管理、経済管理、教育管理、庶務管理、
アート管理)、子供がひとり増えるごとに倍増すると記述されていますが、これは、自分が専業主婦なので、納得できます。

アート管理とは、暮らしを楽しくするために、インテリアをコーディネイトしたり、家族の身だしなみにも気を配るといった感じですね。なければないで済むけど、あると人生が
豊かになる。経済管理はしっかりレシートを整理し、家計簿をつけ、ライフプランニングしながら
貯金をすることですし、健康管理は子供の傷の手当てから、精神的にまいった家族の精神科医的な
ことから、健康的な食事を作ったりすることも含まれています。

もちろん、女だからといって、脳は同じ形にできているわけではないので、この仕事をまっとうして
満足な女性もいれば、夫と分担したほうがうまくいく、または、自分は外に出たほうが能力を発揮でき
るという人もいて、それぞれだ。みんなが、みんな同じことをしなくてはいけないと考えることが
おかしい、というようなことが書いてあります。

私も、そう思います。お母様のようにキャリアウーマンできちんとあなたのような女性を育てあげた
方も尊敬しますし、自分の母親のように、うちでその能力を発揮して自分たちを育てあげた女性も
尊敬します。

金銭的にどうしても働かなくてはならない場合もありますし、本当に一概に「女性は専業主婦が
いいんだ!」「外で働いてこそ社会の一員!」ということは言えない、いろんな形があるって
つくづく思うんです。

投稿日時 - 2010-08-05 01:24:05

お礼

とても丁寧な回答ありがとうございます。
私はずっと、社会に出て影響力を持って発信するのが夢であり、それがステータスだと思っていました

ただ貴方がおっしゃる通り、ボランティアなどで地域の子供たちと直接触れ合うのも素敵ですね。
家族の幸せの形が何なのか。それが大事なのでしょうかね

紹介された本、時間があれば読んでみたいと思います。

投稿日時 - 2010-08-05 03:15:25

ANo.4

20代前半男性です。
大学でそのような専業主婦になりたい!という友人はマイナーでした。
逆に、働きたい!あれもしたい!というような友人もマイナーでした。
欲しいものがあるからとか、仕方ないから、仕事する、という友人が大半でした。
(自分の大学が中途半端な大学なせいでしょうか。)

考え方がおかしいのかもしれませんが、自分は、怠けだとは思いません。
その家事をしてくれた分を自分の給料でシェアするのが夫と妻の関係だと思ってるからです。
でも、怠けられるから専業主婦って人もいるでしょうね。
が、日々できない家事を妻に託す男も怠けですよね。
(掃除洗濯料理以外に、家庭内でのトラブル対処(例えば、エアコン壊れた、だったり)起こったりしたときを考えてます。)
人の分も行う家事をしているのにもかかわらず、お金を直接的に貰えないのが専業主婦です。
そのため価値が低くみられる原因なのではないでしょうか。

また、働きたくないのは、働く<楽するの感覚が強いだけなのでは?
逆に聞きたいですが、あなたはなぜ働きたいのですか?お金?地位?働いている自分がかっこいい?社会貢献?何でしょう?
自分の場合全部、ほぼ自己満ですが。
働かないで生きていけて、楽できて好きなこと出来て、という欲があるから働かないのでは。
率先して働きたい人なんて、半分以上自己満の世界じゃないかと思ってます。

そして、あなたはなぜ、専業主婦にならず働くべきだと思うのでしょうか?
わたしも、あなたの、ほぼすべての人が働くべきな理由がわかりません。
自分が満足するようにそれぞれが生き方をチョイスし、生きればいいだけなのでは?
なぜ専業主婦を否定するのでしょう?

論理的でないですが…思ったことをただずらずら書いてみました。
駄文失礼いたしました。

投稿日時 - 2010-08-05 01:13:38

釣りかな…と警戒しつつも回答してみます。
34歳、専業主婦です。
別にダンナは高収入ではないですが。

>高収入の男性と結婚して養ってもらうなんて怠けじゃないんですか?
>身体的な問題があって仕事できない人は仕方ないと思うのですが、
>それ以外は働くべきだと思うのです。
あなたが働きたいなら働けばいいですけど、専業主婦が皆怠け者呼ばわりはちょっと過激ですね。

>食事はともかく、掃除なんて毎日する必要あるんですか?
>それに食事だって1時間もあれば充分でしょう。
毎日する必要ありますよ。
仕事がある人は「平日できなくて仕方がないから」週末や夜間にするだけです。

私の母もあなたのお母様と同じ「バリバリのキャリアウーマン」にあたる人でした。
商社の総合社員だったので、そこらへんの男性以上に稼いでいました。
私もそんな母を見て「かっこいいなー」と思っていました。
母の実の両親と同居でしたので、私たち姉妹は寂しい思いもせず育ちました。

ところが私の就職した会社は小さな会社で産休がないと言われ、本当は続けたかったのですがなんとなく「そうですか」と辞めました。
子供2人に恵まれ、小さいうちは一緒に居たくて専業主婦になりました。
今は小4と小2になったのでもうそろそろ働きに行きたいのですが、あなたの言う「怠け者」の専業主婦(笑)でも昼間の用事が多くて、あと2年くらいはこのままいようかなという感じです。

>身体的な問題があって仕事できない人は仕方ないと思うのですが、
>それ以外は働くべきだと思うのです。
あなたが「働くべき」だと思うのは、「働いている親の姿は素敵だから子供に見せた方がいい」ということですか?
その意見も間違いではありません。
でも、世の中の専業主婦はみな子供に尊敬されていないかと言えばそうでもありませんよ。
もしあなたのお母様が専業主婦なら「家庭を守ってくれてありがたいな」と思うことでしょう。
働いていない人がみんな「働くたくない」わけでもないですしね。

大人になるまでにもっと広い視野を養ってくださいね。

投稿日時 - 2010-08-05 00:57:23

ANo.2

今の時代は共働きがほとんどみたいですよ。専業主婦など昔の考え方です。主婦でもパートやアルバイトをしている人は専業主婦ではないですから。

投稿日時 - 2010-08-05 00:51:53

ANo.1

まずお伝えしたいのは、「専業主婦」という存在は日本が高度成長期を迎えた1970年代辺りに生まれたものだということです。
それまでは女性も男性も関係なく、家族全員で農業等の家業を行って稼いでいる人がほとんどでした。
高度成長期を迎えた後女性が「専業主婦」になって外で働かなくなったのは、
男性が「サラリーマン」として安定した収入を得られるようになったからです。
当時は終身雇用制がしっかり機能していたし、年齢とともに給料も上がっていることが保証されていたので、
女性は安心して家庭に入ることができました。
更にいえば、女性たちが「専業主婦」を選んだというより、そうなることが当たり前の時代だったのです。

しかし今の時代はそうではありません。
女性だろうが男性だろうが、正社員になれても一生安定した収入が得られる保証はありません。
こんな時代に「専業主婦」になるというのは、かなり高リスクなことなのです。
ですから、あなたが「バリバリ働きたい」と思っているというのは、私はとてもいいことだと思います。
よっぽど高収入で将来が保証されている男性と結婚しない限り、
働きたくなくても働かなければ生活できない世の中に、既になってしまったのですから。

以上のような状況であるにも関わらず、「高収入の男性と結婚して専業主婦になりたい」と婚活に精を出す人が多いのは、私もいささか奇妙に思います。
メディアの影響か、女性を職場に送り込んできたフェミニズムへのバッシングの反動なのか・・・・。

婚活ブームの裏にどんな背景があるにせよ、これからは女性もどんどん働く時代になります。
そういったことを示唆する本も沢山出てますので、探してみてはいかがでしょうか。
(山田昌弘さんらの『婚活時代』など)


長くなってしまってすみません。
一生懸命働くお母様を、家事を手伝うことで支えているあなたはとてもえらいと思います。
共働きが当たり前の時代になったのだから、男性ももう少し家事育児をやるようになってくれるといいですよね・・・・・。

投稿日時 - 2010-08-05 00:40:22

あなたにオススメの質問