こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「企業年金基金 脱退一時金について」

「企業年金基金 脱退一時金について」

企業年金基金 脱退一時金について教えてください。

今年1月末に正社員で勤めていた会社を退職し、今は無職(専業主婦)です。
その後、○○市○○厚生年金基金から通知があり、

■脱退一時金の受給について
(1)当基金から脱退一時金を支給するか
(2)他の企業年金制度への転換
(3)企業年金連合会への転換
(4)国民年金基金連合会への転換
の選択を1年後(または再就職後3ヶ月以内のどちらか早いほう)までに
するように、とのことでした。


個人的には、今すぐに脱退一時金として受け取るよりも
年金として受け取ったほうが得かな?と思っているのですが
再就職先を探しているということもあり、まだ基金に連絡をしていません。
再就職をしてその会社が企業年金制度を持っていれば(2)、
そうでなければ(3)にしようと思っています。

ところが、まだ何の通知もだしていないのに
「年金の引き継ぎのお知らせ(年金支給義務継承通知書)」というものが
届きました。
これって何なのでしょうか?
申請していないのに勝手に(3)に切り替わったということでしょうか?

5月末日付で企業年金連合会が引き継ぎました、と書いてあります。。。


■加算部分の給付について、2つから選ぶこと、と書いてあります。
(1)資格喪失時に速やかに脱退一時金の受給を行う
(2)資格喪失時に速やかに企業年金連合会へ脱退一時金の転換を行う


上で言っている脱退一時金と、下で言っている脱退一時金は別物でしょうか?
また、すでに企業年金連合会が引き継ぎました、と書いてあるということは
もう何もしなくても良いということなのでしょうか?


色々とネットでも検索したり企業年金連合会のHPも見たのですが、
全くわかりません。。
年金に関して、全く無知でわからないので申し訳ないのですが
優しく教えていただけると助かります。

宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-08-05 19:34:09

QNo.6089309

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

28人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

厚生年金基金からの脱退ですね。
厚生年金基金では、厚生年金の報酬比例部分の代行運用(代行年金)と、基金独自の運用の加算年金の2つの違った年金を含んでいます。この2つの年金は脱退すると扱いが違います。

代行年金は厚生年金の代行ですから、基金から脱退しても将来老齢厚生年金が受給できるようになるまでは受け取れず(つまり脱退一時金はない)、資金は自動的に企業年金連合会に移されます。将来基本年金として企業年金連合会から受け取ります。
企業年金連合会から引継ぎの連絡が来たのはこちらのほうだと思います。

加算年金は脱退一時金で受け取るか、企業年金連合会に移して将来通算企業年金として受け取るかの選択ができます。上の代行部分とは別に加算年金の扱いを選択してくださいとの案内です。
厚生年金以外に別の企業年金が無かったとすれば脱退一時金について言っているのはこの加算年金のことになります。


最初のほうに書いてある、「■脱退一時金の受給について」については背景が良くわからないのですが一般的な企業年金意の選択について言っているような気がします。厚生年金基金からの脱退では国民年金基金連合会への移換はありませんから。確定拠出年金からの脱退なら国民年金基金連合会への移換はありますけど。

投稿日時 - 2010-08-07 19:19:16

あなたにオススメの質問