こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

定年退職し、海外で、英語を学びたい…

定年退職し、海外で、英語を学びたい…

うちの父が定年退職し、長年の夢だった英語を本格的に身につけたそうなので何とか叶えてあげたい気があるのですが。

 今まで英検準2級を2年前にとったものの、なかなか喋れるようにならないと言っています。毎日、NHKの「ラジオ英会話」を何度も何度も聞き、英検の問題集をひも解く姿を時折みると何とかしてあげたいと思うのですが、

 海外に行った人やそういう人を知っている人に聞くと、やっぱり本場の英語を話す環境に浸かってしまった方がいいというのです。

 ただ、うちは全く知っている人がが海外にいるわけでなく、お金もそんなにあるわけではないのですが、どうしたらそういうことが実現できるでしょうか。

 少し詳しく教えてください。
 学べるような環境があるか、費用とか、期間とか 若干のアルバイトくらいはできるのかとか、寝泊まりの方法(ホームステイ、宿泊所、アパートを借りるなどなど)

 この程度の知識では本当に恥ずかしいし、叱られそうですが、詳しい情報を知っている方教えてください。

 希望はアメリカが第1、それからカナダ、オーストラリア・ニュージーランド、イギリス、ヨーロッパと続きます。(あまり順序はこだわっていないようですが)。アジアの国々でも英語を公用語にしている国があり、費用も安いのですが、おう高齢者なので、暑い国は厳しいかなと思います。

投稿日時 - 2010-08-06 17:18:21

QNo.6091322

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんばんわ。私はオーストラリアに25年、ケアンズに18年住んでおります東京出身の者です。またこの1,2年前から当地ケアンズに定年退職された日本人老夫婦や単身で英語を学び老後をのんびりした広大な自然に恵まれた当地で過ごされる方が増えてきています。私も個人的に何人かお世話させていただきました。旅行会社や当地で退職者を対象とした長期滞在斡旋サービス提供会社をやっている者も友人としていますがなんとこの手の機関はぼったくり。金、金、金です。
アメリカも中南部、アラバマ、アーカンサス、ニューオーリンズなどはまだ比較的物価も安いですが、治安となると問題あり。カリフォルニア、ニューヨーク、ハワイは日本人が住みすぎ。日本語だけでも暮らせてしまいますから意味無し。オーストラリアも大都市(シドニー、メルボルン、ブリスベン、ケアンズも小規模都市(人口わずか15万)ですがは日本人定住者やワーキングホリデーの若者日本人がたくさんいます。)ですから、英語修得を本気で考えているなら、田舎に行き極力日本語を使わない環境に自分を強いれば否応無しにも上達しますし、その国民の気質や習慣、考え方の傾向などもよくわかります。私も今から40年前にメルボルンの北300キロのところで高校に行き、その時はもう一人フィリピンから来たロータリークラブの交換留学生と私だけがアジア人だったという時代。でもすぐ英語は覚えましたし、小さい時から興味があって習っていたのでなんの支障もなく現地社会に溶け込めました。
オーストラリアは比較的親日国家。ケアンズは日本から観光客が未だに飽きずに来ますので、日本人は珍しくありません。語学学校もホームステイも体制は整っています。亜熱帯気候ですが、日本の梅雨を生きられるならこちらもさほど無理なく過ごせます。ダイビング、ゴルフ、森林浴、釣りなどなど自然を満喫するにはとてもよい楽園です。
ただしこの、4,5年のインフレで物価はアメリカより割高。ホームステイか下宿(自炊で部屋だけ借りる)で贅沢せずに暮らしても最低13万~15万は生活費として必要です。
JETSTAR(ジェットスター)というカンタス航空の子会社の割安航空会社が毎日東京と大阪に飛んでいて料金は安いです。一年間住まれて、その後毎年夏休みになると必ずケアンズに休暇に来るという方もいます。このご夫婦に言わせると、ケアンズはゴールドコースとやシドニーほど人がすれていないし、とにかく物質的刺激誘惑がないので住みやすいとの事。
以前、フィージーが物価的には英語圏では一番安いので3ヶ月ほどホームステイをしたという日本人主婦に会いましたが、確かに物価は安く人もみな親切でいいのですが、英語はやはり現地人のなまりありで正当な英語が身につかなっかたとこぼしていました。
でも、英語圏に行く前に、ラジオ講座やインターネットの講座(低額コースもあり)やネーティブスピーカーのレッスンに通われ少しでも外国人と付き合うのに必要な言葉だけでなく、習慣、風習、文化、歴史と接すられる機会を持たれるようにお勧めします。郷に行っては郷に従えとは古人は賢いことを言ったものです。
オーストラリアとよく比べられるのがカナダ。カナダは気候的には四季もあり広大。異文化や外国人との接触についてはオーストラリアより寛大で多くの移民を引き受けています。私もカナダは寒い冬さえなければ気に入っている国のひとつです。
ホームステイが英語や生活習慣を体得するには一番良い形態と思います。日本の文化紹介のためにも日本の歌や、男性でも日本料理のひとつや二つは披露できるよう準備し説いた方がいいですよ。また、お父さんの趣味や興味はなんですか。引退なされたのですから、今までやりたくても出来なかったことをも一緒に実現できるよう考えに入れられたら良いと思います。私も今月で55歳。一寸(大分?)早いのですが今年3月引退し、若い時からやりたい事のひとつだったドイツ語修得のためドイツに2、3ヶ月旅行と休暇を兼ねて近い将来行こうと計画中。その後はかなりかじった中国語の修得と、あと旧満州を訪ね、変貌した現代中国と昔の中国の歴史文化、人民の心情の推移などを自分の目で見たいです。
大学の夏休みなどの短期集中コースやら、ケアンズでも語学学校ははいて捨てるほどありますが、本気で英語を勉強したいならジェームズクック大学の留学生英語コースをお薦めします。www.jcu.edu.auで調べられます。

お父様の夢の実現を援助されている娘?さん。感心します。どうぞ無駄なお金を使われる事なく極力希望あった方法が見つかりますよういろいろお調べください。もっとケアンズの情報が知りたければ何なりとご連絡ください。

投稿日時 - 2010-08-06 19:50:54

お礼

今晩は お忙しい中こんなに詳しく丁寧に回答をいただき本当に感謝しています。

 私も結婚したばかりで、私自身そろそろ妊娠して赤ちゃん産みたいと思っているので、お金の援助はさしてできないし、父も年金だけの生活なので、お金はかけられないけれど、40年以上も頑張ってきたのだから、そんな翻訳者になるわけでないし、生活ができる程度に会話が楽しめればいいのかなと思います。

 父もハワイのように日本人ばかりでは刺激にならないと申していますし、それほど積極艇に社交ができる人でもないので、静かな雰囲気の所がいいかもしれないです。

 父の趣味は、とりたててないのですが、ちょっと遠出のウォーキングや里山歩き、鉄道で一人旅をしては、その先々で写真を執ってきては、パソコンに取り入れて、気にいったのをプリントアウトして部屋に飾ったり、人にあげたりするのが嬉しいみたいです。
 また、街をウォーキングしたりして、外国人がいると、必ずではないけれど話しかけたりして、今日はこんなこと話して通じたみたいと嬉しそうに話したりします。

 お話を聞いているとオーストラリアやカナダがよさそうですね。
父もよくオーストラリアやニュージーランドに行って太陽が(見掛け上)北半球と反対に動くのを見たいとか、カナダで大陸横断鉄道に乗りたいとか(10年くらい前にNHKの朝のニュースの中でカナダ横断をしていたのを見て、あそこに行きたい行きたいとよく言ったりするのでそのどちらかかどっちでもいいのかなと思います。

 本当に厚かましのですが、このgooで伝達できる程度(*)でいいので資料などの入手先など教えていただけると嬉しいです。<*住所・氏名・その他のことは抵触しますのでできないので、できないことはできないでいいです>

 オーストラリア・ケアンズは住みやすいようですね。
 カナダは気候的には四季もあり広大。異文化や外国人との接触には寛大

ホームステイが英語や生活習慣を体得するには一番良い形態

父はよく料理はするし、その気になれば簡単な日本料理の披露はなんとかできそう…母よりずっとうまいです。習字も一応は段はあるみたいだけど、(教えたことないから腕前は不明です)。

投稿日時 - 2010-08-06 23:12:54

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

www.livingincairns.com.au
www.25today.com
www.southerncrosstimes.com
www.ケアンズの達人.com
www.cairnsshowkai.comなどにいろいろ役立つケアンズやその他の豪州主要地域の情報が載っています。

3ヶ月以上の滞在となると通常の観光ビザとは条件が異なりますので、オーストラリア領事館にてお問い合わせください。特に海外の健康保険の加入やできれば割安で補填のメリットが沢山ある海外疾病保険についても調べ、渡航する前に加入する事をお薦めします。(外国人永住権取得者でないと豪州の健康保険には加入できません。よって、病気や怪我の際、保険がないと膨大な料金を実費徴収されます。)

東京に(財)ロングステー協会という団体機関があり海外長期滞在の方に情報を流しています。会員制で、はっきりいって応対あまりよろしくないですが参考までに電話番号を記します。03-3505-4477

ケアンズにも観光の目玉の一つとなっているキュランダ鉄道があり、毎日観光客を乗せて、険しい山間を通り、途中バロン川の滝を見たりしながら走る、開拓時代は錫の採掘運搬に使われていた可愛らしいSL機関車が走っています。
日本からも鉄道マニアの方々が来られ、この鉄道だけでなく、サバンナ鉄道(ケアンズから西へ行くオーストラリアを代表する典型的なアウトバック(奥地ーアメリカの西部とはまた一寸違う)を走る鉄道、ケアンズーブリスベンーシドニーメルボルンーアデレードーパースと豪州の主要都市地域をつなぐ鉄道といろいろあります。メルボルンーパース間はGUN鉄道として欧州のオリエンタルエクスプレスに匹敵する高級ロマンス鉄道として売っています。
とにかく豪州は広大。(国土は日本の14倍)少し荒いですが、純粋素朴な飾らないザックバランな豪州人。また国土が広いのと少ない人口(20101月現在2千百万人ー日本人口の約6割)ですから日本人みたいにちまちました事は言いませんし気にしていたら生きていけません。いまだに頭首国である英国の気質をついで徹底した個人主義。白人が入植してきてからわずか200余年のまだまだ歴史的には若い国。労働人口も大方一次及び三次産業に携わる労働者階級。(不思議な事に一応先進国と呼ばれる豪州ですが、製造業が他の先進国に比べるとダントツに少ないです。-今後のこの国の課題の一つ)。法律を守り、社会の一員として義務を果たしていれば、社会的地位など関係なく、首相であろうが、上司、教授、医者、弁護士であろうが名前で呼び捨ての、能力さえあれば誰でも出世できる、ある意味では理想に近い男女同権平等社会です。近年は米国人の移民をもが増え続けたいます。(米国は資本主義の究極国家。貧乏人には健康保険も無い国。虚実と欺瞞に耐えられなくなった米国人の働き盛りと退職者の永住移民が増加しています。)

私も色々な国に生活する機会に恵まれましたが、なんと行っても現地の言葉の習得。言葉さえできれば、その国の人達と意志の疎通が容易ですし、言葉が出来る事でその国の文化、歴史、生活様式などが一挙にわかります。
とかく日本人でたとえ長く外国に住まわれていても、言葉のハンディを良い口実として何年いても現地のことに疎い方がままおられますが、これは未だに「島国根性」と呼ばれる悪い癖。折角の恵まれた好機を活用しておられず長い目で見て大変に残念なことです。わかってやろうという態度さえあれば何事も克服可能です。間違って当然。恥ずかしがらずに、相手を理解し、自分も解かってもらう意気込みで臨むことです。(日本人できちんと敬語も使い分けれる完璧な人今の時代一体何人いますか。それと同じで、英語を母国語とする人でも間違った文章や口述をする人も勿論います。しかし、要するに会話ならまず相手の言わんとすることを解かればいいのだし、こちらの意見を伝えられればいいわけです。幼児だってできます。)私の両親も海外生活が長かったのですが、今や亡くなった父のいいつけは、「外国に来てまで日本人と付き合いたいなら、日本に帰れ」といった簡潔明瞭なものでした。私も賛成です。

これが一番大事です。異文化を体験し良しも悪しも両方消化しエンジョイするといった寛容な態度が海外生活では成功の秘訣です。その代わり、国籍、宗教、人種を超え、心の通う真の友達が沢山出来て、これはかけがいのない私の財産です。その友達らとの二代、三代にわたる交流、訪問したり訪問されたり本当に人生を豊かにしてくれる人間関係。何物にも勝ります。異文化体験は自分を人間として大きく成長飛躍させるのにはこの上ない絶好の機会です。観光旅行なんかでは味わえません。

投稿日時 - 2010-08-07 10:24:52

ANo.3

ケアンズはすてきなところですね、私も昔ダイビングに行きましたよ、まだステイーブ アーウインが元気だった頃ね。

 で、オーストラリアのことは詳しくは知りません。

 が、カリフォルニアが、日本語でくらせるかというと、それは甘いですね。場所にもよるでしょうしね。

 日本人が密集したジャパンタウンなどでも、日本語通じないですよ、日系人だけれど日本語、わかってもはなせない人とか

 いますからね。

 まあ、そういう印象があるのか知りませんが、それは大きな間違いです。

 そういう日本人が多い企業で働けばそういうこともあるかもしれませんけれどね。

 治安は、ケアンズのほうが良さそうな気がするのですけれどね、のんびりしていますしね。

 アメリカは、多分住んだら耐えられなくなる可能性もあります。まあ、好きずきだと思いますが、

  英語がわかるほどにローカルニュースを見ていると、つらくなるのじゃないでしょうかね。

  楽しいということ、会話ができる程度になるってことが大切なので、のんびりできて、リラックスできる場所が

  良いと思います。

  気候もケアンズあたりがいいと思いますけれどね。

  それに、どうしても困ったら日本語ではなせるのも大切だと思いますよ。

  特に高齢者となるとそう思います。

  アメリカは、セルフデイフェンスをしなければならない国、いつも自分が警官か自衛隊にでもなったつもりで

  暮らさないと、最近はどこもそれほど治安の差はないと思います


 

投稿日時 - 2010-08-07 07:38:44

お礼

ありがとうございます。
ケアンズは北部の都市ですね。
オーストラリアがいいかしら。よく父に聞いていたいと思います。
時間差が少ないので、電話連絡のとき、欧米と違って夜夜中に電話が入ったりということもんあんまりないですよね。

投稿日時 - 2010-08-07 11:53:50

ANo.1

初めまして
現在、お父様と全く同じような考えを持つ
52歳の会社員です
お父様の願いを叶えてあげたいなんて
優しい方ですね。

内なんか今から親子して反対されています

そんな中、いつもこっそり探しているんですが
近場でグアムと言うのが私の考えです。
何度か訪問しましたが
いよいよ困ったときには日本語が通用するし
現地に語学学校もあります
暑いとは言え、日本ほど湿度も高くないし
過ごし易いですよ。
行けるものなら今すぐにでも
お父様とご一緒したい位です。

是非ご希望叶えて下さいます様
お祈り申し上げます。

投稿日時 - 2010-08-06 17:31:32

お礼

ありがとうございます。
グアムは近いですね。いろいろ考えを聞いて確かめてみます。

投稿日時 - 2010-08-07 11:49:38

あなたにオススメの質問