こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

おすすめの医療保険とがん保険の組み合わせを教えてください。

おすすめの医療保険とがん保険の組み合わせを教えてください。
医療保険とがん保険の加入検討中です。

オススメの保険や実際に加入している保険などを教えてください。
オススメのポイントや、何が決め手で加入したのかなど知りたいです。
参考にさせてください。32歳、女性、独身です。

保険を選ぶ際のチェックすべきポイントなどもお願いします。

希望条件は

一生涯続く保障。
手術の保障範囲(種類数)は広いほうがいい。
外来手術(入院しない手術)でも手術給付金が出るほうがいい。

がん保険
上皮内がんでも保障
一時金が何度でも出るか、初回に沢山もらえる
診断されたときにもらえる。

今検討中のもの
オリックス「CURE」
ひまわり「健康のお守り」
アフラック「新EVER」
アリコ「やさしくそなえる医療保険」
ソニー生命「総合医療保険(無配当)」

がん保険は
オリックス「がん保険Believe」
ソニー生命「終身がん保険(08)無配当」
東京海上「がん治療支援保険(無配当)」

などです。
それぞれの違いや、メリットデメリットあれば知りたいです。
ここに書いた以外のものでも良いものがあればオススメしてください。

あと特約の付け方。
女性特約って必要なのか?
通院保障って付けるべき?
三大疾病特約や生活習慣病特約ってどうなのか?
保険料免除特約について

なども知りたいです。
なるべく安くて希望に合うものを見つけられればいいのですが。
医療保険とがん保険を合わせて月額1万円以下の予算で考えています。
年払いにしたほうが安くなるらしいので年払いで考えています。

それとネット通販での申し込みのデメリットとかありますか?
何社か保険代理店で今相談中なのですが、もしも同じ保障内容で通販のほうが安くなるのなら通販で申し込んでもいいのかなと思っています。代理店で申し込むほうが安心感はあるのかもしれないですけど。

今月中に保険決めたいのです。
アドバイスどうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-08-07 09:54:35

QNo.6092623

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

好みにもよりますが、個人的には医療保険はひまわり生命の「健康のお守り(先進医療特約付き」、ガン保険はアリコの「終身ガン保険(保険料払込免除特約付き)」がおすすめです。
いずれも入院給付1万円ずつ、ガン診断100万円であれば総額7,000円以内で済むはずです。
余裕があるなら医療保険を60歳払い済みにしてしまうか、あるいはガンの入院給付金を2万円、診断給付金を200万円にするっていう方法もありますが、むしろ余った部分を貯蓄に回したら良いでしょう。


女性特約って必要なのか?・・・無理して付加する必要はありませんが、付加しても負担が少ないなら付加すれば良いでしょう。

通院保障って付けるべき?・・・ガン保険には付加した方が良いと思います。抗がん剤治療をする際の一部負担軽減にはなるはずです。

三大疾病特約や生活習慣病特約ってどうなのか?・・・無理して付加する必要はありませんが、付加しても負担が少ないなら付加すれば良いでしょう。

保険料免除特約について・・・アリコのガン保険は30代であればそんなに保険料がアップしないので付加することをおすすめします。

ネット通販での申し込みのデメリットとかありますか?・・・ご自分で理解できていればデメリットはありません。ただ理解できているとすれば逆に、ご自分でプランを固めた上で担当者を呼ぶことをおすすめします。保険料は変わらないのですから担当者がいるのは便利です。(人にもよりますが)
全部の保険会社が対応しているかどうかはわかりませんが、ひまわり生命、SONY生命、アリコはコールセンターで依頼すればきちんとした担当者を派遣してくれるはずです。

投稿日時 - 2010-08-21 14:40:26

ANo.2

こんにちは、では早速お答え致します。
【医療保障】
・基本的には終身タイプが良いです。現在は超高齢化社会ですよね、特に女性は長生き(84歳)でこの先医療技術の進歩を考えれば90歳近くまたはそれ以上の可能性があります。万一の入院に備え生きる為にも必要と思います。保険料の支払い方法は年払いの方が安くなります。また払い込み期間の方法(20年間とか60歳までとか)によっても保険料は変わります。
・通販も良いと思いますが、私はきっちりと一生涯の担当者がいる方が良いと思います。大切なお金を長年にわたってお支払いになるのだから、保険知識や事務手続きや貯蓄や保障そのた相談できるパートナーが入れば心強いです。法律や税務も生涯のパートナーがいれば安心ですよね。ネットは煩わしさが無いのが良いのですが、困った時の相談は文字では難しいですよね。人と人が対面して大事な命とお金のお話をする方法をお勧め致します。
・1入院60日型が一般的です。平均入院に数は35日、60歳以上で45日。でも困るのが脳梗塞や骨折等のリハビリを伴う入院の場合には60日以上かかります。ですから120日をお勧め致します。
入院費は、現在の収入が不明ですが、独身女性なら最低5000円は必要です。通算で各社とも1095日近くの限度があります(ご確認ください)。また入院初日から給付金が出るタイプが良いです。
・総合的にはアリコ者の終身医療が良かったです。専門医紹介やセカンドオピニオン、健康相談その他付帯サービスがあり、安心できると思います。ちなみに専門医紹介やセカンドオピニオンのサービスのある会社もありましたが、調べてみたら違いがありました。
【がん】
・終身保険でも良いと思いますが、がん治療の技術は日々進歩していますので、私は10年ぐらいの定期タイプが良いと思います。がんのみ焦点を当てた保険なので意外と保険料は安いです。終身タイプには、がんと診断されたら以後の保険料免除になるタイプもありました。
・先進医療技術費特約は医療保険に付けるのが良いと思います。がん以外にも適用できる為です。
・東京海上やアフラック、アリコ、ソニー等各社一長一短ありましたが、診断給付金が何度でも出る、上皮内も50%分でるなどでアリコが良かったです。ちなみに私は20年前に終身タイプのがん保険に入りました。でも現在の方が保障内容が充実しています。ですからがん保険は定期タイプが良いです。
【特約】
・女性特約は不要と思います。三大疾病もあると安心いたしますが、不要です。まだ六大疾病特約なら良いです。通院については「がん」の場合は手術や治療後の通院が多いのです。私の父も、周囲の知人もがんの場合、特に通院は必要であると「生の声」を聞きました。

参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2010-08-08 13:20:48

ANo.1

女性疾病で入院したからって他の疾病より治療費が高くなることはない、
通院保険金は保障してもらえる金額が少ないわりに保険料が高すぎる、
三大疾病や生活習慣病も同じ。
保険料払込免除特約は実際に免除されるハードルが高く確率は1%以下。
という理由から、女性疾病・通院特約・三大疾病特約・保険料免除特約、すべて不要。
これらの特約をつけると何となく安心感が広がりますが、
その分保険料を多く払うことになるので不要です。

医療保険には過度な期待はしないことです。
32歳という若さで、1入院60日程度の医療保険が一生涯ないと何に困りますか?
「一生涯続く」「手術の範囲が広い」「外来でもOK」といっても
保険金が何百万円も出るわけではありません。
せいぜい数十万円ってとこでしょうか。
せいぜい何十万円程度の保険を一生涯持つためのコスト(保険料の総額)が
何百万円にもなるか、計算してみてください。
医療保険に一生涯も入るのがアホらしくなるはずです。

保険代理店や保険会社は保険を売ることが仕事ですから、
あなたの不安をあおってあの手この手で説得にかかるでしょう。
説得されたあなたも「これで一生安心!」といって
なくても特に困らない医療保険を買わされていることに気付きません。
入院日数がどんどん短くなる昨今(現在の平均在院日数は14日)、
入院日数に応じてしか保険金が支払われない医療保険の価値が
今後何十年も続くと思いますか?
代理店や保険会社からの情報を鵜呑みにせず、正しい選択をしてくださいね。

それでもどうしても「医療保険が一生涯欲しい!」と言われるなら、
終身払いにして保険料を下げて、医療保険はいつか辞めるようにしてください。
そのためにまずは医療費に使ってもいいような貯蓄を100万円程度作ってください。
1入院60日型の医療保険で100万円以上も保障されることはありませんから、
100万円貯まった時点で医療保険とオサラバする、ということです。

投稿日時 - 2010-08-07 13:12:55

あなたにオススメの質問