こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

21歳学生です。

21歳学生です。
2年前に母親が亡くなり、その後もスケジュールを詰めて忙しく楽しくすごすことで自分自身を保っていたのですが、半年ほど前から張り詰めていたものがぷつんと切れてしまって、
うつ病と診断され3月から心療内科に通って治療を受けています。

高校時代にフランスに留学していて、ホームステイ先は第二の家族のような存在です。
気難しい父親との二人暮らしもストレスが溜まって限界に近いので、フランスに行ってのんびりしたいと考えています。
大学には前期はいけなくて単位も取得できていないので、
後期は休学して9月半ばから半年くらいフランスに滞在し、また春から一年遅れでやり直せたらいいなと思います。(半年後に治癒してる前提ですが。。)
フランスでのんびりして、元気が出てきたらあとは農学系の学生なのでWWOOFをしてもいいなと思ってます。
フランス語は日常会話には問題なく、比較的英語の方がしゃべれないので将来のことも考えて英語も問題なく話せるようになりたいので、フランスではなくヨーロッパで英語圏の国に行ってもいいと思ってます。

それで問題なのが、うつ病のことです。
現在は週に一回通院しています。
海外旅行保険の中で唯一、AIU保険で31日以内の旅行なら持病に保険がおりるのと、
フランスのビザが90日以上の滞在だと必要なのと、
10月の終わりに友だちの結婚式が日本であるのと、
年末年始は父親のために帰った方がいいのではないかと思うのと、
保険の話とは逆になりますが、月に一度帰国して日本で診察を受けたらフランスで診察を受ける必要もないのではないかということで、
一ヶ月フランスに滞在して、一週間ほど帰国して…を3回ほど繰り返そうと考えました。

でもフランスのホスト(大親友)に、
「月に一度帰国するのはお金もかかるし、時差もあり身体的疲労もかかり、からだによくないのではないか。フランスでお医者さんにかかったらいいではないか」
といわれ、揺らいでいます。

お金(保険)のことが心配です。
日本の健康保険で払い戻しを受けられるというのを聞いて(http://allabout.co.jp/gm/gc/58198/)、フランスで診療を受けるのもありかと思い始めましたが、本当にできるのでしょうか?
海外旅行保険では、AIUの持病もカバーするのは31日までの滞在なので、
長期滞在には適応できないと思うのですが、例えば2ヶ月滞在するつもりで31日の契約を2つ連続で結ぶということは不可能でしょうか?

あとはビザも心配です。
90日までならビザは必要ないのですが、「半年間に90日以上の滞在は認められません」ということなので、月に一度帰国するとして一回の滞在が30日だとしても、4回は繰り返しできないということですよね?
帰国しないで90日以上滞在するならビジタービザを取れば問題ないですよね?
また、9月半ばから一ヶ月行って帰国することは決まっていますが、(結婚式出席のため)
その後2回目行くときにビジタービザをとって長期滞在することは可能ですか?
フランス滞在が合計90日を超えるなら、フランスではなく別の国にWWOOFしに行ったらいいのかなとも考えていますが、体調との兼ね合いがあって先のことはわかりません。

ちょっと混乱してしまっています。
個々の質問についてわかれば答えていただきたいのと、
総合的にこの質問文を読んで「もっとこうすれば…」とか別のアイディアやアドバイスがあればお願いしたいと思っています。
読みにくい文章で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-08-13 23:05:27

QNo.6107840

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

私自身も高校時代に父を亡くして、すごぐ不安になったものです。
生活的な後ろ盾をなくしたような、漠然とした不安感が常にあった気がします。
けれど、女親を失うということは、精神的なものの後ろ盾がなくなった感じではないでしょうか。

私の友人も3年前にお母様をなくし、その寂しさを埋めるために遊んだり、買い物をしたり、また父親との折り合いが悪いことで家にいない時間を作らなかったりしました。
現在、彼女は買い物依存症になりかけ、体調も壊して仕事も休みがち、もちろんお父様との仲は改善していません。
心の悲鳴に気付かず、目先の「息抜き」に振回されて、身体が悲鳴を上げ出しました。


・・・ここまで書いて、何を言いたいかと言いますと、acca-eve10さんには逃げて欲しくないと言うことです。
フランスに行って、やさしいホストファミリーに甘えて、癒してもらうことは良いことなのですが、それはあくまで「一時しのぎ」です。あなたの居場所ではありません。同じ疲れ、虚しさを感じるだけです。
本来、acca-eve10さんの心が必要としているのは、お母様が亡くなったと言う事実を飲み込むことです。
それはとても大変で、辛いことですが、父親とのぶつかり合いもなく逃げると、もう二度と向き合って本音をぶつけることもなくなってしまいますよ。
お母様に、お父様に、本来どうして欲しかったか、自分はどうしたかったか、できないけどどうすればいいか、自分はどう感じていたか、その気持ちをどこに持って行くか……整理することはいっぱいです。

まだ3月から心療内科に通い始めたばかりのようですし、できれば1年はじっくりと治療して頂きたいです。
お母様がどんなご病気で亡くなったかは解りませんが、友人は闘病していた4年間のうちにゆっくりと疲れて行った気がします。多分、倍以上の年数がかかるでしょう。

頑張っている人に、もっと頑張れというのも辛いです。
リフレッシュの旅行という気持ちでの渡仏は素敵なことです。楽しんで来て欲しいです。
でも「リフレッシュしたんだから、じゃーちょっと頑張ろう」という気持ちで、本来の自分と向き合って欲しいです。

投稿日時 - 2010-08-19 04:15:44

補足

[この質問全体に関してです]
結局、父親に病気のことを告白して話し合い、
幼なじみのおばさんの「フランスにいってのんびりするのはいいけどWWOOFとか新しい環境は難しいのではないか」などの助言もあって、
10月以降のことは父親を含めて医師と話し合うことになりました。
よって、保険やビザについての質問は一旦保留にさせていただきたいと思います。

9月半ばから一ヶ月、フランスのホストファミリーの元でのんびりすることは決まりました。
父親との関係も少し良くなったと思います。
まずはゆっくり休養かな…と思っています。
実際に肉親を亡くされた方からのあたたかいご回答、すごくうれしかったです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-29 22:57:58

お礼

joemさま、ご回答ありがとうございます。

「逃げて欲しくない」ということ、心に重く響きました。
確かにわたしはフランスに行くことで今の自分の現状から逃げようとしてるのだと気づかされました。

> 本来、acca-eve10さんの心が必要としているのは、お母様が亡くなったと言う事実を飲み込むことです。
おっしゃっていることはわかりますが、到底できそうにありません。
わたしが心に抱えていることを誰かに話すのも辛いです。
ましてや父親になんて…。

でも、この間父親と話をして4ヶ月隠してきたうつ病であること、
大学に行っていないことなどを話して、それ以来少し父娘関係はよくなったようにおもいます。

彼氏にも大まかにですがこの3年間のできごとを話せました。
「そのときにどう思ったか」「いまどう思ってるか」など、
きもちの面は話せてませんが、大きな一歩だったと思っています。

とりあえず、9月半ばから1ヶ月フランスに滞在し、のんびりすることは決まりました。
今後のことは医師と父親を含めて相談することになりました。
joemさまのおっしゃる「本来の自分と向き合うこと」、
すごく、むずかしいと思いますが、しばらく休養して、
ゆっくり取りかかっていきたいと思います。
あたたかいお言葉ありがとうございます。
自分なりに、一歩ずつ踏み出していきたいです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-29 21:26:12

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

今月半ばから渡仏ということで、今は支度などで忙しい頃でしょうか。
お父様とお話ができたそうで、それだけでも両肩にかかっていた重い空気が少し軽くなったかしら。前進しているようでなによりです。(でも、無理はいけませんよ~)
フランスという全く違う土地で、違う文化や人達と接することで、きっと身も心もリフレッシュできますよ。
目一杯に自分を甘やかすのも良いですね。acca-eve10さんにとって素敵な1ヶ月になりますように☆ 道中、お気を付けて!!

投稿日時 - 2010-09-02 00:48:51

こんばんわ。
私は海外経験が皆無なので、欲しがってらっしゃる答えにはならないと思うのですが。

私は23歳の時に、母をガンで亡くしました。
その後の喪失感は大きく、その他色々なショックや、心労のせいか
声が出なくなったりして、人とうまくコミュニケーションが取れなくなったりしました。
きっと貴方も若い時期にお母さんを亡くされて
すごくショックなんだと思うんですね。

なので思うのですが、そんなに忙しく行動されてて大丈夫ですか?
鬱病と診断されているようですし。その辺が気にかかってしまいました。

フランスでは心許せる方々の所へ行かれるようですから
色々とお話もできるのでしょうが。
長期の海外渡航は大丈夫なのか、お医者さんに相談しましたか?

私は、母が亡くなった後、よく母のお墓に行きました。
多い時は、週に1回。電車に乗って、1時間ほどなので。
お墓は何も答えてくれませんが、ブチブチ愚痴や悩みなどを
お墓に向かって言ったりしていました。
ちょっと怪しいかもしれませんが。それでも少し気分が慰められました。

忙しく動いてると、何も考えないで良いからということもあるのでしょうが
きっと心も体も疲れているのかも?しれませんよ。
一度、足をとめて、お風呂とかゆっくりつかって、
ゆったりした気分になっても良いのではないでしょうか?
そのとき思いっきり泣けるといいかも。

全然、質問に答えてなくて、ごめんなさい。

投稿日時 - 2010-08-14 00:46:11

お礼

お返事ありがとうございます。
papepopapepoさんもお母さまを亡くされてるんですね。
その立場からやさしいお返事をいただけてうれしいです。

わたしの場合、母がいなくなってから一年半朝から晩まで予定を詰めて、
忙しくしていることで自分自身が保てるというか、とにかくがんばっていました。
それが、「ちょっとくらい休んでみようか」と半年ほど前にふと思い、
そこから糸がぷつんと切れたように何もできなくなってしまいました。
3月にお医者さんに行くようになってから少し落ち着いて、
それからはずっと大学にも行かず家でのんびりしています。
なので、今は忙しく動いているというわけではないです。

最近すこし元気になってきて、フランスに行こうと思いたったのです。
父親と二人の生活が限界になってるのもあります。
でも確かに、WWOOFをしたいとか言うのはちょっと動きすぎ、がんばりすぎかもしれません。
フランスに行ったらパパとママがいてのんびりできることは間違いないので、
ホストファミリーのところで滞在はしたいと思います。

私はお母さんがいないことはまだ認めれていません。
しっかり受け止めていっぱい泣いて、そしたら前に進めるのでしょうか。

回答していただけてうれしかったです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-14 21:50:52

あなたにオススメの質問