こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不定代名詞の『one』の用法でわからない問題があります

不定代名詞の『one』の用法でわからない問題があります


例えば、id like to borrow a pen if you have one

上記の文のように、一度話しの中で使われた名詞のpenを2度使うのはクドイので

省略するのがoneの用法だと私の参考書には書いてあるのですが

The man I saw was older than 〔the one〕you were tolking to.
〔私が見た男性は、君が話していた男性よりも年をとっていた〕

私が見た男性と、君〔相手〕が話していた男性とは別人で

違う名詞同士なので、省略はできないと私は思ってしまいます

なぜoneを使用できるのでしょうか?


私がこの文章を読むとしたら

The man I saw was older than 〔the one〕you were tolking to.

〔私が見た男性は、あなたが話していた私が見た同一人物の男性よりも年をとっている〕

というように訳がわからなくなってしまいます

投稿日時 - 2010-08-18 12:11:36

QNo.6117830

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

さきほどの回答で兼用できると思いますが、少し細くを。
it は可算名詞だけでなく、不可算名詞にも使えます。
one はもともと「一つの」の意味があるので、当然可算名詞のみです。

そして、この one は(ただし、this one などでなく、単独の one)
主語には使えませんので、it にするしかありません。

さらに単独でない one は複数形 ones があります。

The man I saw was older than the ones you were talking to.
これは単に the men you were talking to の代わりです。
私が会った一人の男性は、あなたが話しかけていた複数の男性たちよりも年上だった。

こんな例を見ると、one が単に名詞の代わりでしかないことがよくわかるでしょう。

最後に、it は普通、もの(人の場合もあり)ですが、one は可算名詞であれば人にもものにも使えます。

投稿日時 - 2010-08-18 12:24:46

お礼

おかげさまで理解できました!
ありがとうございます

投稿日時 - 2010-08-18 12:35:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

一点だけ強調しておくと、
the one you were talking to の the という特定は
前の the man とは関係ありません。

「あなたが話しかけていた男性」が特定だから
the になり、ただ「男性」という単語自体が同じなので繰り返しを避けて one としている。
前に出てきた「私が会った男性」その人を受けているわけではないのです。

投稿日時 - 2010-08-18 12:29:40

お礼

おかげさまで理解できました!
ありがとうございます

投稿日時 - 2010-08-18 12:35:17

あなたにオススメの質問