こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

標準原価計算

標準原価計算

簿記1級 標準原価計算の仕損発生

工程終点で正常仕損が発生する。正常仕損率は良品に対して2%であり、それ以上発生した仕損は異常仕損である。
当月製品a生産データ
月初仕掛品500、当月投入1,950、投入合計2,450、月末仕掛品450個、完成品2,000
差引仕損品50、月末仕掛品400

完成品総合原価は5,000円/個×2000=10,000,000円、5000円/個×40個=200,000
10,000,000+200,000で10,200,000円になると思うんですが、なぜ正常仕損費で5,000円/個をかけるんでしょうか?正常仕損費5000円/個×2%=100を40個とかけるんじゃないかと考えてしまうですがどうしても。
だって100って1個あたりの正常仕損費ですよね?
あと生産データの
月末仕掛品450と差引の仕損品50・月末仕掛品400の関係はなんなんでしょうか?

正常仕損費を組み込んだ原価標準(第2法)
直接材料費 標準単価200円/キロ×標準消費量10キロ
直接労務費700円/時×2時間
変動製造間接費 300円/時×2時
固定製造間接費500円/時×2時
製造a1個当たり正味標準製造原価5,000円
正常仕損費5000円/個×正常仕損率2%=100
製品a1個あたり総標準製造原価5,100円


分かりずらいかもしれませんが・・わかる方よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-08-23 01:50:22

QNo.6128678

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

質問者さんは、正常仕損率の意味を勘違いされているようです。

正常仕損率2%とは、良品100個に対して2個の割合で仕損(お釈迦)が生じるという意味です。お釈迦でも工程終点で発生すれば、良品と同様1個当たり5,000円の原価がかかっているわけです。

投稿日時 - 2010-08-24 12:54:10

あなたにオススメの質問