こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大きな政府は破滅の道?

大きな政府は破滅の道?

経済学に関しては全くの門外漢なのですが、
先日、友人と話していて、こんなことを言われました。

(1)「増税⇒企業収益悪化、物価上昇⇒経済規模縮小、税収減少⇒増税⇒・・・」
(2)「減税⇒企業収益改善、物価下落⇒経済規模拡大、税収増加⇒減税⇒・・・」

その時はなるほどなぁ、と思いましたが、
実際の歴史を見てみると、財政政策は様々な試行を繰り返しながら、
必ずしも一定のスタイルを維持し続けてはいないように見えます。

(1)(2)って現実の経済に当て嵌めると、どの部分に誤りがあるのでしょうか?

投稿日時 - 2010-08-31 11:45:21

QNo.6148441

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

たぶん乗数効果の 公共投資と減税の乗数の部分の解釈の違い

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%97%E6%95%B0%E5%8A%B9%E6%9E%9C

公共投資による乗数理論の解釈で、増税による経済規模の拡大をはかってきました、日本は。

考え方のもととして、租税をキーにしているのがオカシイような気がします。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%89%80%E5%BE%97
政府の存在を加味した所得恒等式を考える必要があります。

税負担だけでは、国民総所得を決定できないようです。

投稿日時 - 2010-08-31 21:53:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

(1)増税⇒企業収益悪化、×物価上昇→○物価下落(デフレ)

(2)減税⇒企業収益改善、×物価下落→○物価上昇(インフレ)

投稿日時 - 2010-08-31 12:04:18

あなたにオススメの質問