こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

交通事故の示談交渉について質問です。

交通事故の示談交渉について質問です。

バイク(直進)にてタクシー(右折)との右直事故に遭いました。

詳しい事故の状況はこちらを参考にして頂ければ幸いです。
http://okwave.jp/qa/q6112429.html

先方はドライブレコーダーの記録から、事故発生時に右折信号が出ており一切責任がないと主張。
(当方は記録を確認していません。)
責任がないという事で、任意保険に加入しているようですが、保険会社への連絡も行っていないようです。
また当方のバイクの損害確認もされていません。

私は加入している保険会社にすぐに連絡をしました。
事情を説明したところ、事故現場の調査を行い資料を作成してもらいました。

タクシー会社側はドライブレコーダーの記録を見せることは問題ないと言うので、保険会社の人と一緒に確認へ行くことになりました。
この際、事故発生時の状況などを確認したいと思い、保険会社を通して運転手の同席を求めたところ、「来る趣旨と関係ないだろう。同席させることは出来ない。」と拒否されたそうです。

確かに本来の目的はドライブレコーダーに記録された映像の確認ですが、その映像を確認した後に事故当時の状況に関する話が出るのは普通だと思うのですが。

タクシー会社としては運転手に余計な事を話されたくないから同席させたくないのだと思いますが、双方の意見が食い違った場合、可能な限り当事者を交えて話をするべきだと思うのですが。


何とかして当事者を示談交渉に同席させることは出来ないでしょうか。


あと交渉時に相手との会話を録音したり、事故後の経過や交渉内容をブログなどに載せる事は違法でしょうか?
知り合いなどに聞いてもタクシー会社の対応は酷いと言うので、記録および公表をすることで、いい加減な対応をされないようにしたいと思っています。


道路交通法を守ることは当然の義務ですが、それより以前に人命を尊重することが最優先だと思っています。
特にタクシーやバスの運転手は2種免許所を所持していますし、職業ドライバーは車を運転することで対価を得ているのでから、人命尊重は何よりも最優先すべきことだと思います。

そう言った点からも、相手側に一切責任が無いとは思えません。場合によっては私は死んでいたかも知れないのですから。
それに相手は私の手前で十分に停止できる速度であったにもかかわらず、そのまま私の進路に入ってきました。そもそも私を見落としていたとも考えられます。



今回の相手側の対応からは、記録を盾に責任は無いの一点張りで、人命尊重は微塵も感じられません。
今後、示談交渉において誠意ある対応をしてもらえない場合、事実を公表し徹底的に争いたいと思います。

投稿日時 - 2010-09-03 02:09:42

QNo.6154846

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>いずれにしても私が一番に気にしていた「赤信号で交差点に進入していない」の点についてはほぼ解決したので満足しています。

何も解決していませんよ。
貴方がドライブレコーダーのデータを否定すれば
貴方の主張も信用性がないということなので
貴方は貴方が進入したときの信号色を証言してくれる証人を
用意するしかないと思います。
相手が貴方の進入時の信号色を証言してくれる証人をさがしても
相手にとって有利なら連れてきて証言してもらうでしょう。

>(部分的な色の変更、コマの増減による時間の調整など)は出来るのではないかと思います。
色を変えても場所は動かせないし
動画を繋げば繋いだとわかります。
録画日時も更新されてしまうので元データの編集は無意味です。

どちらかが相手の主張を認めないと示談にはならないので
争うしかないと思いますが
解決する為の費用は増え続けていくので
保険会社に依頼してちゃっちゃと示談を進めてもらうか
貴方が法律家に報酬を支払って依頼するかということでしょう。
貴方の場合、幾ら支払う金額を少なくできるかという争いなので
費用対効果は低い話になりますね。
営業車両の任意保険は非常に保険料が高いので
台数のある会社は保険料より事故によって支払う金額の方が安い為に
対物は掛けていない会社が多いでしょう。
掛けていても免責金額が高いので
免責分は事故を起こした本人に負担させる会社も多いと思います。
過失があるから保険が適用されるのであって
その保険で支払われる割合に
貴方がどうしてそこまで拘るのかわかりませんね。

投稿日時 - 2010-09-08 17:24:54

補足

>貴方がドライブレコーダーのデータを否定
別に否定していません。
私が黄信号で停止線を越えていることは、ほぼ間違いなく確認可能な映像ですから、否定する必要はないです。
相手も同じく黄信号で進入しているので、双方黄信号での進入と判断されることは間違いないと思います。

>色を変えても場所は動かせないし
>動画を繋げば繋いだとわかります。
>録画日時も更新されてしまうので元データの編集は無意味です。
う~ん、この点については???です。
時間やお金がかかるかもしれませんが、完璧に改ざんすることは不可能ではないと思いますよ。
まあ、実際にそこまでするかは別の問題でしょうが、可能性はゼロではないと思います。

>どちらかが相手の主張を認めないと示談にはならないので
>争うしかないと思いますが
争うつもりでいます。
費用については、まあ何とかなるでしょう。
納得のいかない内容に対して、首を縦に振るつもりは全くありません。

>保険会社に依頼してちゃっちゃと示談を進めてもらうか
>貴方が法律家に報酬を支払って依頼するかということでしょう。
基本的に保険会社に任せています。
ただ、私のいないところで訳の分からないうちに話が進んでしまうのは嫌なので、話し合いの席にはなるべく同席するつもりです。
あと弁護士特約がついているので、弁護士費用は保険でまかないます。

>対物は掛けていない会社が多いでしょう。
相手が物損を掛けているかはどうでも良いです。
相手側にも過失があり支払いが発生するなら自腹ででも払ってもらいます。

>過失があるから保険が適用されるのであって
>その保険で支払われる割合に
>貴方がどうしてそこまで拘るのかわかりませんね。
逆にお伺いしますが、回答者様は相手にも過失があると思っているのに、一方的に過失はないという相手の意見に納得できますか?
私は納得できないから割合にこだわっています。


相手は右折矢印が映っていたから私の信号無視だと当初言っていました。
確かに衝突の数秒(約2秒)前から右折信号が表示されていますが、双方が交差点に進入した時の信号は、ほぼ間違いなく黄色です。
あいてもこの点については渋々ながらも納得しており、最初は赤信号を無視といった言い方でしたが、止まれたはずだ黄色でも信号無視と意見を変えて来ました。言い分に一貫性がないです。
嘘か勘違いか知りませんが、確かに映像が不鮮明で黄色が赤のようにも見えるので、最初は赤信号無視を言ったのでしょう。

個人相手ならともかく会社相手の場合、道徳よりも相手は利益を最優先することは明らかなので、はなから信用していません。
「お怪我は大丈夫ですか」と言われましたが、明らかに気持ちがなく逆にムカつきます。
ドライブレコーダーの映像確認中にも、同行していた保険会社の担当者に「○○さんの後釜かぁ」とか「長い付き合いだったから俺のこと聞いてごらん」など、繋がりがあるんだぞ的なことを話していました。
これから争うことになる相手と、そんな事を話すこと自体が理解できません。

投稿日時 - 2010-09-11 00:30:51

ANo.5

タクシーのドライブレコーダーに右折矢印が写っていれば
対面の貴方の信号は、その時点で間違いなく赤です。
信号無視の直進車と右折車事故における過失割合を争うということでしょう。
参考例:
http://infoqanda.com/entry20.html
http://www.hou-nattoku.com/qa/qa0000003474.html
http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/4099/e0.html

書かれているように複雑な条件があるでしょうが
衝突時に相手のタクシーが動いているので
過失割合はゼロではないと考えられますが
貴方に多くの過失があるのは間違いないでしょう。

争うのならドライブレコーダーの動画は有力な証拠なので
貴方に開示しなくても問題はないと思いますが
それをみて示談するかもしれないと思って見せただけで
争うのなら
相手側は有利な証拠として法廷に提出するでしょう。

投稿日時 - 2010-09-04 16:28:00

補足

ドライブレコーダーの映像を確認出来ました。
夜間と言うこともあり非常に灯火の色が不鮮明でした。

で、結論から申し上げると、双方黄信号での交差点進入だと思えます。
広角レンズにて相手車両からの撮影しているため距離感をつかみにくいですが、横断歩道にバイクが重なっているときに信号は黄色でした。

ちなみに最初、相手側から嘘の説明をされました。
映像をこちらに見せながら、黄信号は1秒ほどで赤信号が1秒、その後右折矢印が表示されると言いました。現場で実際に確認しているとも言っていました。

確かに映像が不鮮明なので、パッと見はそのように見えますが、何度も繰り返し再生やコマ送りをして良く見てみると、黄信号が3秒、その後赤信号と同時に右折矢印が表示される信号でした。
この点は私も事故後に現場に行ってサイクルを確認していますし、当方の保険会社でも調査をしています。

明らかに「嘘」をつかれました。逆に言うと相手は双方黄信号進入の可能性(映像を見る限りほぼ事実)を少しでも失くすために、嘘の説明をしたのかもしれません。

私は当初からバイクが交差点に進入した時の信号の色が何色だったのかと言うことに争点を置いていたのですが、こちらが交差点のサイクルの違いを指摘したら、黄色でも信号無視だといってきました。
確かに信号無視かも知れませんが、相手も黄信号で交差点に進入しています。その後右折矢印が表示されようと、黄色は黄色です。相手が最初説明したように、赤信号になってしばらくしてから右折矢印がでる場合もあります。そうすれば十分に信号無視になるはずです。


>相手側は有利な証拠として法廷に提出するでしょう。

過去の裁判でドライブレコーダーの記録が有力な証拠になったとの話も聞きますが、実際のところ微妙なのではないかと思います。
専門的な知識を有する者であれば多少の改ざん(部分的な色の変更、コマの増減による時間の調整など)は出来るのではないかと思います。
証拠としての能力がどの程度のものなのか、第3者による分析、証言が必要だと思います。
(速度超過で争うときに、測定機器メーカーの技術者が証言することがあるそうですね)

ちなみにドライブレコーダーのメーカーは倒産してしまったとのことです。よってメーカーによる証言は得られません。



いずれにしても私が一番に気にしていた「赤信号で交差点に進入していない」の点についてはほぼ解決したので満足しています。
この後はどんなに時間がかかろうとも、相手に多少でも過失を認めさせるように、保険会社に徹底的な調査をしてもらいます。それでも相手が認めなければ法廷で争おうと思います。

投稿日時 - 2010-09-08 15:58:32

ANo.4

タクシー会社も当事者の一人でしょう。
見せてくれるだけありがたいと思うしかないでしょう。

その場で確認してもあまり意味がないでしょう。

保険会社がいるのであれば、保険会社に任せることです。
どうしても、あなたが直接対応するのであれば、保険会社でなくて弁護士への依頼を考えるべきでしょう。

あなたが怪我を少しでもしているのであれば、人身事故への切り替えて続き(診断書の提出など)を行いましょう。警察・検察の判断で、タクシーの運転者に処罰が行くかも知れません。

示談交渉は、双方が過失を認めなければ始まらないでしょう。相手が過失を認めないということをあなたが納得できず、あなたが契約する保険会社が了承しなければ、裁判で決着しなければならないでしょう。

私も交通事故の被害者です。示談交渉をせずに、任意保険の弁護士特約を使って、裁判にしていますね。

投稿日時 - 2010-09-03 11:44:17

補足

>タクシー会社も当事者の一人でしょう。

会社は管理者であり、代理人ではないのでしょうか?
事故当事者は私と運転手だと思うのですが。


>見せてくれるだけありがたいと思うしかないでしょう。

ありがたいと言う意味がよく分かりません。
ドライブレコーダーの存在が確認されている以上、映像記録の内容をもとに無罪を主張するなら、その記録を開示する義務があると思うのですが。


>保険会社がいるのであれば、保険会社に任せることです。

基本的には保険会社に任せるつもりです。ただ詳しい当時の状況などは事故にあった当事者出なければ分からないと思うので、私も同席しますし、相手にも同席を求めただけです。
弁護士が相手ならともかく、タクシー会社の事故処理担当の方と話すだけで解決したくは無いです。


>あなたが怪我を少しでもしているのであれば、人身事故への切り替えて続き(診断書の提出など)を行いましょう。警察・検察の判断で、タクシーの運転者に処罰が行くかも知れません。

診断書はもらいましたが、別に相手への処罰を望んでいるわけではないので、物損のままでも構わないと思っています。
ただ今後の話し合いで相手側が執拗に過失を認めないのであれば、人身へ変えようと思います。


私も弁護士特約に入っているので、相手が一切の過失を認めないと言うのであれば、最終的には裁判で争うつもりです。
裁判で裁判官が私の一方的な過失だと言うのであれば、そのときは残念な判決だと思いあきらめます。

投稿日時 - 2010-09-03 20:29:55

ANo.3

何をタクシー会社に求めたいのですか?
バイクの修理代?
それともタクシーの修理代免除?

状況的に非常に不利です。
このまま「ご免なさい」と言ってタクシーの修理代と運転手の日当保証、それにタクシー会社にタクシー修理の間の営業保証支払いましょ。
もしかしたら運転手の方捻挫・打撲・鞭打ち等の症状で困られてると思いますので、加害者として誠心誠意の気持ちで対応してあげて下さい。

でも・・・本当に制限速度プラス10キロだったの?
黄色信号は覚えてて「止まれない」と認識した。
普通の人なら加速通過を行いますよ。
だから交差点進入時は超過20~30キロだったと思われます。
ご自身の状況説明
>あわててブレーキをかけ、衝突する最後の最後まで停止を試みましたが、停止できずにそのままタクシーの左前輪付近に衝突。
これもし50キロ走行ならもう少し余裕があったはず。
でも加速状態で急ブレーキなら、ごもっともな話です。

ドライブレコーダーですが広範囲に記録する物ではありません。
取り付けしてる車の前方1点集中型です。なので運転手の見てる前方のみ映ります。
そこに「青矢印が映ってる」実にご質問者様が自殺行為を行ったことを物語ってますね。
通常直進黄色信号では右折矢印は出ません。
逆に出たら・・・考えただけでもゾッとします。

ご自身の打撲などの治療はご自身のバイクの自賠責が使えます。

少しは「反省」しましょう。
自殺行為の方に対してプロの運転手 対応できません。
ご自身が何に対して不満を持たれてるか知りませんが、書かれてる限りの情報ではほんと自殺行為です。
不思議なのが「交差点進入時の信号の色を覚えてない」です。
交差点手前で黄色は認識していて「止まれない」と判断した。
問題はその黄色に認識 50キロ走行で少なくても14m以上前でないと青矢印での衝突しません。
14m以上も前で止まれない 思うかな?
止まろうと模索すると思うのですが・・・

つまり、走行速度 かなりのスピードが出てて、尚かつ信号の色が黄色になったので通過するためさらに加速
それでタクシーが居てるのを確認しながら、自身の存在アピール行動一切せず「行けるだろう」「優先だ!」の気持ちで自殺行為を行った。
これが正解でしょ。

投稿日時 - 2010-09-03 11:27:33

補足

>何をタクシー会社に求めたいのですか?

強いて言うならバイクの修理代ですが、別に過失があったことを認めてくれればそれで良いと思っています。


>状況的に非常に不利です。
>このまま「ご免なさい」と言ってタクシーの修理代と運転手の日当保証、それにタクシー会社にタクシー修理の間の営業保証支払いましょ。

同業者の方か何かでしょうか?
まだ示談交渉も何も始まっていません。相手から一方的に「過失なし」を突きつけられているだけです。
裁判で私の一方的な過失が確定したら考えます。


>でも・・・本当に制限速度プラス10キロだったの?
>黄色信号は覚えてて「止まれない」と認識した。
>普通の人なら加速通過を行いますよ。

常にスピードメーターを確認しているわけではないので、体感的な物であり実際の速度は分かりません。ただ超過しても10km前後だと思っています。
また黄色信号については、過去に苦い思い出があるので決して加速通過しないようにしています。


>これもし50キロ走行ならもう少し余裕があったはず。
>でも加速状態で急ブレーキなら、ごもっともな話です。

交差点の広さや信号のサイクル、交通状況などにより色々な結果が想定できると思うのですが。
なぜ余裕があったと判断できるのでしょうか?


>ドライブレコーダーですが広範囲に記録する物ではありません。
>取り付けしてる車の前方1点集中型です。なので運転手の見てる前方のみ映ります。
>そこに「青矢印が映ってる」実にご質問者様が自殺行為を行ったことを物語ってますね。

何種類かの映像を見ましたが、かなり口角のレンズを採用しているのか、想像以上に広範囲が映っていて驚きました。
そこから思うに、タクシーの角度がかなり右折の体勢に入っていない限り、私の車両は映っていると思います。
ドライブレコーダーであれば事故前後数十秒は記録している筈ですし、見ればはっきりすると思います。
もし見てもはっきりしなければ、私が黄色進入か赤進入か判断できないため、信号無視は確定しないと思うのですが?


>少しは「反省」しましょう。
>自殺行為の方に対してプロの運転手 対応できません。

反省していないわけではないのですが。
私の前方には1台も車両は無く、タクシーは交差点で停止している。
「こちらに気づいていて、先に通過させてくれるだろう」
「だろう」運転であったことは間違いないと思っています。

また自殺行為だとも思っていません。自殺行為とは死んでも良いと思って行う行為です。
数十キロで走行中の車両に、死んでも良いと脇から飛び出したわけではありません。
「死ぬかも知れない」で自殺行為なら、極端な話外を歩いているだけでも自殺行為になりそうです。
最近は高齢者や初心者による事故がニュースでも騒がれていますから。


>不思議なのが「交差点進入時の信号の色を覚えてない」です。

直前に身の危険が迫っている状況で、停止線を通過した時の信号を記憶できるのならすごいと思います。


>つまり、走行速度 かなりのスピードが出てて、尚かつ信号の色が黄色になったので通過するためさらに加速
>それでタクシーが居てるのを確認しながら、自身の存在アピール行動一切せず「行けるだろう」「優先だ!」の気持ちで自殺行為を行った。
>これが正解でしょ。

別にクイズをしている訳ではありませんので、正解を提示されても困るのですが。
存在アピールはトラブルの原因にもなるのでしないようにしています。
またHID+αの灯火以上のアピールは無いと思っています。
目立つことは合っても、見落とすとは思えません。



個人的に直進してくる車両が合ったら、信号にかかわらず道を譲るべきだと私は思っています。タクシーがなぜ停止しなかったのか不思議で仕方ないです。
全ての人がその意識で統一すれば、この手の事故は無くなるはずです。

投稿日時 - 2010-09-03 21:46:44

ANo.2

ドライブレコーダーで相手タクシーが矢印信号で発進したのが確認できるのであれば、たとえご質問者が死んでいても、タクシーの運転手には責任は一切ありません。
2種免とか職業ドライバーとか人命尊重とか関係ありません。
信号無視なんて自殺行為と同じですからね。

>それに相手は私の手前で十分に停止できる速度であったにもかかわらず、そのまま私の進路に入ってきま>した。そもそも私を見落としていたとも考えられます。
普通のドライバーであれば、矢印信号が出て、直進車がないと思えば、意識は右折先のほうに行きます。
実際の裁判でも「信頼の原則」というのがあって、信号無視してまで交差点に進入することを予見する必要はなしとして、信号無視には厳しい判決がでます。

ご質問者が徹底的に争うのは自由ですが、ドライブレコーダーという確実な証拠があるのに、空回りするだけでなく、ブログ公表とかしたら、下手すると業務妨害や名誉毀損に問われますよ。

投稿日時 - 2010-09-03 07:40:46

補足

>ドライブレコーダーで相手タクシーが矢印信号で発進したのが確認できるのであれば、たとえご質問者が死んでいても、タクシーの運転手には責任は一切ありません。

そうですか。非常に残念なご意見です。
相手に気がついていて避けることが十分に出来る場合に「ちょっとむしゃくしゃしてるから轢いちゃえ」で轢き殺しても無罪なんですね。


>2種免とか職業ドライバーとか人命尊重とか関係ありません。

1種免許所持者以上に、周囲の状況に気を配り安全運転を心がけるべきではないのでしょうか?
関係ないのなら2種免許なんていりませんよね。


>信号無視なんて自殺行為と同じですからね。

回答者様は過去に一度も信号無視をされたことが無い、もしくは今後、ご自分やご家族などが信号無視をしてお亡くなりになったとしても、違反したのが悪いと相手を一切とがめることなく納得されると言うことですね。


>普通のドライバーであれば、矢印信号が出て、直進車がないと思えば、意識は右折先のほうに行きます。

そうなんですか。私は右折信号が出ていても、自分が交差点を通過する間に前方から車両などが来ないと確信できない限り右折しません。
直進者が「無い」のと「無いと思う」では全然違うと思います。
私がタクシー側であったら、交差点に向かってくるバイクが停止するか、十分に減速していることを確認出来ない限り右折しません。


>実際の裁判でも「信頼の原則」というのがあって、信号無視してまで交差点に進入することを予見する必要はなしとして、信号無視には厳しい判決がでます。

「信頼の原則」と言うのは知りませんでした。
青信号は「通れ」ではなく「通っても良い」ではないのですか?
道交法を守らない運転手や知識の無い歩行者などの存在を、常に意識して運転する必要があると思うのですが。少なくとも教習所などではそう教わった気がします。

投稿日時 - 2010-09-03 20:09:36

ANo.1

これは、ある意味「正論」をあいてのタクシー会社は言ってます。

もし、右折の信号が出ていれば相談者さんの「信号無視」が原因となります。
そうなれば、相談者さん負傷していても「過失責任」はタクシー会社には問えません。

>今回の相手側の対応からは、記録を盾に責任は無いの一点張りで、人命尊重は微塵も感じられません。
これは当然でしょう。
人命の尊重は大切ですが、相談者さんが「信号無視」が証明されれば相談者さんが「加害者」になりますから、会社の対応は「正当」となります。

>タクシー会社としては運転手に余計な事を話されたくないから同席させたくないのだと思いますが
これも、ドライブレコーダーで記録されていたのでしたら、事故の瞬間もきろくされています。
それがあり、きちんと証明されれば「運転手」の同席は拒否ができます。
それも問題はありません。

>あと交渉時に相手との会話を録音したり、事故後の経過や交渉内容をブログなどに載せる事は違法でし>ょうか?
これは「名誉毀損罪」「威力業務妨害罪」になる場合があります。
例え事実であっても「名誉毀損罪」は成立しますから、公開は控えたほうがいいでしょう。

相談者さんは「怪我人+直進」と言う形態ですから、「過失が」相手にあると思っているようですが、映像記録がありますから判断は見てからにした方がいいと思いますよ。
もし「右折信号」が出ているのが写っていれば、直進の信号は「赤」ですから相談者さんの信号無視が「主原因」となります。
そうなれば相談者の過失が80~95%となりますから、相談者さんが「加害者」となります。
たとえ「負傷」をしていても関係なく過失は問われますから、まずは記録を確認をしてください。

>それに相手は私の手前で十分に停止できる速度であったにもかかわらず、そのまま私の進路に入ってき>ました。そもそも私を見落としていたとも考えられます。
この表現も、相談者さんの信号無視となれば「逆転」してしまいます。
相談者さんに老婆心での注意ですが、下手に公開して問題が発生すれば保険会社は相談者さんを切り捨てします。
それは「違法」ではなく、相談者さんが示談の「妨害」をしたとして補償交渉を打ち切ることになるからです。
相談者さんの言いたいのは「良くわかります」が、レコーダーで形勢逆転する可能性が濃厚ですから、あまり強気は出さないのがいいでしょう。
ドライブレコーダーの映像は、裁判でも「証拠採用」されますから、その点は注意してください。

投稿日時 - 2010-09-03 07:01:55

補足

正直「正論」とかはどうでも良いと思っています。

>もし、右折の信号が出ていれば相談者さんの「信号無視」が原因となります。
信号機の変わるタイミングによっては、交差点進入時に黄色信号であった可能性があると思うのですが、その可能性があったとしても映像に右折信号が映っていたら問答無用で信号無視になりと言うことでしょうか?

>人命の尊重は大切ですが、相談者さんが「信号無視」が証明されれば相談者さんが「加害者」になりますから、会社の対応は「正当」となります。
極端かもしれませんが、信号の変わり目に横断歩道を渡り始めた人を、車が轢き殺したとしても、信号無視をした歩行者が加害者で、車には前方不注意などの一切の過失は無くとがめられないと言う事でしょうか?
もしも自分の家族がそのような事故にあった場合に、相手に過失は無いといわれて納得できますか?

>これも、ドライブレコーダーで記録されていたのでしたら、事故の瞬間もきろくされています。
それがあり、きちんと証明されれば「運転手」の同席は拒否ができます。
記録だけでは判断できない事は一切ないと言うことでしょうか?
事故当時に運転手が確認したこと感じたことは、映像には残らないと思うのですが?

>これは「名誉毀損罪」「威力業務妨害罪」になる場合があります。
事実を公表することが名誉毀損や威力業務妨害になるとは知りませんでした。
名誉毀損や威力業務妨害を盾に、企業はやりたい放題ということですね。

>相談者さんは「怪我人+直進」と言う形態ですから、「過失が」相手にあると思っているようですが、映像記録がありますから判断は見てからにした方がいいと思いますよ。
私は、自分に過失が無く、相手に一方的な過失があるとは別に思っていません。
黄色信号と右折状態に入っているタクシーを確認して交差点に進入している以上、私にも十分に過失があると考えています。
ただバイクと車という乗り物の差を考えた場合に、今回のタクシーの行動が腑に落ちないだけです。

最後にご忠告ありがとうございます、少々感情的に書いてしまった部分もあり、正直なところ公表をするつもりはありません。
ただ保険会社の担当者と相談の上、話のやり取りについてはなんらかしらの形で事後のために記録をとりたいと思います。

投稿日時 - 2010-09-03 19:36:40

あなたにオススメの質問