こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

トラベラーチェックを郵送できますか?

今、海外旅行をしています。
効率の良い送金の仕方について質問です。送金は、
「日本⇒海外」です。
ある事情で月ごとにお金が日本の口座に入ることになって
います。それを、親に頼んでシティバンクのワールド
キャッシュに振り込んでもらい、それを海外でおろして
います。この方式だと、振込み時の振り込み手数料、
海外でおろすときの手数料200円プラス。金額の2
パーセントがシティバンクに行ってしまいます。
これを防ぐために、日本で円をドルやユーロなどの
トラベラーズチェックにし、それを外国の郵便局に
郵送してもらうという方法を考えました。トラベラーズ
チェックなので郵送の途中で紛失してしまっても、
全額返却されます。

こういうことは可能でしょうか?
教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-07-31 00:53:01

QNo.615722

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

質問の内容に則して答えさせていただきます。
結論から申しますと、本邦(日本)から海外へTC(トラベラーズチェック)を郵便で送る事は出来ません。
これは国際郵便条約により、「禁制品」として指定されております。
禁制品項目を無視して送られた場合、亡失等による事故によるTCの額面保証は賠償いたしません。郵便料金のみの賠償となります。
郵便局では極力、これら案内をしておりますが、郵便物は「閉披」状態で受付けるので、差出人の正しい申告が無い限り正確な案内は出来ません。
郵便局の賠償制度は昨年より、「内国郵便」の送達途中時の事故による損害は、上限を撤廃いたしましたが、「国際郵便」の場合には「国際条約」による制限がありますので、賠償限度・上限はこの条約を遵守する事になります。

>トラベラーズチェックなので郵送の途中で紛失して
>しまっても、全額返却されます。

TCはご存知の通り、使用者による二箇所のサインが必要になります。
郵便局でもTCを購入できますが、購入時、本邦在住のご両親等がサインをした場合には、その方しか使用できませんし、TC亡失の場合の再発行条件として、亡失したTCが未使用であることと、TC発行時にお渡しする購入者控を持っていることが条件となります。
もし、先程の条項を無視して送られる場合には、最低限度、購入者控は差出人の手元に置いておく事で、万が一の亡失事故の際には、本邦で再発行手続が可能となります。
ただし、ちゃんと届いた時には、いざ使用しようとした場合、TCのサインが違うとのことで、受付拒否をされる可能性もありますが。

これら危険性を冒すくらいなら、それよりも郵便局を使用するなら、郵便貯金・シティバンク・ジョイントカードを使用した方がいいと思います。
郵便貯金口座を開設していれば、海外のシティ・バンクにて通常どおり現金を引き出すことが可能(ただし、多少の手数料は必要)です。
カードを発行してもらい、それを送ってもらえばいいとおもいます。私の場合、海外出張や旅行時にはこれを使用しております。

カード郵送時の事故によるリスクマネージメントですが、カードは「再発行可能な物」であり、かつ、「カード自体に価値は発生しない」との解釈から、カード亡失による二次的損失(不正使用等)の損害は補償いたしませんが、郵送料金、及び再発行にかかわる手数料金は賠償いたします。

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/service/intel_service/ko_johken/html/1-3-4.html

投稿日時 - 2003-08-03 07:33:44

ANo.6

No.3です。
どうもNo.4さんには誤解を与えてしまったようなので、再登場させていただきます。参考URLを見ていただければ正確な料金を参照できるので、見てください。
「トラベラーズチェックを送るにはEMSが適当だと思われますが、アジア地域なら約35,000円、ヨーロッパなら約65,000円ぐらいでシティバンクのほうが有利なのではないでしょうか。 」
こちらが誤解を生む表現ですが、言いたかったことは「アジア地域なら約35,000円、ヨーロッパなら約65,000円以下の送金ではシティバンクのほうが有利なのではないでしょうか。 」ということです。
質問の条件で3万5千円をシティーバンクで送金すると200円プラス35000円の2%(700円)で900円の手数料がかかります。EMSの送付に900円かかるので、シティーバンクのほうが有利になるでしょう。(トラベラーズチェックには通常1%の手数料がかかりますが・・・。6万円の場合だと200円足す1200円で約1400円がシティバンクの手数料です。トラベラーズチェックのほうが有利です。)
 現在滞在している国の郵便事情も十分考慮して実行に移してください。成功を祈ります。
 参考に郵便局の国際送金に関するページをお伝えいたします。

参考URL:http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk20301.htm

投稿日時 - 2003-08-01 00:07:23

ご質問についての参考意見。

>日本で円をドルやユーロなどの トラベラーズチェックにし、それを外国の郵便局に郵送してもらうという方法..

とありますが、(1)郵便局を経由した送金GIROやInternational Money Orderがあります、(2)ご質問のTCを郵送する方法も可能です。
(1)については、郵便局に案内書がありますので、ご関心があれば調べてみてください。
(2)については、TCにカウンターサインをし、さらにto the order ofのところに受取人の名前を書き込みます。そうすれば、第三者は換金できません。これまで書き込まれたご意見のようにEMSは紛失のことを考えると安全なやり方だと思います。

投稿日時 - 2003-07-31 12:02:52

お礼

大変建設的な意見をありがとうございます。

郵便局を利用したGIRO、またInternational Money Orderなど、まったく知りませんでした。今度、時間が出来たときに日本で調べてみようと思います。

TCをそういう方法で送るやり方があったのですね!TCを使える可能性が見えてきました。EMSという有効な手段も知れて本当に質問してよかったと思います。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-31 20:56:21

ANo.4

トラベラーズチェックは買うときと、お金に換えるときにパスポートが必要だと思うので、無理だと思います。
3番のEMSの値段は、まったく違います。
300グラムまで、アジア900円ヨーロッパ1500円
今回はシティバンクで我慢するしかないと思います。

投稿日時 - 2003-07-31 10:50:08

ANo.3

 トラベラーズチェックの使い方と保障の範囲を今一度確認されたほうがよろしいかと思います。二つのサインのうち両方サインされている、または両方ともサインされていないものは再発行の対象外です。
 「郵送の途中で紛失してしまっても、全額返却されます。 」本当にそうだといいですね。
http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokusai/index.html
トラベラーズチェックを送るにはEMSが適当だと思われますが、アジア地域なら約35,000円、ヨーロッパなら約65,000円ぐらいでシティバンクのほうが有利なのではないでしょうか。
金額がそれ程多くないのでしたら、生活費の一部をクレジットカードで支払いすればよいと思います。日本国内の決算口座に入金してもらえればカードの支払いが有利なレートで行われるでしょう。家族の持っているクレジットカードの家族カードを発行してもらうと、家族が使用金額の管理をしやすいかもしれません。

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokusai/index.html

投稿日時 - 2003-07-31 01:42:39

ANo.2

可能とは思いますが、紛失の際の手続き等のことを考えると、ワールドキャッシュの方が便利かなとも思いますね。

日本で購入してもらうということは、郵送途中ではまだ両方ともサインしていないですよね?
紛失して、拾得者が両方にサインしたら、届け出前ですと、外見上正規の所有者になるんじゃないでしょうか?もちろん、リファンドはされるでしょうが、警察への届け出も、郵送の際の紛失ですと、どこの警察へ行くのか、などの問題が残るようにも思います。

投稿日時 - 2003-07-31 01:38:52

ANo.1

購入時のサインはどうするのですか?
使用者がサインしなと購入出来ませんし使えませんが

投稿日時 - 2003-07-31 01:00:37

あなたにオススメの質問