こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

昨日の朝日新聞に検察審査会について書いてあったのでそれを見て思った疑問

昨日の朝日新聞に検察審査会について書いてあったのでそれを見て思った疑問です。検察審査会は不起訴が妥当かどうか市民が判断するとありますが、起訴が妥当かどうかについては市民に判断を求められないのでしょうか?

高知白バイ事件等を報道でみると逮捕されたバスの運転手の片岡さんの主張していることの方が真実ではないかという印象を強く持ちました。独自でこの事件を調べたわけではないのであくまで報道から受けた印象ですが。

こういう事件のように相手が警察、検察、裁判官、、、その他一見身内意識が働いているのではないか、、、と思われる(そう思われる恐れがある)事件、相手が行政、天下り先等、特別な意識が働いていると想像される恐れがある事件にこそ、検察官ではない素人である一般市民の判断が必要ではないでしょうか。

もちろん、検察官がプロ意識を持ち、「身内意識が働く相手でも、よく知った警察官であってもそこはプロとして厳重にやっている」というのであれば別ですが、高知白バイ事件を見ていると一般市民より日頃付き合いがある警察官の方をえこひいきしたのではないかというような印象を持ちました。亡くなった白バイ警官の方は大変お気の毒だと思います。残された遺族の方に何でもしてあげたいという気持ちはよくわかります。それでも真実を曲げてまで(真実は曲げられていないかもしれませんが)、、と言うことについて亡くなった警察官は何を思うでしょうか。

他にも、詳細は忘れましたが裁判官の奥様が事件にかかわった時、事前に逮捕の情報か何かがその検察官から裁判官に漏れた、(教えてあげた)というようなことがあったように記憶しています。

身内意識が働く恐れ(これはある意味人間として当然のことだと思います。全然知らない人より、毎日顔を合わせているよく知った人がいれば誰だって良く知った人の方を何とかしてあげたいと思うのはあたりまえだからです。)のある事件については起訴相当が妥当かどうか検察審査会で判断してもらったらどうでしょうか。起訴を取り下げるわけですから、証拠がないと言う問題もありません。犯罪者とされた人をそうではなくするのですから発生したかもしれない冤罪も発生しません。市民が判断しても起訴相当なら後はプロの検察官がどうどうと裁判で戦えば良いと思います。身内意識が働く事件をどのように定義するのは難しいかもしれませんが。

起訴相当が妥当かどうかも検察審査会で判断すると起こるかもしれない弊害としたら何がありますでしょうか?なぜ不起訴が妥当かだけ判断することにしたのでしょうか。もちろん、不起訴が妥当かどうかも判断してもらうことも必要かもしれません。なぜなら身内意識が働いて本来起訴すべきを不起訴にすることもあるかもしれないからです。でも小沢前幹事長の事件のようにプロが見て起訴できない事件を素人が判断してどうやって裁判をやるのかと言う問題もありますね。

投稿日時 - 2010-09-05 10:50:10

QNo.6159920

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

補足で、

>起訴相当が妥当かどうかも検察審査会で判断すると起こるかもしれない弊害としたら何がありますでしょうか?なぜ不起訴が妥当かだけ判断することにしたのでしょうか。もちろん、不起訴が妥当かどうかも判断してもらうことも必要かもしれません。なぜなら身内意識が働いて本来起訴すべきを不起訴にすることもあるかもしれないからです。でも小沢前幹事長の事件のようにプロが見て起訴できない事件を素人が判断してどうやって裁判をやるのかと言う問題もありますね。


起訴相当になった場合、その時点での証拠をもとに裁判をするわけではなく、
そこから再捜査をして証拠を集め、それから裁判が行われるのです。
不起訴不当の場合も一緒です。

「いいから裁判をしろ」って言ってるわけではなく、
「もっと捜査をして、それから裁判をしろ」っていうのが起訴相当なのです。


プロでも再捜査して新たな証拠が見つかることはありますよね。

検察がどこまで捜査をするかは検察に委ねられていますし、
有罪率99.9%という現状からもわかるように、
検察は「確実に有罪に出来る」という証拠が無い限り起訴しません。

ということは、「それなりに証拠があるのに不起訴」という事例がたくさんあるわけですよ。

だから、それらが起訴されずに終わってしまうのはおかしいということで、
検察審議会で起訴させるシステムが出来たわけです。

投稿日時 - 2010-09-05 18:12:51

お礼

どうもありがとうございます。

>起訴相当になった場合、その時点での証拠をもとに裁判をするわけではなく、
そこから再捜査をして証拠を集め、それから裁判が行われるのです。
不起訴不当の場合も一緒です

そうですか。それは知りませんでした。それまでの証拠で判断、裁判を行っていくのかと思っていました。

>プロでも再捜査して新たな証拠が見つかることはありますよね。

それは確かにあります。でも新たに証拠が見つかるとそれまで捜査した検察官の皆さん、叱られそうですね。

投稿日時 - 2010-09-08 00:11:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

弊害
1・察審査会への申し出人が、ある悪意を目的にして、その道具として申し入れをした場合。
2・案件について既に多数の報道がされた後に、審査が始まり、審査する人が既に報道された意見に引きずられてしまう場合。
3.利害関係のない人まで申し出できるなら、関係のない1部の人の意見で審査が開始されてしっまた場合。

投稿日時 - 2010-09-06 15:34:57

お礼

どうもありがとうございます。
小沢前幹事長、陸山会事件はこの3つの弊害が全て当てはまるようなケースですね。
それで、そのために受けるダメージはとてつもなく大きい、怖いですね。

投稿日時 - 2010-09-08 00:23:21

ANo.5

不起訴相当か否かは検察審査会で、
起訴が相当か否かは裁判員制度で国民に委ねる事が出来る。

検察審査会制度がもたらす弊害は、
起訴した被告が無罪になった場合に生じる刑事補償の処理をどうするか。

投稿日時 - 2010-09-05 20:15:22

お礼

どうもありがとうございます。
私のような素人はああしたら、こうしたらと好き勝手に言いますが、実際運用できるように制度化するには定義や、弊害やいろいろな問題について考えなければならず大変ですね。

好き勝手言ってすみません。

投稿日時 - 2010-09-08 00:20:25

ANo.3

起訴=有罪ではないですから起訴を否定することは出来ません。
あくまでも起訴は「司法に判断してもらう」という決定事項です。

また、起訴後については3回裁判を受けられるうえに再審請求も可能です。
さらに、最高裁裁判官は国民審査で罷免することも可能です。


ですから起訴したことについて国民判断で却下する必要はありません。


高知白バイ事件に限ったことではないですが、
冤罪を主張する記事の大半は「片一方の意見だけ」で構成されています。

痴漢事件なんかも女性のでっち上げだと散々報道した挙げ句、
判決要旨を見たら証拠として「帰宅とは逆方向の電車に乗っていた」とか
全然報道されてない有力な証拠がたくさん見つかることがしょっちゅうです。

警察を悪者に仕立て上げようとする左翼系報道を鵜呑みにしちゃダメですよ。

最低でも判決要旨で双方の証拠・証言を全部見て、それから判断してください。

投稿日時 - 2010-09-05 16:47:33

お礼

どうもありがとうございます。

>起訴=有罪ではない

そうなのですが、日本は起訴されると有罪率が他国に比べてほぼ100%に近いくらい高いと聞きました。ですから、起訴されるとやはり絶望的な気持ちにはなると思います。

>起訴後については3回裁判を受けられるうえに再審請求も可能

けれどもなかなか再審請求は叶いません。

>最高裁裁判官は国民審査で罷免することも可能

システム的にはそうですが、国民がそういうシステムを理解し選挙の時にどれほどの人が関心を持って判断しているかというとあまり機能しているシステムとは思えません。
私も、最近日本の司法はおかしいのではないかと思い始め、国民審査をきっちりしなければいけないと思い選挙に臨みましたが、審査する裁判官についての情報はあまり手に入れることが出来ませんでした。結局、私が審査される裁判官はどのような事件に関わりどのような判決をしたのかを知ることが出来たのは選挙がまじかになってから、それについて紹介した新聞によってでした。最近は新聞を取っていない人も多いです。審査される裁判官がどのような判決をした人かをもっと国民に知ってもらわないと意味のない形だけのシステムとなってしまいます。現在そうなっているのではないでしょうか。

また、最高裁判官を罷免できると言っても、それには国民多数の人の賛同が必要です。一方、有罪判決を下された被告は個人です。その個人の事件をどれくらいの人が我が事のように思い、その判決をした裁判官は間違っていると思ってくれるかを考えた時、気が遠くなりそうです。皆、日々自分の生活で必死です。全然知らない人の主張が正しいかどうか、まず自分独自に調べて見なければなりません。それに縁もゆかりもない人の味方をするより、権力をもっている検察官や警察、裁判官の味方をしたほうが将来的にお得、少なくとも彼らを敵に回す必要はない、と考える人が大多数ではないでしょうか。

>高知白バイ事件に限ったことではないですが、冤罪を主張する記事の大半は「片一方の意見だけ」で構成されています。

確かに、ですから私もこの事件で運転手さんの方が真実だと思うのははあくまで報道からのイメージだけです。報道は2回見ました。スリップ痕を捏造したのではないか、バスに乗っていた生徒さんの証言等、報道からのイメージだけです。自分では取材したりしていないので真実は違うかもしれません。

>警察を悪者に仕立て上げようとする左翼系報道を鵜呑みにしちゃダメですよ。

鵜呑みにはしません。自分がこの事件でイメージではなく運転手さんの方が真実だと断言する時は自分でいろいろ調べてみます。警察官が悪者とは思いませんが、悪い警察官がいるのも事実です。まれに。警察に限らずどこの組織にも。

それに私がもしこの事件を担当した検事さんなら、やっぱり警察官の遺族のことを考え何とかしてあげたいと思ったかもしれません。多分思います。実際に捜査に手心加えるかどうかは別にして。
でも、バスの運転手の方にもたった一度の人生があり、家族がいると考えたと思います。

投稿日時 - 2010-09-08 00:03:23

ANo.2

検察審査会の当初の予定は、検察の不作為を是正することが目的
であったと思いますが、小沢氏の件は想定外の状況だと思います。

確かに、検察審査会の判断が間違っていても裁判所で無罪を勝ち
取れば問題はないというのは法治主義の理屈ではありますが、
現実問題として起訴されて裁判ということになれば、普通は相当
の不利益を被ることになります。

小沢氏に関する審査会の判断は、客観的証拠を評価した訳ではなく
素人の心証として怪しいから起訴して裁判で決着させろという
極めて乱暴なものでした。

もし、そんなことがこれからも許されるなら、印象だけでどんどん
起訴、裁判所送りになってしまいます。
刑罰を直接与える制度ではありませんが、ほとんどリンチ制度と
変わらないと思います。

審査員の選出基準も名簿も全く明らかになっていませんから、
事件ねつ造の温床に成りかねないというのは言い過ぎではないと
思います。

投稿日時 - 2010-09-05 14:01:40

お礼

どうもありがとうございます。

>検察審査会の当初の予定は、検察の不作為を是正することが目的

そうですよね。明石の歩道橋の事件は相手が警察の署長か副署長さんでしたね。こういう場合、身内意識が働いて不起訴にしたのではないかと思われがちです。結果起訴されることになりました。これが妥当かどうか、裁判で闘えるのか事件を追っていないので詳細はわかりませんがこういう身内だから不起訴にしたと思われる事件に市民の目線が反映されることは良いことだと思います。最終的に検察官の方が正しければ裁判で無罪になることもありえますから。

>小沢氏に関する審査会の判断は、客観的証拠を評価した訳ではなく素人の心証として怪しいから起訴して裁判で決着させろという極めて乱暴なものでした。

そうですよね。心証のみで判断するというのが素人である市民にありがちなことで、プロである検察官との違いですね。具体的な証拠があるのかどうか、心証だけなのかについては指導する弁護士がちゃんと説明すれば良さそうなものですが、小沢さんについてはとにかく「起訴」してイメージを悪くする、、、、という作戦がみえみえのような気がします。

>審査員の選出基準も名簿も全く明らかになっていませんから、

これも公開すべきと思います。

>ほとんどリンチ制度と変わらないと思います。

そうですよね。私も報道を見ていて正直「怖い」と思いました。非難するならば、具体的な根拠、証拠を挙げてからするべきと思います。自分もそうですが、イメージ、心証とはっきりと裏づけのある事実はちゃんと区別しなければと思います。

投稿日時 - 2010-09-07 23:32:50

ANo.1

 そもそも起訴不起訴の決定は、検察官の広い裁量に任されていますから、検察官の決定を覆し、検察官以外の者が起訴するのは例外です。そして例外というものは広く認めるべきでなく、できるだけ限定的に必要最小限に留めるべきという価値判断があります。
 本来不起訴とすべきものを起訴した場合、裁判所が無罪等の判断をすることで、検察官の判断を是正することができます。これに対して、起訴すべきものを不起訴とした場合には、裁判所がそれについて判断することができませんから、そこに大きな違いがあります。
 もちろん、検察官や裁判官の身内意識が働く場合もあるから、市民が判断した方がよいという考えもできるかもしれません。もっとも、一定の重大事件に関して言えば、裁判員裁判が行われていることから、不起訴とすべき起訴に関しては、無罪判決を出すことによって是正することができます。

投稿日時 - 2010-09-05 12:23:03

お礼

どうもありがとうございます。

>不起訴とすべき起訴に関しては、無罪判決を出すことによって是正することができます

確かにそうです。
私は検察官も裁判官もプロ意識を持ち正しい判断をしてくれると信じています。と言いますか、信じたいのですが、検察官も裁判官も人間です。
人間ですから身内意識が働くのは普通ではないかとも思います。プロ意識がないと困る反面、人間味のない機械のような冷酷な人では、様々なことが複雑に入り組む事件に対応したり理解できないと思います。

最終的に判断する裁判官が正しい判断をしてくれたら良いですが、裁判官は被告や被告人の弁護士よりは、検察官とより近い関係にあります。また、一度起訴したものの有罪率は日本の場合とても高いと聞きました。裁判官が最後の砦になるという確信が最近あまり持てなくなりました。

それならば、様々な意識が働く可能性のある特定事件に限っては一般市民に起訴が妥当かどうか判断、確認のようなことをしてもらった方が良いのではないかと思いました。

投稿日時 - 2010-09-07 23:11:26

あなたにオススメの質問