こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

婦女暴行事件などに適用される親告罪についてお伺いします。

婦女暴行事件などに適用される親告罪についてお伺いします。
諸外国はこのような事件にどのように対応しているのでしょうか、日本と同じなのでしょうか。

被害者が公にしたくないために泣き寝入りをしているケースが多いと思います。逆に親告罪にするからこの手の犯罪が減らないのではないかと思います。

老老介護で将来を悲観した年老いた息子がもっと年老いた親を殺した、いつも暴力を奮われていた妻が夫を発作的に殺した等、殺人には「それはしかたない」とかやったことはいけないが十分同情に値するものもあります。ところが婦女暴行に関しては加害者に対する同情は皆無である犯行で、ある意味殺人よりも言い訳のしようがありません。

自分の感情を理性でコントロールできないのですから、そうできる訓練でもしない限りその状態は続くわけでそのまま放置しておくと第2、第3の犯罪が起きる可能性は相当高いと思われます。

被害者は公にしてもしなくても心身ともに一生大きな痛手を被るのに、公にせず逮捕もされなければ加害者の方はそのままの生活を維持することが可能です。逆に親告罪にするから加害者は、公にされない可能性、従って逮捕されない可能性にかけて、そのような犯行を繰り返しているのではないでしょうか。

また、被害者、加害者の当事者以外に事件を知っている、知る羽目になった第三者はそれ以後、加害者から常に監視、脅しを受けることもあります。犯罪者が一流企業の社員であるケースもあり、企業ぐるみでその事実を知っている退職者のその後の生活を妨害したり、口コミで広まらないように監視したり、交友関係を絶ってしまうことも多々あります。
一流企業であるという単純な理由でそのような事件があったとも知らず、そういう行為に協力、手を貸す企業、組織もあるでしょう。気が付いたときはすでに手を貸した後かもしれません。

このような犯罪を公にするかしないか被害者にゆだねることは加害者、それをかくまう企業がのうのうと暮らすと言う大きな不条理をもたらし、第2、第3の犯罪を助長することにも繋がります。一流企業にそういう社員がいると一般人は想像だにしませんから、信用して第2、第3の被害者も出る可能性は十分あります。

親告罪をやめた方が良いのではないでしょうか。第2、第3の被害者が出た時、最初の被害者は自責の念にかられないでしょうか。

裁判は非公開にしても被害者は公にすることによる大きな不利益は避けられませんから、代わりに冤罪ではないことを確認し本人が認めた場合、加害者は即死刑、賠償金も被害者が一生生活出来るだけの金額にする(数億円)、家族を含め特定親等以内まで支払い義務を負わせる。それでも払えなければ国が肩代わりをすれば良いのではないでしょうか。

親告罪をやめて、死刑にすれば犯罪自体もかなり減るような気がします。
この手の事件は被害者、それを知っている第三者と加害者のその後に受ける苦しみのバランスがあまりに不条理極まりないと思います。加害者でも被害者でもな第三者はその知っている事件を自分では公にすることもできず、一方、加害者の方はそのことを第三者が知っているということを知っています。殺人事件を目撃したけれどもそれを告発できない、けれども殺人犯は目撃者を知っているような感じで考えてみるとかなり恐ろしい状態です。
これを発端として全然関係ないものがとんでもない大きな事件に巻き込まれる羽目になることもあります。現状では一番ひどいことをしたのは加害者なのに、一番得をしています。

そしてその加害者をかばう人、企業は加害者には妻子があるとかいうふざけた理由を言うことがありますが、被害者、第三者にも生活、家族があります。人に危害を加えておきながらよくそういうふざけた理由が言えるなと思います。実態は単に一流企業の信用失墜の恐れ、責任者の自己保身であることは言うまでもありません。

投稿日時 - 2010-09-08 11:33:47

QNo.6167186

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>被害者が公にしたくないために泣き寝入りをしているケースが多いと思います。

まず、この数が国によって圧倒的に違います。

欧米なら聴取や裁判によるセカンドレイプにも配慮されており、
女性から家に誘ったような場合でも無理矢理であれば強姦罪が成立するので
泣き寝入りする人は非常に少ないです。

逆に、イスラム系国家では
「たとえレイプでも配偶者以外と肌を交えるのは恥」という文化で、
強姦された女性ですら刑罰を受けることになるので泣き寝入りがほとんどです。

日本の場合はその中間に位置すると言って良いでしょう。


>親告罪をやめた方が良いのではないでしょうか。

強姦罪の場合は親告罪じゃなくてもたいして変わりません。
どちらにしても本人が被害届を出さない限り、警察が事件を認知することは不可能ですから。


>代わりに冤罪ではないことを確認し本人が認めた場合、加害者は即死刑、

誰も犯行を認めなくなるだけです。


美人局という言葉を知っていますか?

女性が殺したい人を誘って、セックスした後に「強姦された」と言えば合法的に殺人が出来ますね。



単に強姦と言っても、
「全然知らない人を襲う強姦」

「同意のうえだと思って知り合いとSEXした強姦」
の2種類があることを覚えておきましょう。

前者なら死刑に近い刑罰でもいいぐらいだと思いますが、
後者は重罪である必要性が薄く、親告罪であることは当然必要です。
そうじゃないとまともに恋愛も出来ません。

投稿日時 - 2010-09-08 13:06:16

お礼

どうもありがとうございます。

>欧米なら聴取や裁判によるセカンドレイプにも配慮されており、
女性から家に誘ったような場合でも無理矢理であれば強姦罪が成立するので
泣き寝入りする人は非常に少ないです。

こういう良い制度、仕組みは日本も取り入れたら良いと思います。

>強姦罪の場合は親告罪じゃなくてもたいして変わりません。
どちらにしても本人が被害届を出さない限り、警察が事件を認知することは不可能ですから。

まず、罪そのものを重くし、次に被害があったのに届け出ないのも新たに起こる犯罪を阻止しなかったということで罪に問うことにしたらどうでしょうか。
被害者に選択の余地を与えない。こうすることによって加害者も「被害者が名乗り出ない可能性」にかけて犯罪を行うと言うことがなくなると思います。

>女性が殺したい人を誘って、セックスした後に「強姦された」と言えば合法的に殺人が出来ますね。

これは優秀な捜査機関が調べたらわかることではないでしょうか。全然面識がない人を強姦する場合と違って、知り合いを呼び出してそう見えるようにしてもこの場合は以前からの知り合いであること示す着信記録や、恨みを持つに至った事情がありそれは捜査してくれたらわかると思います。

>同意のうえだと思って知り合いとSEXした強姦

同意のうえかそうでないかは当人同士ならわかると思います。
男性が同意があったと思っても女性がそうではなかったなんてことがあるでしょうか。
そもそも、そういうことになったら嫌な男性であれば、女性はそういうことになりそうな、なる可能性のある場所に行かないと思います。

会社の上司等、力関係があきらかな場合、断るとギクシャクしたりする場合もありますが上司でも断れば済む話です。

逆に言うと、そういう状況を避けることが出来たにもかかわらず、そういう場所(相手の部屋、ホテル)に行ったのであれば女性にも大いに責任があると思います。
それで訴えたのであれば、はめようとしていることは明白ですから捜査機関の方は注意して捜査して下さい。

投稿日時 - 2010-09-13 10:54:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

一般人は「被害者に対して、そんなに優しくない」のですよ。
 
公判になれば、被害者も公判に出席せねばならず、別室でのビデオ証言などを用いて氏名や顔などが一般傍聴人に判らないようにしたとしても「出廷のために会社を休まないとならない」ので、公判になると「周囲にバレてしまう」と言う事が起きます。
 
仮に、被害者が「結婚を控えた若い女性」で、婚約者の耳に事件の噂が届けば、婚約破棄って事にもなります。
 
もし、親告規定が無い場合、被害者が「バレたら婚約破棄されるから絶対に内緒にしたい」と思って告訴しないで居ても、法は「事件があれば起訴せよ」としているので、被害者の意に反して「事件が明るみに出る」事になります。
 
公判に被害者になっているかどうかなどは、探偵などの調査会社に頼めば一発で判明するし、結婚前に婚約者の身辺調査を探偵に頼むのは「よくある事」です。
 
親告規定が廃止されたせいで「婚約破棄された」としたら、誰も得しませんよ。被害者が一方的に損するだけです。
 
世の中には「親にも秘密。死ぬまで絶対に秘密にしておきたい事」ってのがあり「強姦被害」も、そういう「棺桶まで持って行く秘密」になったりします。
 
「バレて最愛の人から婚約破棄されるよりは、犬に噛まれたと思って泣き寝入りする」と言う選択肢を、強姦被害者から奪う事は許されません。
 
こういう「自分とは違う考え方もある」と言うのが理解できない人は、法律を云々しない方が良いでしょう。

投稿日時 - 2010-09-08 13:31:34

お礼

どうもありがとうございます。

>一般人は「被害者に対して、そんなに優しくない」のですよ。

そうですね。それが一番の問題です。被害者の方が何か悪いことでもしたように思われてしまう。そういう傾向は確かにあると思います。

>親告規定が廃止されたせいで「婚約破棄された」としたら、誰も得しませんよ。被害者が一方的に損するだけです。

被害者は損をするかもしれません。けれども、第二、第三、(もしかしたら第15、16かもしれません)、少なくとも新たに被害を受ける人はいなくなります。

>バレて最愛の人から婚約破棄されるよりは、犬に噛まれたと思って泣き寝入りする

ちょっと話がずれますが、自分に落ち度がなくそうなったこと(被害者になったこと)について、理解してくれない人はその人にとって最愛の人なのでしょうか?

>「自分とは違う考え方もある」と言うのが理解できない人は、法律を云々しない方が良いでしょう。

自分の考えが絶対正しいというつもりはありませんしそれを他人に押し付ける気もありません。ただ、このまま親告罪という仕組みだと、次の犯罪が起きる可能性があるということ、またこの仕組みを利用してこのような犯罪をする人がいる、そして一番得するのは犯罪者ですから何とかならないかなと思っただけです。
また、当事者以外で事件を知っているものは被害者より加害者にとっては危険な存在になりうるのに自分で事件を告発できない、身辺は危険になるというあまり気づかれていない問題があるということを実体験から感じました。
それで何とかならないものかと思いました。

投稿日時 - 2010-09-13 11:14:55

あなたにオススメの質問