こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

菅内閣は 裏の世界からの何らかの要求に対処し得ないでいることはないか

菅内閣は 裏の世界からの何らかの要求に対処し得ないでいることはないか

 小沢一郎は小沢内閣では 表の政策と裏の世界への対処策とをうまく使い分けて日本の直面する課題に当たるのだと そういうやり取りが為されているのではないか?

 空想でないこと・勇み足でないことをおそれつつ。

 つまりまったくの推測ですので 何か知るところ・思うところのお有りの方は おしえてください。

 なお世間に言うところのもろもろの陰謀説にまでは踏み込んでいないつもりです。

投稿日時 - 2010-09-08 13:14:01

QNo.6167366

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ごく普通に想像すれば、検察も含めて官僚は米国の傀儡です。
日本は落ちぶれた米国の属国を続ければ、米国によって中国に譲り渡されてしまいます。

第一列諸島の中国寄りは、米国議会によって中国艦隊の自由通過が了承されてしまいました。
米国は第二列諸島の米国側太平洋のみに警備力を集中することになっていきます。

ご存知の通り、破綻した米ドルを支えているのは中国共産党の米国債買い上げです。
もはや軍事力云々で中国を押さえられる米国ではありません。
米国の傀儡政権である自民党に任せていたら、日本の領土は中国へ売られてしまいそうです。

そこで小沢が、中国共産党との独自パイプを使って日本の独立性を安定させようと画策しています。
米国(CIA?)にとっては小沢はとても危険な存在です。
日本という国土を自由にできなくなるからです。

もし裏という世界がネットワークしているとすれば、CIA+似非右翼+検察のグループでしょうね。
マスメディアも資本家の傘下ですから、「政治と金の問題」という流行語で小沢排除に躍起です。

どういう国家にしたいのか、という議論を小沢がしないのは、
独自軍備を恐れる日本国民(と中国)に敵にされてしまうからであり、
真の独立国家になろうとする維新への障害になるからでしょう。

ということは、裏社会を利用しているのは国民だということにもなります。

投稿日時 - 2010-09-10 12:20:54

お礼

 御犀さん こんにちは。ご回答をありがとうございます。

 御犀さんの述べておられるところを思っているのが 小沢一郎しかいないとしたら・・・?

 そのことのほうが ぞっとします。

 そうですか。要するにおおせのとおりであれば

  ○ 日本は アメリカの属国から 中国にその属国として譲り渡される

 ☆ ということですね。

 もしよろしければ 次の質問にも抱いておられる思いを明らかにしてくださいませんか。

 ○ 【Q:中国には お互い国家幻想から自由になりましょうと】 ~~~

  話し合いを持ち込むときではないでしょうか?

  手立てはありますか?

  質問者としては インタムライズムのみです。

  どういったもんだいがありますか? 基本的なところをおしえてください。
  http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa6167162.html
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~
 どういう国家にしたいのか、という議論を小沢がしないのは、
 独自軍備を恐れる日本国民(と中国)に敵にされてしまうからであり、
 真の独立国家になろうとする維新への障害になるからでしょう。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ このあたりが 課題として前に立ちはだかりますね。考えてまいります。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-10 12:54:02

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

こんばんは、bragelonneさん。


裏の世界…

裏の世界…

裏の世界… って、


ん?

ツー ツー 

うら うら 

通信傍受

津津浦浦

うらおもてとくれば

イリオモテ

イリオモテとくれば沖縄

沖縄が日本の片側の端とすれば

もう片側の端は北海道

南から北までつつうらうら

耳かっぽじってと

興味津津



で、端と端をもって

くるりと回すと

日本の裏側は…どーこだ!? (*^_^*)

ANS, ブラジル

『資源国ブラジルと日本の対応』
http://www.nikkeicho.or.jp/report/2009/horisaka_all_1.pdf

投稿日時 - 2010-09-09 21:26:52

お礼

 こんばんは リトルキスさん。ご回答をありがとうございます。

 ☆☆ (No.1お礼欄) ~~~~~~~~~~~~~

  ★ 「裏の世界」の意味が良く分からないですが…

  ☆ あまりあるいはほとんど公表されないかたちでたとえば国家予算の使い道にかかわっている人物なり団体なり企業なりだと思います。


  ★(要約) 「外務機密費」と『情報提供者への情報料』

  ☆ おそらくそういう部分が基本的にあるのかなと――外務省の活動とは別なのでしょうか?――考えられるように思います。

 でもほかにも 郵政や昔の電電公社や国鉄など公共企業体の関連でファミリ企業というのでしょうか 予算の実際の使い道としてそれらの企業にお金がまわるということがあるのではないでしょうか。そこには 裏の世界もかかわっているとかいないとか。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ いまでは JP やら NTT あるいは JR 等々というぐあいですから 様変わりしているでしょうか。ちとふるかったでしょうか。

投稿日時 - 2010-09-09 22:06:40

ANo.2

「裏の世界」の意味が良く分からないですが…
確かに「外務機密費」とか裏で重要な予算もありますから、裏の繋がりがないと無駄な使い方になってしまいます。
「外務機密費」が国会で問題になっていた頃、東南アジア某国でクーデター騒ぎがあり、その情報を得ていなかったのは先進諸国では日本だけでした。「外務機密費」が機能していなかったのでした。『使い道を明かせ!』と追求されたって『情報提供者への情報料、いわば小遣いです』なんて領収証もないのですから回答できません。

小沢氏は国家公安委員長時代にCIAの信頼を得たと言われています。当時の総理よりも米国大統領との接見時間が長かった事実もあります。
災害時に災害地域に赴き『○○万ドル復興支援します』と言い切る米国大統領の権威を、『出来るだけ復興支援できるよう国会で審議します』としか言えない総理の立場を憂慮し、大統領のように言い切れる総理の権限を目指す小沢氏は『恐怖政治』『独裁政治』と危惧されています。
小沢氏は中国寄りと言われていますが、目指す先は米国型でしょう。裏ではきっちりCIAと繋がっているでしょうし、米国型が都合の良い日米企業経営陣ともしっかり繋がっています。

投稿日時 - 2010-09-08 14:12:59

お礼

 つづいてです。

 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 小沢氏は
  (α) 中国寄りと言われていますが、
  (β) 目指す先は米国型でしょう。
  (γ) 裏ではきっちりCIAと繋がっているでしょうし、
  (δ) 米国型が都合の良い日米企業経営陣ともしっかり繋がっています。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ううーん そういうことですか。さもありなんとは思います。

 まづ前回のやり取りでは 次のように書きました。
 ☆☆ (No.1お礼欄) ~~~~~~~~~~~
  ★ 大統領のように言い切れる総理の権限を目指す
  ☆ としますと その小沢は
   ○ アメリカ人は単細胞だ。
  ☆ と言った真意は どこにあるか? ですが いわゆる独立・対等な関係を目指している? でしょうか。
  でも そういうふうに捉えても どうも単純でありその解釈が単細胞であるようにも思えます。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ この宙ぶらりんに対して 答えてくださったわけです。

 アメリカとのあいだには 善きにつけ悪しきにつけ オモテの表現とウラのホンネでの――矛盾をかかえつつ 分かりにくいかたちながら暗黙の了解とさえ言うべき――つながりがあるということでしょうか。
 CIA とのつながりも然ることながら 大企業つまり経団連との必ずしも公表しない約束や戦略があるのでしょうか。

 むつかしいですね。と言うべきか めんどうなことですね。と言うべきか。
 ことの次第は分かりませんが。

投稿日時 - 2010-09-08 14:42:22

ANo.1

「裏の世界」の意味が良く分からないですが…
確かに「外務機密費」とか裏で重要な予算もありますから、裏の繋がりがないと無駄な使い方になってしまいます。
「外務機密費」が国会で問題になっていた頃、東南アジア某国でクーデター騒ぎがあり、その情報を得ていなかったのは先進諸国では日本だけでした。「外務機密費」が機能していなかったのでした。『使い道を明かせ!』と追求されたって『情報提供者への情報料、いわば小遣いです』なんて領収証もないのですから回答できません。

小沢氏は国家公安委員長時代にCIAの信頼を得たと言われています。当時の総理よりも米国大統領との接見時間が長かった事実もあります。
災害時に災害地域に赴き『○○万ドル復興支援します』と言い切る米国大統領の権威を、『出来るだけ復興支援できるよう国会で審議します』としか言えない総理の立場を憂慮し、大統領のように言い切れる総理の権限を目指す小沢氏は『恐怖政治』『独裁政治』と危惧されています。

投稿日時 - 2010-09-08 14:07:39

お礼

 永遠のぺぺさん こんにちは。ご回答をありがとうございます。

 ★ 「裏の世界」の意味が良く分からないですが…
 ☆ あまりあるいはほとんど公表されないかたちでたとえば国家予算の使い道にかかわっている人物なり団体なり企業なりだと思います。

 ★(要約) 「外務機密費」と『情報提供者への情報料』
 ☆ おそらくそういう部分が基本的にあるのかなと――外務省の活動とは別なのでしょうか?――考えられるように思います。
 でもほかにも 郵政や昔の電電公社や国鉄など公共企業体の関連でファミリ企業というのでしょうか 予算の実際の使い道としてそれらの企業にお金がまわるということがあるのではないでしょうか。そこには 裏の世界もかかわっているとかいないとか。

 ★ 災害時に災害地域に赴き『○○万ドル復興支援します』と言い切る米国大統領の権威を、『出来るだけ復興支援できるよう国会で審議します』としか言えない総理の立場を憂慮し、大統領のように言い切れる総理の権限を目指す小沢氏は『恐怖政治』『独裁政治』と危惧されています。
 ☆ えぇ そうなのですか。推測し得たようなことかとも思いますが ほかの考えを持つ党員や野党がだまっているとは思えないのですが それは甘いですか?

 あるいは そうだとしますと 小沢は
 ○ アメリカ人は単細胞だ。
 ☆ と言った真意は どこにあるか? ですが いわゆる独立・対等な関係を目指している? でしょうか。
 でも そういうふうに捉えても どうも単純でありその解釈が単細胞であるようにも思えます。

 なかなか分かりませんね。
 澄みません。理解力が足りないかも知れません。でもありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-08 14:29:03

あなたにオススメの質問