こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

吹奏楽の『コパカバーナ』のドラムの演奏

吹奏楽の『コパカバーナ』のドラムの演奏

中学で吹奏楽部に入っています。パートはPercです。

文化祭が10月1日にあり5曲の演奏曲のうちの1曲が『コパカバーナ(M8版)』に決まりました。
わたしはドラムをすることに決まりこの前最初のの合奏があったのですが
マリンバソロの後からのハイハットの16分音符の所と後の方に多いTomを叩くところで
焦っていて走ってしまうことを先生に指摘されました。
ミュージックエイトのサイトに出ている試聴音源を録音して合わせて練習したり、
管楽器の子に合わせてもらったり自主練をしたりしてみたのですが
あまりうまくいきませんでした。

この曲を演奏したことのある人のアドバイスをもらえればうれしいです。

ちなみにこの楽譜で演奏します↓
http://www.music8.com/products/products_detail.php?ALL__and__QC208

読みづらい文章ですみません。よろしくお願いします

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2010-09-11 16:30:58

QNo.6174732

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは
 斉藤一郎指揮東京佼成ウィンドオーケストラの「M8 STYLE Vol.3」 (10)山下国俊編曲を聴いてみました。

>マリンバソロの後からのハイハットの16分音符の所と後の方に多いTomを叩くところで焦っていて走ってしまうことを先生に指摘されました。
 ドラムスの他にパーカッションは居ないのでしょうか?
 録音ではドラムスと同じぐらいボンゴが目立ってましたが特に目立ったTomTomのソロはないような..
 時々ブレイクで打楽器だけの息抜きタイムが入るけどその辺やエンディングの辺りですかね?


 質問者さんは、この曲のビートはなんだと思いますか?
 ボンゴが16分音符で叩いていますよね。
 だからドラムスも全曲通して16分音符のビートを感じている必要があります(例え4分音符を叩いていても)。
 それとビートはタタタタ|タタタタではなくチャカツク|チャカツクって感じて下さいね。
 そうすれば、いきなり16分音符になったとかで焦ることなく落ち着いて叩けると思いますよ。

投稿日時 - 2010-09-13 01:39:59

お礼

回答ありがとうございます。
パーカスは今のところ5人ですが本番は7人になる予定です。
楽器はConga担当とCabaza担当がいない以外は全部揃っています
Tomが出てくるのは練習記号の1つ前の小節の最後、あと
最後から数えて2つ目の小節のところにはソロがあったりします。
(ソロとは書かれてないので言い切れないのですが)
ボンゴと16分音符がずれてしまっていることも指摘されました。
落ち着いて叩く…苦手なのでこの際直してしまいたいと思います
ビートを意識してあと3週間、何とかがんばってみます!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-13 16:40:17

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 よく考えてみると僕はドラムを叩いたことがあるのです。譜を見て頭から入れたのではなく、「叩き込まれた]方です。全部耳。

 で「焦っていて走ってしまう」のはなぜか、と思って聞いてみました。話はニューヨークの暴力団の誰かに愛人を殺された話なのですが、音楽はノリがいいですね。

 大学時代にキューバからの留学生で、年から年中踊っているような陽気な男がいましたが、まさに彼を思い出しました。音楽を聞くと、もうじっとしていられない、勝手に手や足が動き出す、そう言う感じです。

 この曲も、あまり頭で割り切らないで、リズムに乗って、体に音楽を記憶させて、ノリに乗って、「みんなと一緒に」手と体で叩けばきっとうまくいくと思います。

投稿日時 - 2010-09-15 09:04:43

お礼

回答ありがとうございます。
今日原曲とアレンジを聴きなおしてみました。
みんなと一緒に曲に乗る。これが一番大切ですよね!
本番まで日が減ってきましたががんばってやってきます!

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-15 22:01:10

ANo.2

ドラムはやったことが無いのでなんなんですが、、、

子供の頃 エレクトーンをやってたとき「さすが子供」と言われた時は、曲調が変わっても、ずっと同じリズムというかスピードを維持したらしく、早くなったり遅くなったりせず、メトロノームのように正確な一定のスピードで弾いていたらしいんです。


かと思えば、どんどんスピードが増すことがあった。
どうしてそうなったのかというと「早く終わらせたい」と心理的なものがあったからだと思う。

「レッスン終わったら、今日発売の漫画を買いに行こう、ああ 早く終わらないかな」の心理が、スピードを加速させていたんじゃないかと (笑)


で、先生はスピードが加速したり、乱れてしまったことに気づいたんじゃないかと。

ドラムはみんなの演奏のリズムを保つ柱ですから、ドラムが乱れると、みんなの中にあるメトロノームの速度と合致しなくなり、結果みんながドラムのスピードにひきずられ、自分の中のメトロノームをドラムに合わせなければならなくなり、みんなも「おっとぉ」と乱れてしまっているんじゃないかと。


どうして一定のスピードを保てるのかはわかりませんが、1の方もおっしゃるように、一章節に音符が2個だろうと16個だろうと、一章節は同じ時間なわけで、その速度を維持すればいいわけで、、、

で、ラテン音楽は弱から始まったりするが、そのスタートの弱を1とするわけで。
次の強をスタートとしちゃうとそこでもうズレちゃいます。

ラテン音楽に親しんでいないと、ラテンのリズムを取るのは難しく、乱れやすいと思います。
また 難しい音楽を選んで、、、ねぇ。。。


そんなこと言ってる余裕は無いので、片手で16ビートを打ち続けたらどうでしょう?
例えば右手でメロディー的な音を刻むが、左手はリズムボックスみたいに一定の拍をとり続けたら、右手がどう主リズムを取ろうと、スピードは乱れないんじゃないかと。

参考になるかどうかわかりませんが
http://www.youtube.com/watch?v=_7rakCMMC1U
左手か右手で16ビートを維持しながら、右手または左でで主リズム打ってる箇所いくつもあります。

あと、ボンゴを叩いている人がいたら、その人の出すリズムをずっと聞きながら打つ。
その人が乱れると、あなたも乱れちゃいますが。。。

投稿日時 - 2010-09-13 08:03:32

お礼

回答ありがとうございます。お返事遅れて申し訳ありません。
ボンゴはほとんどずっと叩いてはいるのですがソロの部分しか聞こえない感じです。
片手で16分を打ち続ける…ですか。
頭で考えるよりもやってみますね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-14 11:03:13

あなたにオススメの質問