こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「人間」がちっぽけな存在と感じてしまう・・・高一です。

「人間」がちっぽけな存在と感じてしまう・・・高一です。

高校一年生の女です。
この質問で気分を害されてしまったらごめんなさい・・・。
でも、聞いておかないと心の片隅のモヤモヤ(?)が晴れないような気がして・・・。

哲学的(?)になっている感じですが、よければお付き合いください。
ある悩みで悩んでいたときに、ふと思ったことです。
(頭の中で考えたような文章になっていてすみません;)


人間って猿から進化したんだよね。
人間も犬や猫や猿と同じ「動物」なのに、なんで人間は、犬や猫を自分たちより低く見るんだろう?
人間も同じ「動物」なのに、犬や猫を低く見る権利は無いのでは?

学校や社会の風景で、人間を猿と同じ「動物」と見てしまえば、
例えば学校の風景だと、
「猿がイスに座って授業を聞いている」、「猿がクラスの他の猿と会話して盛り上がっている」
という風景と変わらないんじゃ?

人間が猿と同じような「動物」というなら、
なぜ一生懸命勉強するんだろう?なぜ社会に出て頑張ってお金を稼ぐの?
猿と同じ「動物」なのに・・・。

人間も猿も、大きな宇宙から比べたら果てしなくちっぽけな存在なのに、
こんな小さな地球で一生懸命頑張って生命活動をしていることに、意味はあるのだろうか・・・。
人間の一生なんて、宇宙に比べたらすごく短いものなのに・・・。
たった一つの生命体でしかないのに・・・


人間がちっぽけな存在に見えてならないのです・・・
どうすれば人間が権威のある(?)生き物だと感じることができるのでしょうか?

たくさんの回答をお待ちしています。よろしくお願いします。
(難しい文章はわからないかもしれないので(汗)、できるだけ簡単な風にしていただけたらうれしいです。)

投稿日時 - 2010-09-16 21:46:31

QNo.6187305

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

簡単に行きます^^

”人”とそれ以外の”動物”を分けるのは「歴史」です。

あなたは世界の偉人を知っていますね。エジソンとか、ワシントンとか、ナポレオンとか。

でも、動物はそんなこと知りません。動物は今生きている上での情報以外は蓄積することも、知ることもできません。

”人”は自分には親がいて、その親には親がいてという流れを知っています(「歴史」というものがあることを知っていますからね)。

人は”自分という存在は、自分だけでは存在できなかった”ことを知っている唯一の存在なのです。

受け渡された歴史を、命を次へ紡いでいくのが”人”です。

「ちっぽけだ」と感じることもあるでしょう。「無意味だ」と投げ出したくなるときもあるでしょう。

でも、先人たちもそう思いながらも、あなたを生み出してくれたのではないですか。

あなたは存在しなかった方が良かったですか。それとも、今生きてこのような悩みを味わえたことの方が良かったと思いませんか。

生きていて良かったと思いませんか。動物は生きていて良かったと思うことはないでしょう。動物には生きていることが自然で唯一の状態であり、生きていることに悩むことはないですよ。

私は生きて、悩む方が、何も悩まずにそのまま死ぬよりも良い生き方だと思います。スパイスですよ。無くても困らないが、出来ればあった方が良い。そんなものです。

投稿日時 - 2010-09-16 23:25:39

お礼

詳しくは補足を見ていただけると嬉しいです。

>人は”自分という存在は、自分だけでは存在できなかった”ことを知っている唯一の存在なのです。

>受け渡された歴史を、命を次へ紡いでいくのが”人”です。

確かにそうですね。
動物は、自分だけでは存在できなかったということを知りませんよね。

人は、歴史を次の未来へつなぐことができるものなのですね。
私も、生きて悩むほうが、悩まないよりもいいと思います。
悩むと、「自分とは何なのか」というのを考えることができますから・・・。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 23:33:18

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

猿から人に進化した、という「進化論」に関しては、現在「ミッシングリンク」(失われた鎖)の関係から、疑問視される声も上がっていますので、一概には言えないですね。

しかし、人間が「万物の霊長」と言われていることには、今のところは疑問をさしはさむ余地は無いですね。
人間は「本体」として、特徴的なものをあまり多くは持っていません。
つまり「力はライオンに劣り」「素早さは猫にも負け」「繁殖力は蝿にも勝てない」わけです。
唯一「知力」だけが、他の動物よりも秀でているだけです。

しかし「それだけ」では「霊長」足り得ないのです。
その「知力」の「使い方」について、恐ろしいほどたくさんの「バリエーション」を持ち、また創造できるからこそ、人間は「万物の霊長」と言われているわけですね。

テレビに出演しているお猿さん…チンパンジーとかは、確かに優れた霊長としての特性を持っていますが、人間ほどではありません。
われわれは、そのしぐさを「かわいらしい」と思いながら、同時に「まぬけだなぁ、おろかだなぁ」とせせら笑っているわけです。
しかしそれすらも、人間が「チンパンジーを凌駕した才能を持っているからこそ」そんな行いが出来るわけです。

これは事実です。
猿に人が「性能で」劣っているわけなどありません。
ただ、それは「霊長類」としての「一点」に過ぎないことです。
すべてを比較してでのものではありません。

生物にはひとつだけ共通点があります。
「生まれて、死ぬ」という大原則です。
これはウィルスから人間まで変わりないものです。

人は何かとごちゃごちゃと「自らの生」を考えます。
それも霊長ならではのことでしょう。
動物たちにも感情はあり、植物すら「恐れる」という感情はあるのだそうです。
しかし、それと「自らの生について」を並び立って考えるのは、人間のみです。
他の生物たちは、ただ生きることに対して純粋であり続けます。
どこから始まり、どこへ行くのか、などとは考えません。

しかし「ただそれだけ」でもあるのです。
大きな時間軸から見れば、人間がこの世に生まれ、現在までの時間などほんの些細な時間に過ぎません。
その以前には、数限りない生物たちが生まれ、死滅し、食い食われしてきたわけです。
そのことは、ただ「人間が感知できないほどの太古」であり、そして永大な時間が横たわっているゆえに、実感できないことに過ぎません。

あなたの「思い」の根源は、おそらくとても「始原的」なところに繋がっているのでしょう。
「悟り」と言うと大げさですが「インスピレーション」なのです。
それはとても大事な、神様からの「啓示」ですから、大事にしておくことですね。

なぜ「同じなのに、違う」かは、あなたがこれからたくさんの経験を積んでいく中で、少しずつ見つかっていくことです。
簡単に答えは出ませんし、出すものでもありません。
そのうちに色々なことがわかりますからね。

投稿日時 - 2010-09-17 17:13:52

お礼

詳しくは補足を見ていただけるとうれしいです。

この悩みの答えが、これから少しずつ見つかっていけばいいなと思います。
答えが簡単には見つからなかったとしても、いつか見つかればいいなと思います。

確かに、人間は知力はすごいですね。
それは、他の動物よりもすぐれていることだと思います。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 23:02:04

ANo.11

どうすれば人間が権威のある生き物だと感じることができるのかとのことですが、質問の意図を私なりに解釈しますと(間違ってたらごめんなさい)、宇宙とか大きな話から考えてみたら、人間はちっぽけすぎる。だから、なんだか今の社会生活があほらしく見えてきた。灰色に見えるというか、少し色あせて見える。こんな気持ちでは、なんだか生きる気力というか、活力がうまく湧かない。今まで通り活力に満ちた生活を送れるようにモヤモヤを解消したい、って感じでしょうか。

人間は考えることができます。物事を評価することができるし、してしまいます。どうしても意味を考えてしまう。意味の中に生きているとも言えます。ちっぽけだ、とか、すごいとか。

動物や宇宙は物事を評価したりしません。もちろん動物だって、脳はありますからあれですが、人間ほど厳密ではないでしょう。意味というものに縛られることがない。だから、動物はただ生きているのだし、宇宙はただそこに存在しているだけ。意味があるから、存在しているわけではないから、彼らにはちっぽけもくそもない。

ちっぽけという評価や意味は人間の頭の中にあるだけだと思います。動物や宇宙は自分がちっぽけかどうかなんて考えることもなくただそこにいるのに、人間だけは、ちっぽけとかいろんなことを気にして生きてる、存在してる。そうだとすると、縁起でもないですが、あなたがいつか死んでしまったときは、あなたの頭の中にあるちっぽけ感も消えてなくなるわけです、関係ない。

生きている間だけしか、ちっぽけかどうか悩むことはできない。死んだら、「生きる意味がないんだー」って思い自体の意味もなくなってしまう。そう考えたらちっぽけかどうかを気にすることがあほらしく思えませんか?

だから、ちっぽけかどうかとかの評価から自由になって、とにかく存在してるんだ、生きてるんだというところからスタートするのがいいと思います。その上で、ちっぽけだろうが何だろうが、自分は人間社会の中でこう生きるんだと思えることを自分で探して決めればいい。とにかく生きてるんだから、何して生きようかなー的な。そうすれば、生はきらびやかなものとしてまた輝きだして、活力が湧いてきて、人間の権威のようなものを心に取り戻せるんじゃないかなと思います。

長くなってすみません。真理然と書いてしまったところもあると思いますが、すべて個人的な意見ですので、少しでも参考になれば。あと、そういう当たり前とされているようなことに疑問を持ち、抽象的に考えるってことはすばらしいことだと思います。きっと今後の人生にも役立つと思いますよ。

投稿日時 - 2010-09-17 02:04:10

お礼

回答者様の解釈そのまんまですw

>ちっぽけかどうかとかの評価から自由になって、とにかく存在してるんだ、生きてるんだというところからスタートするのがいいと思います。

たしかに・・・。
私は「ちっぽけ」という評価に縛られているのかもしれません。
「とにかく生きているんだ」というところからスタートするのもいいですね。

自分のことを頑張って考えていきたいと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 22:53:02

ANo.10

ボクが学んだ事。

35歳ですが、昔の大学時代の話を少し書きます。

大学は自分は3流大学で得に就職したい業種もなく悶々としてました。適当に就職活動して適当に就職が決まり、このままでいいのか毎日自問自答してました。

ちょうど同じ時期に当時付き合ってた彼女にも別れを告げられ、余計ショックを受けてアパートにずっとひきこもってました。ある日、友人が狩猟に行くからいっしょについて来ないか?というのでやる事もなかったので遊びがてら付いていく事にしました。

狩猟現場を見たら愕然しました。北海道の真冬の極寒の中を鹿が全力で崖を上がっていくスピード、足を撃たれてもそれでも生き延びようとする姿を見たら自分の考えている事が非常に些細な事に思えてきました。

野生の動物は非常にシンプルです。生きる事だけ考えてます。鹿の生き延びようとする姿を見て涙が出てきました。

ボクはそれ以降、どんな辛い事、悲しい事があっても決して逃げたりする事はなくなりました。悩み事を抱えても行動しながら悩むようにしてます。悩んでもメシ食って、仕事して、寝る、それを平行しながら悩む。

辛くなったら北海道の鹿を思い出すようにしてます。(回答にならんかも)

投稿日時 - 2010-09-17 01:45:51

お礼

回答者様の友人の方は優しい方なのですね。
回答者様がショックを受けているとき、回答者様のために、
鹿の必死に生き延びようとする姿をみせてくれたのですね。

回答を見させていただいて、大きなものを感じました。
自分のこの悩みは、客観的に見れば、すごく些細なことなのでしょうね。
この回答を心にプラスしながら、まだ自分のことをいろいろ考えてみたいと思います。
自分がこの地球で、一生懸命生きていこうと思える何かに出会えたらいいなと思います。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 22:42:42

ANo.9

なかなか面白い事をお考えですね。
物をよく考える若い人に出会うと、何だかとても頼もしい気がします。

まず、生物学的に言うと、人と猿とどこが違うか?
あまり違いません。
猿とは「霊長目」の総称で、これには人間も含まれます。

人は、猿のうちでも一定の特殊な進化を遂げた種、というだけです。
この特殊な進化が、ダーウィン的な意味で良い方向だったのか、それともいわゆる「進化の袋小路」なのか、は生物学や人類学の世界でも意見が分かれています。

現存する人類の共通の祖先は今から約7万年前、東アフリカの数千家族と推定されています。
世界の人口が約1万人まで減った時期でした。
かれらが世界中へ広く散らばることで、人類は危機一髪、絶滅を免れたのです。

と言うことは、人類の遺伝子プールは元を辿れば、少人数の親類同士が近親交雑して生まれたため、重複の多い不健全な構成をしているわけです。
2010年は「生物多様性年」とされているそうですが、人類という種の内部でこの生物(遺伝子)多様性が貧しいわけです。

この弊害が端的に顕れている例が、男性だけにある「Y染色体」です。
男女両方にあり、特に女性には1対(2本)あるX染色体のほうは、対になっていることで、稀に遺伝子欠損があってももう1本からコピーされて補填されることができます。
ところがYは決して対にならないため、欠損が永久に、つまり何世代を経ても、補填されずに放置されたまま。
この結果、現代人のY染色体は既に、Xの僅か15分の1という短さ。
代々の遺伝子欠損が積み重なった結果です。

7万年間に15分の14が欠けた。
と言うことは、あと5千年で全滅。
それまでに科学を振興させ、欠けた遺伝子を人工的に復元するか、または男性なしに女性だけで繁殖する方法を開発するか、どちらかが人類に残された、絶滅を回避する道。

確かに、人間は小さい。
地球的にも宇宙的にも、取るに足らぬ存在。
でも、もしこうやって科学の力で絶滅を回避して繁栄したら、それはそれで小さいながら画期的な偉業だと思わない?

小さいから、偉くない、と諦めてはダメ。
小さくても、小さいなりに、偉くなれます。

犬や猫だって、小さいけど、それなりに偉い。
犬の嗅覚は、訓練すれば人間の鼻の1500万倍もの感度になるそう。
ここで偉いのは、「訓練すれば」ってところ。

生まれ持っていて、怠けてても簡単にできる仕事は偉くないが、努力により科学したり訓練したりするのは偉いと言えるだろう。
人だろうが、犬だろうが。

投稿日時 - 2010-09-17 01:13:32

お礼

>7万年間に15分の14が欠けた。
と言うことは、あと5千年で全滅。
それまでに科学を振興させ、欠けた遺伝子を人工的に復元するか、または男性なしに女性だけで繁殖する方法を開発するか、どちらかが人類に残された、絶滅を回避する道。

うーむ・・・、もしそれを化学の力で回避できたら、画期的ですね。
5千年は到底私は生きていないだろうけど・・・どうなっているのだろうか・・・。
それは後世の人々に託されることになりますね。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 22:32:03

ANo.8

まず、サルからヒトが進化したのではありません。

>>人間も犬や猫や猿と同じ「動物」なのに、なんで人間は、犬や猫を自分たちより低く見るんだろう
>>どうすれば人間が権威のある(?)生き物だと感じることができるのでしょうか

いってることに矛盾を感じます。犬や猫を低く見るから権威があると普通はおもうのです?

>>なぜ一生懸命勉強するんだろう?なぜ社会に出て頑張ってお金を稼ぐの
これは現在では生活のためです。生活のために学習をするということはトリも類人猿もネコ科の動物もしています。普通はその家族、親、グループが教えますが現代のヒトは学校というシステムを作ったに過ぎません。狩の仕方を学ばなければそのライオンは飢えて死ぬし黒曜石で石器を作ることができなければやはり同様となります。やってることは複雑になっていますが基本は変っていません。

>>人間も同じ「動物」なのに、犬や猫を低く見る権利は無いのでは?
ヒトは自分の集団から離れるほど差別します。権利ではなく本能的なものです。おそらくカラスやタコは犬猫よりも低く見ているでしょうし(知能はあまり変らない)そのカラスやタコでさえ粘菌やアリより高くみられるでしょう。しかし、あなたのおっしゃるように生命ということであればクジラもイトマキヒトデもヒトも同価値です。確かに知能という点では他の生物よりも勝っていますが、それも現時点での話であり、また地球に限ってのことです。
なのでヒト一人ががんばったところで何が変るわけでもありません。がんばって変るのはあなたとあなたが周囲に影響を与える範囲だけです。ところが、あなたはあなたの人生の主人公であってヒトは本能的に自分の人生は他の個体よりも上にあることを望みます。だから自分の人生を豊かにするためにいろいろするわけです。
もうひとつは生物の本体はDNAにあるということです。あなたも私もDNAの乗り物に過ぎません。
これをより多く、より長期にわたって残すことはすべての生物の行動原理です。そのためには他の個体より優位な環境に立てばよりその確率が大きくなります。

投稿日時 - 2010-09-16 23:40:12

お礼

詳しくは、補足を見ていただけると嬉しいです。

長い文章をかいていただいたのに、まともなお礼を書くことができなくて本当に申し訳ないです・・・。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 22:25:47

おっしゃるとおり、人間って、ひとりひとりはちっぽけな存在です。

だから…

人間は、社会を作る方法を学びました。

大きな社会を作って、知恵を得ました。

権威を持つ存在かどうかはわかりませんね…

ただ、人間のすばらしいところは、知恵を絞って得た知識を、後世に残そうとしていることです。

これは他の動物には無いことかな、と思います。

漠然とした感じですみませんが…

私たちの社会の仕組みは、私たちの後に生きる人々の為に、より良くしていこうという、知恵の積み重ねなのです。

ちっぽけな人間が、ちっぽけな人生を一生懸命生きることができるのは、そんなちっぽけな命や知恵でも、必ず後世に繋がっていくということを知っているからです。

先人が残してくれたたくさんの知恵と知識を、私たちは学ぶことができます。

書物や建造物、いろいろな方法で、後世に伝えようと知恵を絞ってきました。
権威ある存在といえるのは、この点かも知れませんね。

投稿日時 - 2010-09-16 23:12:40

お礼

>人間のすばらしいところは、知恵を絞って得た知識を、後世に残そうとしていることです。

>私たちの社会の仕組みは、私たちの後に生きる人々の為に、より良くしていこうという、知恵の積み重ねなのです。

>ちっぽけな人間が、ちっぽけな人生を一生懸命生きることができるのは、そんなちっぽけな命や知恵でも、必ず後世に繋がっていくということを知っているからです。

私たちの社会は、今の自分たちのためだけでなく、後世に生きる人々のためにあるのかもしれませんね。
後世につながるということを知っているから、一生懸命に頑張れるのかもしれません。
とても納得できます。

改めて考えることができました。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 22:22:41

ANo.5

人間のすごい所は抽象的な事を考える事ができる所だと思います。
目に前に有るものしか考えられない動物とは大きな違いです。
論理的な思考+抽象的な思考により、人間の脳は宇宙みたいな壮大なものだと思います。本屋とか図書館に行けば人間ってすごいなと感じることができます。

物質(生命体)として考えれば、かなりちっぽけな存在でしかありませんけど。
先の回答にあるように「逃げ」の考えが透けて見える気がしますが、いかがでしょうか?

投稿日時 - 2010-09-16 23:12:31

お礼

私は、「逃げ」では無いと思っています。
詳しくは補足を見ていただけるとうれしいです。

>人間のすごい所は抽象的な事を考える事ができる所だと思います。
目に前に有るものしか考えられない動物とは大きな違いです。

わかりやすいかつ納得できます。
私も、人間の脳は壮大なものだと思います。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 22:15:03

ANo.4

>なんで人間は、犬や猫を自分たちより低く見るんだろう?
>どうすれば人間が権威のある(?)生き物だと感じることができるのでしょうか?

なんか矛盾して無いですかね。他の生き物がどうあれ人間らしく生きていきたいと私は思います。
猿のような生活がいいならしてもいいですよ。
山で色々なものを取って生活する、ただし裸で。冬は寒いよ。
猿は仕事をしないから楽だと思ってるなら間違いです。

宇宙から見て小さかろうが、原子から見て大きかろうが、私は私の得られる可能な限りの幸せが欲しいです。

人間は、人間として生まれてくるのではなく、人間になるのだ、といういい方もできますね。

私も言いたいことがとっ散らかってますが、
人間と言うのは、自分の内面がすべてな用に思ってますが、
実際は取るに足らない存在なのです。
でも、それなりにやりたいこともなりたいものもあると思います。
それをかなえたいと思わないでしょうか。

まあ、好きにすればいいと思います。
実際お腹すいたら困る訳ですからね。

投稿日時 - 2010-09-16 22:22:51

お礼

詳しくは、補足を見ていただけると嬉しいです。

>他の生き物がどうあれ人間らしく生きていきたいと私は思います。
>宇宙から見て小さかろうが、原子から見て大きかろうが、私は私の得られる可能な限りの幸せが欲しいです。

私も回答者様のような考え方になれたらいいなと思います。
私はまだ器がちいさいですね・・・;

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 22:11:13

私は別に、人間が権威のある生き物とは思いません。
ちっぽけな存在だから、人を殺したり、戦争したりするんでしょう!

でも、猿や犬及び猫は同じ動物だけど、あなたの様な事は考えません。
と言うか、考える知能はありません。
でも何故か他の動物たちは、人間以上に一生懸命! どうしてでしょう?

私もサラリーマンですが、なぜ自分を酷使してまで生命活動する意味は
解りません。 どちらかと言えば、嫌な事が多いです。
でもたまに、趣味の旅行(海外・国内問わず)に行くと、嫌なことを
忘れて楽しいです。 

と言う訳で、自分の人生の45年間、何とか生きています…が、
意味があったかどうか、自分でも解りません。 取り敢えず、
これからも寿命が来るまで、生きて行こうと思います。

投稿日時 - 2010-09-16 22:16:59

お礼

自分の言いたいことがうまく言葉にできなくて残念ですが、
詳しくは補足を見ていただけると嬉しいです。

他の動物が一生懸命生なのは・・・生きたいからでしょうか?
間違っていたらごめんなさい;

回答者様に生きてきた意味が見つかればいいなと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 22:07:29

ANo.2

僕はそんなに大きな知識なんかもってないしただの自分の考えにすぎないけど、
人間と動物というのはまず区別されるべきであると思います
たしかに「生きている」という意味で生物というカテゴリーでくくることはできるとおもいますが
人間というのは動物と違って言語すなわち文化があります
もしも人間が言語をつかうまでの知識がなければこんな社会はうまれてなかったはずで、こんな文化もうまれていなかったはずですよね?
そういった意味で仕事することや勉強することは僕は'人として生きるための課題'とうけとめています
人それぞれの感覚があると思いますからそんな強くはいえませんが……
あと、生きる意味なんて必要あるんでしょうか?

投稿日時 - 2010-09-16 22:15:09

お礼

私の意見で申し訳ないのですが、生きる意味は必要だと思います。
それと、色々な事を頑張る意味を。
おおざっぱなことでもいいから、私はそれを知りたいと思っています。

確かに・・・。
人間には、動物と違って文化がありますね。
改めて考えることができました。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 22:02:32

同じ高一ですが、貴方のは哲学とは少し違うと思います。

そもそも人間に権威なんて無いです。
貴方の言うとおりちっぽけな存在でもある。

賢い=愚か

人間は常に曖昧で不完全な存在なんですよ。
その日その日。気分も変われば自己の正義感や様々な物が変わる。

っていうか、貴方の「ソレ」は単なる現実逃避ですよ。
アリですら社会を築いて働いているのに、働く意味と問うのは意味が無い。

親や社会に金を貰い、保護してもらい「繭」の中で俺達は生きています。
そこには感謝も無関心もありません。
社会道徳的に、自分たちは社会に献上しなきゃいけない。

それが嫌なら社会不適合者として扱われるだけです。
考えすぎですよ。貴方が幾ら考えた所で、「ソレ」は既に過去の偉人が散々説いています。

貴方は「」を考えているのと一緒です。
何も無い物を見ようとしても見れるわけがないでしょ。

それとも何ですか?「ヒト科」は絶対真理を見出せる程「権威」のある存在だと?

己惚れない事。「ヒト科」になるか「人間」になるかは貴方次第。生き方次第。

投稿日時 - 2010-09-16 22:11:16

補足

他の回答者様にも見てもらいたいことです。

一つだけ言わせてください。
現実逃避じゃないです。

私は、「自分とは何か、自分だけの個性とは」など、
本当に色々な事を頭の中で考えた結果、この疑問が生まれてきたのだと思うのです。
言葉でうまく言い表せないのが本当にもどかしくて残念ですが、本当に現実逃避はしていません。
逃げてもいません。
たしかに、今の私の現状はつらい感じかもしれません。
逃げたいと思ったこともあったかもしれません。
ですが、その現状を何とかしようと思い、この質問をしたというところもあるのです。


私が悪いのですが、私の本当に伝えたかったことは、NO.11の回答者様の文章まんまなんです(汗
(勝手に使ってごめんなさい;)

「宇宙とか大きな話から考えてみたら、人間はちっぽけすぎる。
だから、なんだか今の社会生活があほらしく見えてきた。
灰色に見えるというか、少し色あせて見える。
こんな気持ちでは、なんだか生きる気力というか、活力がうまく湧かない。
今まで通り活力に満ちた生活を送れるようにモヤモヤを解消したい」


私の文章は、「人間が猿と同じように見えてきた、だから、人間がちっぽけに見える」的な感じに読めました。
でも、そうではないんです(汗)
「猿」という単語は、そんなに深い意味は無く書いたつもりではなく、
わかりやすいような例え(?)的なものになればいいと思って・・・;

ただ私は、「宇宙に比べたら人間なんてちっぽけだ」と、ただそれだけを伝えたかったのです。
違う意味で読めるような風に書いてしまって申し訳ないです;

なので、皆様にお礼をした後、もう一度このカテゴリで質問しなおしたいと思います。
NO.11様の文章をすこしだけお借りしてしまうかもしれませんが、許してください(*_*;
もし私の質問を見つけたら、「この前の私です」と書いていただければ嬉しいです。

皆様、多くの回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-19 21:53:37

お礼

回答ありがとうございます。

私が現実逃避しているというお言葉ですが、詳しくは補足を見てください。
まともなお礼を書くことができなくてごめんなさい。

投稿日時 - 2010-09-19 21:57:36

あなたにオススメの質問