こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ニュートン力学の誕生秘話

ニュートン力学の誕生過程とそれが社会に及ぼした影響を教えて下さい。

投稿日時 - 2003-08-05 14:58:23

QNo.620297

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 人づてに聞いた話ですが、ニュートンは当時の王様に「力」とは?の質問に答えるべく研究したとされているそうです。
 昔、近代科学史を勉強したときにはニュートンは熱心なキリスト教信者で、自然法則には神の言葉が隠されていると信じて、神の研究の一環としてがんばっていたと習いました。
 我々のイメージでは、宗教と科学は相反するものという考えがあるように思いますが、ニュートンはこんな感じであったそうです。ニュートンの祖母は魔女狩りで殺されているそうです。また、ニュートンは晩年、錬金術に没頭したそうです。
 余計な話はこんな感じで、本題はニュートン力学は我々が日常体験できる、「時間」「長さ」「重さ」から「力」という概念を瞬間速度、瞬間加速度の理念を用いて定義したのが始まりではないでしょうか。そこには微分・積分の概念も考えねければならなかったでしょう。
ここら辺が誕生課程です。
 社会に及ぼした影響は、実世界のほぼ100%の事象が予測可能になったことが、この影響です。

投稿日時 - 2003-08-07 19:27:21

ANo.2

藤原正彦著「心は孤独な数学者」新潮文庫 ¥438
とか同じ著者の「遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス」新潮文庫 ¥438
などを読まれてはいかがですか。前著には若き日のニュートンとかハミルトン、またインドの天才数学者ルジャンヌ(?)等の話が書かれていて内容の濃い大変よい著書と思います。後者はノーベル賞学者を多出した(マクスウェル、ディラック、・・・)イギリスの気候風土と人間性等が書かれており、これまた大変面白い本となっています。
ちなみに藤原正彦氏は気鋭の数学者で、亡くなられた小説家新田次郎氏のご子息です。以上、ご参考まで。

投稿日時 - 2003-08-07 16:36:01

ANo.1

プリンピキアは読んだんですか?

投稿日時 - 2003-08-07 16:31:48

あなたにオススメの質問